スマートフォン解析

2月の俳句 20選 -待春-

稲荷神社の狐

2月の初旬には立春があり、「暦の上では~」ということも耳にしますが、実際に春らしさを感じることは少ないのではないでしょうか。

今回は、そのような冬の寒さもまだ厳しい 2月に関する、「2月の俳句」といえるようなものを集めてみました。

2月ならではといえる風物が詠まれた句を、是非とも味わってみて下さい。

スポンサーリンク

 

2月の俳句について

現代の暦(新暦)の 2月の行事や風物が読まれている句を集めました。

俳句の季語の季節感は旧暦によるものであり、ここに集めた句の季語の多くは「春」のものとなっています。

スポンサーリンク

 

2月の俳句 20選

 

いつしかに 失せゆく針の 供養かな

【季語】針の供養

【作者】松本たかし

【補足】針供養(はりくよう)とは、使えなくなった針を供養する行事で、2月8日、12月8日、あるいはその両日に各地の寺社で行われます。

 

 

鶯の 日に光りつゝ 枝うつり

【季語】鶯

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

 

 

鶯や 薬を秤(はか)る ものしづか

【季語】鶯 

【作者】平畑静塔(ひらはた せいとう)

 

 

鶯や 二月礼者に 疎(うと)からず

【季語】二月礼者

【作者】松瀬青々(まつせ せいせい)

【補足】二月礼者(にがつれいじゃ)とは、お正月には年始の挨拶ができなかったために 2月1日に年賀に回る人、または、その風習のことをいいます。

 

 

うめ折て 皺手(しわて)にかこつ かをりかな

【季語】うめ

【作者】与謝蕪村(よさ ぶそん)

白い梅の花

 

 

梅白し まことに白く 新しく

【季語】梅 

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

 

 

折りかけし 枝もありけり 猫柳

【季語】猫柳

【作者】鈴木花蓑(すずき はなみの)

 

 

如月の 烈風釘を 打つ音す

【季語】如月

【作者】臼田亜浪(うすだ あろう)

【補足】如月(きさらぎ)は旧暦の2月の呼び名ですが、現代でも新暦 2月の別名として使われています。

 

 

きさらぎや 人の心の あらたまり

【季語】きさらぎ

【作者】吉分大魯(よしわけ たいろ)

 

 

紅梅の 紅をうるほす 雪すこし

【季語】紅梅

【作者】松本たかし

スポンサーリンク

 

御秘蔵(ごひぞう)に 墨を摺(す)らせて 梅見哉

【季語】梅見

【作者】宝井其角(たからい きかく)

 

 

足袋(たび)はかぬ 天草をとめ 絵踏かな

【季語】絵踏

【作者】青木月斗(あおき げっと)

【補足】江戸時代の後期には、旧正月(=旧暦の 1月1日)から絵踏(えふみ=踏み絵)が行なわれていました。天草地方では天草・島原の乱後に、厳しい宗教政策が行なわれました。

 

 

二ン月や 天神様の 梅の花

【季語】二ン月

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

 

 

初午や 古き幟(のぼり)も もののかず

【季語】初午

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

【補足】初午(はつうま)とは、 2月の最初の午(うま)の日のことで、古くから稲荷詣でをする風習があります。現代では、これを新暦で行なうことが多くなりました。

 

 

初午や 物種うりに 日のあたる

【季語】初午

【作者】与謝蕪村

豊川稲荷東京別院のお稲荷様

 

 

花の咲く 木は閙(さわ)がしき 二月かな

【季語】二月

【作者】各務支考(かがみ しこう)

 

 

鮒(ふな)釣るに 雪のちらつく 二月かな

【季語】二月 

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

 

 

ほろ苦き 恋の味なり 蕗(ふき)の薹(とう)

【季語】蕗の薹

【作者】杉田久女(すぎた ひさじょ)

 

 

三日月は そるぞ寒は さえかへる

【季語】さえかへる 

【作者】小林一茶

 

 

立春や 雪に届きし 遺稿集

【季語】立春 

【作者】阿部みどり女

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ