「短歌」の記事一覧(2 / 4ページ)

7月の短歌・和歌 20選  -晩夏-

月見草の花

7月になって梅雨の時期が過ぎると、本格的な暑さの夏へと季節は変わってゆきます。 目にする風物も夏らしいものとなり、それらは和歌や短歌などの文芸作品に詠み込まれてきました。 このページには、7月ならではの風物、光景、心境な・・・

8月の短歌・和歌 20選  -初秋-

夾竹桃の花と青空

8月の夏の盛りには、この暑さはいつまで続くのだろうかと思うこともあります。 しかし、月の後半にもなると、少しずつ秋の予感めいたものを感じることもあり、季節が変わってゆくのを楽しみながら暮らせるようになります。 このページ・・・

1月の短歌・和歌 20選  -晩冬-

真冬の華厳の滝

年が明けて 1月になると、待ちに待ったお正月の楽しい雰囲気に包まれます。 しかし、七草、鏡開きなどの行事が終わると、暦の大寒の文字が目に入るようになり、冬の寒さは一層厳しさをましていきます。 このページには、1月特有の風・・・

12月の短歌・和歌 20選  -仲冬-

冬木立と青空

12月には寒さも厳しくなり、「冬将軍」といった言葉も耳にするようになります。 そのような気候の中で、一年の締めくくりと新年を迎える準備をしていると、終わりゆく年に対して寂しさを感じることもあります。 このページには、12・・・

桜の短歌 30選 -春花-

陽の光を受けて輝く桜の花

桜の花が咲いたときの美しさは言うまでもないのですが、その花の散りぎわの鮮やかな印象も心に強く残ります。 そして、その華やかな風景、散りゆく花に対する心情などは、古くから多くの和歌・短歌・俳句などにも詠み込まれてきました。・・・

雪の短歌 25選 -六華-

山茶花の花に積もった雪

古くから「雪」は和歌、短歌、俳句などの文学作品に好んで詠み込まれ、その美しさは様々な表現をされてきました。 いずれは消えてなくなってしまうという、雪の「はかなさ」は心に訴えるものがあるのではないでしょうか。 このページに・・・

花火の短歌 16首 -華美-

夜空に開いた七色の花火

夏の風物詩として、無くてはならないものが花火といえるでしょう。 夜空に上がって色とりどりの美しさで輝きながら、わずかな時間で姿を消してしまう「はかなさ」には心を惹かれます。 また、見た目の美しさだけではなく、耳にする音で・・・

11月の短歌・和歌 20選  -初冬-

ピンク色の山茶花の花

11月には秋もすっかり深まり、様々な美しい風物を楽しみながら暮らせます。 そのような生活の中で、少しずつ冬の気配を感じてゆきます。この時期の寂しいような心境は、古くから和歌や短歌に多く詠まれてきました。 このページには、・・・

10月の短歌・和歌 20選  -晩秋-

白菊と黄菊の花

10月になると、秋も本格的に深まってゆきます。そして、紅葉をはじめとして、色とりどりのものが目を楽しませてくれます。 その一方では、なぜか物悲しい気持ちになることもあります。そのような心持は、古くから和歌や短歌に多く詠ま・・・

9月の短歌・和歌 20選  -仲秋-

ピンク色の萩の花

9月ともなると、たとえ暑さが残っていても秋を意識せずにはいられません。そして少しずつ、朝晩の風の中にも秋を感じることが多くなってゆきます。 このページには、9月頃の風景が思い浮かぶような短歌と和歌を集めましたので、是非と・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ