スマートフォン解析

七十二候の意味とは【2016年版】【一覧表】

 

暦に書かれている「立春」、「夏至」、「秋分」などの二十四節気(にじゅうしせっき)はご存知の方も多いかと思いますが、七十二候(しちじゅうにこう)となるとどうでしょうか。

私は全く知らなかったので調べたりしたのですが、天候の変化、植物の成長、動物たちの動きなどが取り入れられていて、これがなかなか面白いものだとわかりました。

 

日本ならではの自然、四季の移り変わりが、より深く感じられると思いますので、是非とも七十二候に目を通してみてください。

スポンサーリンク

 

 

七十二候とは

一年を24等分して季節の名前を付けたものが、二十四節気(にじゅうしせっき)です。

これは、古代中国の時代から使われていたものが、日本に伝わってきました。

二十四節気については、こちらをご覧ください
⇒ 二十四節気とは

 

この二十四節気のそれぞれを、さらに3つに分けたものが七十二候(しちじゅうにこう)と呼ばれるものです。

なお、それら3つはそれぞれ、初候(しょこう)・次候(じこう)・末候(まっこう)、あるいは初候二候三候と呼ばれます。

名称が天候の変化、植物や動物の形態を表わす短文となっているのが特徴です。

 

また、二十四節気は古代中国のものと変わっていませんが、七十二候は日本の気候に合うように名称変更され、1874年(明治7年)の「略本暦」によるものが現在の主流となっています。

スポンサーリンク

 

 

七十二候の読み方、日付の一覧表

下の表の日付は、2016年度のものです。なお、現行の暦(新暦)の 1月に始まるものから順に並べました。

 

二十四節気 七十二候 読み方 日付
小寒 芹乃栄 せりすなわちさかう 1/6
水泉動 すいせんうごく 1/11
雉始雊 きじはじめてなく  1/16
大寒 款冬華 ふきのとうはなさく 1/21
 水沢腹堅 さわのみずあつくかたし  1/25
鶏始乳 にわとりはじめてにゅうす 1/30
立春 東風解凍 とうふうこおりをとく 2/4
 黄鶯睍睆   うぐいすなく 2/9
魚上氷   うおこおりにあがる 2/14
雨水  土脉潤起   つちのしょううるおいおこる 2/19
霞始靆   かすみはじめてたなびく 2/24
 草木萠動   そうもくめばえうごく  2/29
啓蟄 蟄虫啓戸   すごもりのむしとをひらく 3/5
桃始笑   ももはじめてわらう 3/10
 菜虫化蝶   なむしちょうとかす 3/15
春分 雀始巣   すずめはじめてすくう  3/20
桜始開   さくらはじめてひらく  3/25
雷乃発声   かみなりすなわちこえをはっす  3/30
清明 玄鳥至   つばめきたる 4/4
鴻雁北  こうがんきたへかえる  4/9
虹始見  にじはじめてあらわる  4/14
穀雨  葭始生  あしはじめてしょうず  4/20
霜止出苗  しもやんでなえいづる  4/25
牡丹華  ぼたんはなさく  4/30
立夏 蛙始鳴  かわずはじめてなく 5/5
蚯蚓出  みみずいづる  5/10
竹笋生  たけのこしょうず  5/15
小満 蚕起食桑  かいこおきてくわをくう 5/20
紅花栄  べにばなさかう  5/26
 麦秋至  ばくしゅういたる 5/31
芒種 螳螂生  かまきりしょうず 6/5
腐草為蛍 ふそうほたるとなる 6/10
 梅子黄  うめのみきなり  6/16
夏至 乃東枯  なつかれくさかれる 6/21
菖蒲華  あやめはなさく  6/26
半夏生  はんげしょうず  7/1
小暑 温風至  おんぷういたる 7/7
蓮始開  はすはじめてひらく 7/12
 鷹乃学習  たかすなわちわざをならう  7/17
大暑 桐始結花  きりはじめてはなをむすぶ  7/22
土潤溽暑  つちうるおうてむしあつし  7/28
大雨時行  たいうときどきふる  8/2
立秋  涼風至  りょうふういたる 8/7
寒蝉鳴  ひぐらしなく 8/12
蒙霧升降  のうむしょうこうす  8/17
処暑 綿柎開  わたのはなしべひらく  8/23
天地始粛  てんちはじめてさむし  8/28
禾乃登  こくものすなわちみのる  9/2
白露  草露白  くさのつゆしろし  9/7
 鶺鴒鳴  せきれいなく 9/12
玄鳥去  つばめさる  9/17
秋分 雷乃収声  かみなりすなわちこえをおさむ 9/22
蟄虫坏戸  すごもりのむしとをとざす 9/28
水始涸  みずはじめてかれる  10/3
寒露  鴻雁来  こうがんきたる 10/8
 菊花開  きくのはなひらく  10/13
蟋蟀在戸  きりぎりすとにあり  10/18
霜降 霜始降  しもはじめてふる 10/23
霎時施  こさめときどきほどこす  10/28
 楓蔦黄  もみじつたきばむ  11/2
立冬 山茶始開  つばきはじめてひらく 11/7
地始凍  ちはじめてこおる  11/12
金盞香  きんせんこうばし  11/17
小雪 虹蔵不見  にじかくれてみえず 11/22
朔風払葉  さくふうはをはらう 11/27
橘始黄  たちばなはじめてきばむ 12/2
大雪 閉塞成冬  そらさむくふゆとなる  12/7
 熊蟄穴  くまあなにこもる 12/11
 鱖魚群  さけのうおむらがる 12/16
冬至 乃東生  なつかくれくさしょうず 12/21
麋角解  おおしかのつのおつる 12/26
雪下出麦  せつかむぎいづる  12/31

 

スポンサーリンク

 

 

七十二候の意味

それぞれについて、意味をみていきましょう。

 

芹乃栄

「芹がすくすくと育つころ」のことをいいます。 (1)

 

水泉動

「地中で凍っていた泉に動きがみられるころ」のことをいいます。 (2)

 

雉始雊

「雉の雄が鳴き始めるころ」のことをいいます。 (3)

 

款冬華

「蕗(ふき)の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (4)

 

水沢腹堅

「沢の水が厚い氷になるころ」のことをいいます。 (5)

 

鶏始乳

「鶏(にわとり)が卵を産み始めるころ」のことをいいます。 (6)

 

東風解凍

「東風が氷を解かし始めるころ」のことをいいます。 (7)

 

 

黄鶯睍睆

「鶯(うぐいす)が鳴き始めるころ」のことをいいます。(8)

 

魚上氷

「氷が割れて、魚が飛び跳ねるころ」のことをいいます。 (9)

 

土脉潤起

「雨が降って、土が潤ってくるころ」のことをいいます。 (10)

 

霞始靆

「霞がたなびき始めるころ」のことをいいます。 (11)

 

草木萠動

「草木が芽を出し始めるころ」のことをいいます。 (12)

 

蟄虫啓戸

「冬ごもりしていた虫が出てくるころ」のことをいいます。 (13)

 

桃始笑

「桃の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (14)

 

菜虫化蝶

「さなぎが羽化して蝶になるころ」のことをいいます。 (15)

 

雀始巣

「雀が巣をつくり始めるころ」のことをいいます。 (16)

 

桜始開

「桜の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (17)

 

雷乃発声

「雷が鳴り始めるころ」のことをいいます。 (18)

 

玄鳥至

「つばめが南からやって来るころ」のことをいいます。 (19)

 

鴻雁北

「雁(かり)が北へ戻っていくころ」のことをいいます。 (20)

 

虹始見

「虹が見え始めるころ」のことをいいます。 (21)

 

葭始生

「葦(あし)が芽を吹き始めるころ」のことをいいます。 (22)

 

霜止出苗

「霜がなくなり、稲の苗が育ち始めるころ」のことをいいます。 (23)

 

牡丹華

「牡丹の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (24)

 

蛙始鳴

「蛙(かえる)が鳴き始めるころ」のことをいいます。 (25)

 

 

蚯蚓出

「みみずが地面から出てくるころ」のことをいいます。 (26)

 

竹笋生

「たけのこが生え出てくるころ」のことをいいます。 (27)

 

蚕起食桑

「蚕(かいこ)が桑の葉をは食べ始めるころ」のことをいいます。 (28)

 

紅花栄

「紅花(べにばな)が盛んに咲くころ」のことをいいます。 (29)

 

麦秋至

「実った麦を収穫するころ」のことをいいます。 (30)

 

螳螂生

「かまきりが生まれてくるころ」のことをいいます。 (31)

 

腐草為蛍

「腐った草が蛍になるころ」のことをいいます。
昔は、草が腐って蛍に生まれ変わると信じられていました。 (32)

 

梅子黄

「梅の実が黄ばんで熟してくるころ」のことをいいます。 (33)

 

乃東枯

「うつばぐさが黒ずんで、枯れたように見えるころ」のことをいいます。 (34)

 

菖蒲華

「あやめの花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (35)

 

半夏生

「半夏(はんげ=カラスビシャク)が生え始めるころ」のことをいいます。 (36)

 

温風至

「あたたかい風が吹いてくるころ」のことをいいます。 (37)

 

蓮始開

「蓮の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (38)

 

鷹乃学習

「鷹のひなが飛び方を覚えるころ」のことをいいます。 (39)

 

桐始結花

「桐が実を結び始めるころ」のことをいいます。 (40)

 

土潤溽暑

「土が湿ってきて、蒸し暑くなること」のことをいいます。 (41)

 

大雨時行

「大雨が時々降るころ」のことをいいます。 (42)

 

涼風至

「涼しい風が立ちはじめるころ」のことをいいます。 (43)

 

 

寒蝉鳴

「ひぐらしが鳴くころ」のことをいいます。 (44)

 

蒙霧升降

「濃い霧が立ちこめるころ」のことをいいます。 (45)

 

綿柎開

「綿の実をつつむ萼(がく)が開くころ」のことをいいます。 (46)

 

天地始粛

「ようやく暑さがおさまり始めるころ」のことをいいます。 (47)

 

禾乃登

「稲が実るころ」のことをいいます。 (48)

 

草露白

「草に降りた露が白く光るころ」のことをいいます。 (49)

 

鶺鴒鳴

「鶺鴒(せきれい)が鳴くころ」のことをいいます。 (50)

 

玄鳥去

「つばめが南へ帰るころ」のことをいいます。 (51)

 

雷乃収声

「雷の音を聞かなくなるころ」のことをいいます。 (52)

 

蟄虫坏戸

「虫が土の中へもぐり、穴をふさぐころ」のことをいいます。 (53)

 

水始涸

「田畑の水を抜き始めるころ」のことをいいます。 (54)

 

鴻雁来

「雁(かり)が北からやって来るころ」のことをいいます。 (55)

 

菊花開

「菊の花が開くころ」のことをいいます。 (56)

 

蟋蟀在戸

「きりぎりすが戸の近くで鳴くころ」のことをいいます。 (57)

 

霜始降

「霜が初めて降りるころ」のことをいいます。 (58)

 

霎時施

「小雨が時々降るころ」のことをいいます。 (59)

 

楓蔦黄

「もみじや蔦(つた)が黄色くなるころ」のことをいいます。 (60)

 

 

山茶始開

「山茶花(さざんか)の花が咲き始めるころ」のことをいいます。 (61)

 

地始凍

「地面が凍り始めるころ」のことをいいます。 (62)

 

金盞香

「水仙の花がさくころ」のことをいいます。 (63)

 

虹蔵不見

「虹を見かけなくなるころ」のことをいいます。 (64)

 

朔風払葉

「北風が木の葉を払い落とすころ」のことをいいます。 (65)

 

橘始黄

「橘(たちばな)の実が黄色くなり始めるころ」のことをいいます。 (66)

 

閉塞成冬

「天地の気が塞がって、冬となるころ」のことをいいます。 (67)

 

熊蟄穴

「熊が冬ごもりの穴に入るころ」のことをいいます。 (68)

 

鱖魚群

「鮭(さけ)が群れをなして川をさかのぼるころ」のことをいいます。 (69)

 

乃東生

「うつぼぐさの芽が出てくるころ」のことをいいます。 (70)

 

麋角解

「大鹿のツノが落ちる(生え変わる)ころ」のことをいいます。 (71)

 

雪下出麦

「雪の下で麦が芽を出すころ」のことをいいます。 (72)

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »