「和歌」の記事一覧

西行の和歌 20首 【現代語訳】付き

明るく輝くような桜の花

西行(さいぎょう)は 23歳の若さで出家し、その後は草庵生活や漂白の旅に出るなどし、およそ 22,000首の和歌を残しました。 「願はくは 花の下にて春死なむ ~」と詠んだ歌のとおりに生涯を終えたことは、当代の多くの歌人・・・

有名な歌人 25【リスト】

小野小町の歌碑

  江戸時代までの歌人   在原業平 / ありわらのなりひら [825 ~ 880年]   凡河内躬恒 / おおしこうちのみつね [ ~ 925年?]   大伴旅人 / おおともの・・・

「和歌」と「短歌」は違いますか?【わかりやすい定義】付き

奈良の山々

「和歌」も「短歌」も、形式だけをみると違いはありません。 しかし、同じ 5 7 5 7 7 形式の詩歌であっても、和歌と短歌のどちらかの呼び名に対して違和感を覚えることがあります。 今回は、和歌と短歌の意味が明確となるよ・・・

恋の和歌 20選【現代語訳】付き

桜草の白い花

人に恋する気持ちというものは、昔も今もあまり変わりがないないように感じられます。 というのは、1000年以上も前の平安時代に詠まれた和歌を読んだときなどに、それらに込められた恋の想いに強い共感を持てるからです。 和歌で使・・・

百人一首で有名なのは? ベスト15首と歌人15人を厳選!

牛車のミニチュア

百人一首には、飛鳥時代から鎌倉時代までの歌人 100人の和歌がそれぞれ一首ずつ収められています。 そのいずれもが優れた歌であり、現代の私たちも「かるた」などで親しんできました。 今回は、百人一首の中でも有名とされているも・・・

千載和歌集の「 春・夏・秋・冬・恋」の歌 5首 【厳選】

千載和歌集(せんざいわかしゅう)は 21の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう=天皇、上皇の命により編纂された和歌集)のうち 7番目のもので、1288首が収められています。 そして、千載和歌集から 15首が小倉百人一首に採ら・・・

百人一首の「秋の歌」 20首  -秋の田の …、奥山に… -

紅葉と五重塔

  百人一首の「秋の歌」   秋の田の かりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 【現代語訳】 秋の田の仮小屋は、屋根の苫は目が粗いので、私の袖は露に濡れ続けている 【歌番号】1 【作者】天智天・・・

百人一首の「夏の歌」 4首  - 夏の夜は…、ほととぎす… -

青葉の樹木と五重塔

百人一首に収められた歌の中で、四季のうち夏について詠まれたものは最も少なく 4首を数えるのみです。 しかし、いずれも印象的なものばかりです。特に持統天皇の「春過ぎて…」の歌は誰でもが知っているほど有名で、百人一首といえば・・・

百人一首の「春の歌」 9首  - 花、野、夜… -

満開の桜と五重塔

百人一首に収められた歌の中で、春について詠まれたものはそれほど多くありません。 しかし、小野小町や紀貫之といった著名な歌人の歌も含まれていて、それらはいずれもが百首の中でも輝きを放っているように感じられます。 今回は、百・・・

百人一首の「冬の歌」 6首  - 田子の浦に…、山里は… -

五重塔の雪景色

百人一首に収められた歌の中で「冬の歌」といわれるものは少なく、一般的に 6首とされています。 しかし、「雪」や「白」という字句が含まれるものが多く、いずれも冬の印象的な風景が詠まれています。特に山部赤人の「田子の浦に…」・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ