9月の季語 30の【一覧】と例句

薄と仲秋の名月

9月になると夏も終わりを告げ、季節は少しずつ秋へと移り変わっていきます。

お彼岸、秋分といった日をはじめとして、目にする様々な風物から秋を感じてくるのが 9月といえるかもしれません。

このページでは、そのような季節感をもった「9月の季語」といえるものを集めました。9月ならではのものばかりですので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

9月の季語 30

私たちが使っている現代の暦(新暦)の 9月にみられる風物で俳句の季語となっているものを集め、句の最初の文字で五十音順に並べました。

また、それぞれの季語が詠まれた句を【例句】として挙げました。

なお、俳句の季語の季節感は旧暦によるもので、ここに集めた季語は「秋」のものです。

 

秋燕 / あきつばめ、しゅうえん

【例句】秋燕 妖しき朱ヶを 頬にせり

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

 

 

秋の波

【例句】くり返す 間の遠き 秋の波

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

 

 

秋の水

【例句】秋の水 やはらかに手に よみがへる

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

 

 

秋彼岸

【例句】大風の それし日和や 秋彼岸

【作者】青木月斗(あおき げっと)

【関連ページ】 ⇒ お彼岸の俳句 25選

 

 

女郎花 / おみなえし

【例句】女郎花 少しはなれて 男郎花(おとこえし)

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

女郎花の花

 

 

蟷螂 / かまきり、とうろう

【例句】日がのぼり 露のかまきり 躍り出づ

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

 

 

桔梗 / ききょう、きちこう

【例句】桔梗の 紫めきし 思ひかな

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

 

きりぎりす

【例句】きりぎりす 時を刻みて 限りなし

【作者】中村草田男(なかむら くさたお)

 

 

九月

【例句】なにがなし たのしきこころ 九月来ぬ

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

 

 

葛の花 / くずのはな

【例句】今落ちし ばかりの葛は 赤きかな

【作者】星野立子

スポンサーリンク

 

鶏頭 / けいとう

【例句】鶏頭の 十四五本も ありぬべし

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【関連ページ】 ⇒ 正岡子規の代表作

 

 

コスモス

【例句】コスモスの 淋しさ誘ふ 糸葉なる

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

【関連ページ】 ⇒ コスモスの俳句 25選

 

 

新涼

【例句】新涼や 青空見えて 夕べなる

【作者】原 石鼎

 

 

薄(芒 ) / すすき

【例句】二三本 月に輝く 芒かな

【作者】山口青邨

 

 

鈴虫

【例句】思ひさへ 鳴く鈴蟲に はばかられ

【作者】中村汀女

吊るされた虫かご

 

 

仲秋 / ちゅうしゅう

【例句】仲秋の 月の冷たき ぼんのくぼ

【作者】長谷川かな女

 

 

月見

【例句】月見や 畳にこぼす 花の水

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

【関連ページ】 ⇒ 月見の俳句 20選

 

 

蜻蛉 / とんぼ

【例句】遠山が 目玉にうつる とんぼ哉

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

 

 

野分 / のわき、のわけ

【例句】野分して いよいよ遠き 入日かな

【作者】日野草城

 

 

萩 / はぎ

【例句】近よれば 髪の上まで 萩の花

【作者】星野立子

スポンサーリンク

 

彼岸花 / ひがんばな

【例句】あち向いて どの子も帰る 曼珠沙華

【作者】中村汀女

 

 

冷やか

【例句】冷やかに 女人高野の 路ひとつ

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

 

 

藤袴 / ふじばかま

【例句】藤袴 此の夕ぐれの しめりかな

【作者】斯波園女(しば そのめ)

 

 

曼珠沙華 / まんじゅしゃげ

【例句】ちゝはゝの 俄かに恋し 曼珠沙華

【作者】川端茅舎(かわばた ぼうしゃ)

 

 

三日月

【例句】三日月の ひかりのほそき 祷(いのり)かな

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

三日月

 

 

【例句】虫なくや 帯に手さして 倚り柱

【作者】杉田久女(すぎた ひさじょ)

 

 

名月

【例句】名月の 色におどろく 旅寝かな

【作者】前田普羅(まえだ ふら)

 

 

蘭の花

【例句】蘭の香や 異国のやうに 三日の月

【作者】小林一茶

 

 

良夜 / りょうや

【例句】門とぢて 良夜の石と 我は居り

【作者】水原秋桜子(みずはら しゅうおうし)

 

 

竜胆 / りんどう

【例句】竜胆の 蕾それぞれ 花にそひ

【作者】星野立子

竜胆の花のつぼみ

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 9月の俳句 20選

⇒ 秋の俳句 25選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 花の季語 130

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ