6月の俳句 20選 -翠雨-

紫陽花の花

6月で思い浮かぶのは、やはり梅雨でしょうか。そして、雨に濡れた紫陽花の花といったイメージが強いのが6月です。長く続く雨には少し憂鬱な気分にさせられるかもしれませんが…

今回は、そのような 6月の風景を表現している「6月の俳句」といえるようなものを集めました。

6月ならではの風物が詠まれている句を、是非とも味わっててみて下さい。

スポンサーリンク

 

6月の俳句について

現代の暦(新暦)の 6月の風物などが詠み込まれている句を集めました。

俳句の季語の季節感は旧暦によるものであり、ここに集めた句の季語は「夏」のものです。

スポンサーリンク

 

6月の俳句 20選

 

青梅に 手をかけて寝る 蛙哉

【季語】青梅

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

【補足】 梅雨(つゆ)の頃に実を結んだ青梅(あおうめ)は、古くから多くの俳句に詠まれてきました。

 

 

紫陽花に 雫あつめて 朝日かな

【季語】紫陽花

【作者】加賀千代女(かがのちよじょ)

【補足】梅雨を代表する花である紫陽花(あじさい)には、青、紫、ピンク色、白などの色のものがあります。また、色が変化することから「七変化(しちへんげ)」、「八仙花(はっせんか)」と呼ばれることもあります。

 

 

あぢさゐを 五器に盛ばや 草枕

【季語】あぢさゐ

【作者】服部嵐雪(はっとり らんせつ)

【補足】五器(ごき=御器)とは、食べ物を入れる器のことで、特に蓋(ふた)がついたものをいいます。

 

 

雨蛙 啼くや一面 桑畠

【季語】雨蛙

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

 

 

美しき 黴や月さし ゐたりけり

【季語】黴

【作者】加藤楸邨(かとう しゅうそん)

【補足】黴の読み方は「かび」です。

竹林のイルミネーション

 

 

大寺の うしろ明るき 梅雨入かな

【季語】梅雨

【作者】前田普羅(まえだ ふら)

【補足】梅雨(つゆ)の語源に関しては、次のように幾つかの説があります。

  • 梅雨には黴が発生しやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれていて、同じ読みの「梅」の字が使われるようになった
  • 梅雨の時期に梅の実が熟すから
  • 梅雨には毎日のように雨が降るので、「梅」の字が使われるようになった

 

 

欅越し ひかりつづける 六月野

【季語】六月

【作者】大野林火(おおの りんか)

【補足】欅の読み方は「けやき」です。

 

 

心澄めば 怒濤ぞ聞こゆ 夏至の雨

【季語】夏至

【作者】臼田亜浪(うすだ あろう)

【補足】夏至(げし)は二十四節気の一つです。

⇒ 夏至はいつ?

 

 

梅雨さむし 鬼の焦げたる 鬼瓦

【季語】梅雨

【作者】加藤楸邨

 

 

梅雨寒の 昼風呂ながき 夫人かな

【季語】梅雨寒

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

【補足】梅雨寒(つゆさむ)とは、梅雨の頃の寒さをいいます。

スポンサーリンク

 

 

梅雨の坂 人なきときは 水流る

【季語】梅雨

【作者】西東三鬼(さいとう さんき)

 

 

梅雨の月 大きくあかき 星連れて

【季語】梅雨

【作者】及川 貞(おいかわ さだ)

 

 

梅雨晴の 夕茜して すぐ消えし

【季語】梅雨晴れ

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】梅雨晴れとは、梅雨の時期の晴れ間のことをいいます。

 

 

花柘榴 雨きらきらと 地を濡らさず

【季語】花柘榴

【作者】大野林火

【補足】柘榴の読み方は「ざくろ」です。

 

 

葉の裏に ひぐれの暗さ かたつむり

【季語】かたつむり

【作者】加藤楸邨

【補足】かたつむりは「蝸牛」、「かたつぶり」、「ででむし」などとも詠まれます。

雨に濡れた葉とかたつむり

 

 

山風に あらはれ見ゆる 桜んぼ

【季語】桜んぼ

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

 

 

夕晴の 雲や黄色に 瓜の花

【季語】瓜の花

【作者】各務支考(かがみ しこう)

 

 

六月や かぜのまにまに 市の音

【季語】六月

【作者】石田波郷(いしだ はきょう)

 

 

六月や 白雲色を 磨ぎすまし

【季語】六月

【作者】原 石鼎

 

 

わがもいで 愛づる初枇杷 葉敷けり

【季語】枇杷

【作者】杉田久女(すぎた ひさじょ)

【補足】久女は次の句も詠んでいます。

わがもいで 贈る初枇杷 葉敷けり

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ