「言葉」の記事一覧

可愛い単語 50【日本語編】 -純和風-

ピンク色の梅の花

私たちが普段使っている言葉の中には、その単語自体が「可愛い」と感じられるものが多くあります。 それらを可愛いと思うのは、耳で聞いたときの響きからくることもあれば、単語の意味合いが持っているニュアンスによることもあるでしょ・・・

野菜の漢字の読み方 40【難読編】

ニラの花

野菜の名前がカタカナや平仮名で表記されていれば問題がないのですが、漢字の場合には困ってしまうことがあります。 また、普段の食生活で馴れ親しんでいる野菜でも、あまり見かけないような漢字で書き表されるものもあります。 今回は・・・

果物の漢字の読み方 35【難読編】

柿の実と青空

果物の名前が漢字で書かれている場合、中には何と読むのか考えてしまうようなものもあります。 漢字の「音」から見当がつくこともありますが、読み方がわかっても理解に苦しむようなものも見受けられます。 今回は、漢字で表記された果・・・

語源が面白い言葉 30【日本語編】

和風の照明器具

気になった言葉の語源を調べてみると、その言葉からは思いもよらなかったものに行き当たることがあります。 これらは当て字が行なわれていることも多く、現在使われている言葉だけを見ていても想像がつきません。 今回は、語源が面白い・・・

「一部始終」の意味と類語 30 英語で言うと?

桜吹雪と青空

一部始終(いちぶしじゅう)という言葉は、日常会話ではあまり使わることがないかもしれません。 「始終」の文字から意味は明らかなようにも思えますが、「一部」によって意味を取り違えることもあるようです。 このページでは、「一部・・・

風の種類、風のつく言葉など 50

風に舞う桜の花びら

自然現象の中でも、風は特別な存在といえるのではないでしょうか。 というのは、雨や雪とは違って目に見えないものだからです。そのため「風神(ふうじん)」のように神格化されることもあります。 そして、風の種類や風のつく言葉など・・・

江戸時代の言葉は今とあまり変わらない? 【会話の例】あり〼

江戸の町のジオラマ

江戸時代に使われていた言葉、特に「話し言葉」はどのようなものだったのでしょうか。 今から 1000年ほど昔の平安時代の言葉となると、現代の私たちが何の抵抗もなく理解するというのは難しいかもしれません。 しかし、江戸時代の・・・

「敷居が高い」の正しい意味とは? 誤用と言われないためには?

座っている着物姿の女性

敷居が高いと言う表現には、「誤用」という言葉が付きまとっているようです。そして厄介なのは、誤用といわれる使い方にそれほど違和感を感じないことです。 今回は「敷居が高い」の本来の意味をしっかりと確認して、誤用と言われること・・・

美しい日本語の単語 20

丸窓から見える秋の景色

日本語には、とても美しい言葉が数多くあります。それらは、四季に恵まれた自然をもつ日本ならではのものといえるでしょう。 今回は、美しい自然の景色が思い浮かぶようなものを中心に、「美しい日本語の単語」を集めてみましました。五・・・

間違えやすい漢字の読み方チェック 50

「漢字」の筆文字

漢字の読み方を間違えて覚えてしまうと、あとで厄介なことになりますね。機会があってそれが間違いだとわかっても、長い間に慣れてしまっているので、何か信じられないような気がしてしまいます。 自分が知らない漢字に出会ったときに、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ