スマートフォン解析

「大寒の卵」や「寒の水」に人気があるのは何故なの?

雪原と太陽

大寒は、その名の通り、冬の中でも特に寒い頃ですね。そして、この時期によく耳にするのが「大寒の卵」や「寒の水」ではないでしょうか。

特に、大寒の卵の人気は高く、贈答品としても注目されています。

今回は、大寒の時期に人気のある大寒の卵寒の水について、みていきましょう。

スポンサーリンク

 

今年の大寒はいつ?

まず、大寒について確認しておきましょう。

2017年大寒 1月20日です。この大寒は二十四節気 * (にじゅうしせっき)の一つです。

*二十四節気とは、1年を24等分して季節の名前をつけたもので、中国から伝わってきました。

⇒ 二十四節気の意味とは

⇒ 大寒とは

スポンサーリンク

 

それでは、大寒の前後の二十四節気を表で確認しましょう。

日付 二十四
節気
別名
1/5 小寒 寒の入り
寒中
寒の内
1/20 大寒
2/4 立春 寒の明け
  • 小寒の日を寒の入りといい、立春の日を寒の明けといいます
  • 寒の入りから寒の明けまでの約1カ月間を寒(かん)または寒中(かんちゅう)寒の内といいます

空を見上げる男の子

 

 

大寒の卵

大寒の卵とは、文字通り大寒の日に生まれた卵をいうわけですが、重宝されるのはこれだけではありません。

(寒の入り~寒の明け)の時期に生まれた卵も寒卵(かんたまご)と呼ばれて、こちらもやはり人気が高いものです。

大寒の卵、寒卵が好まれる理由は、次の2つです。

  1. 栄養分を多く含んでいるため美味しく、保存もきく
  2. 金運が上がる

1.は、この時期の鶏(にわとり)の活動が関係しています。

一年のうちで一番寒い時期なので、鶏の卵を産む数も少なくなります。
また、寒いために鶏は水分よりも食料を多く取るようになります。
その結果として、産んだ卵の栄養価は高いものとなり、味も濃厚で美味しくなります。

2.は、風水によるものです。

大寒の卵を食べると、その年はお金に困ることがないといわれています。

このように、栄養価が高いことと金運が上昇するということから、大寒の卵・寒卵はとても人気があるのです。

三つの卵

 

 

寒の水

(寒の入り~寒の明け)の時期に汲まれた水が寒の水、これも人気が高いものです。

寒に採水して、産地から直送しているものもあります。

この時期の水は、一年の中でも不純物が最も少なく澄んでいるので、「寒の水は腐らない」といわれてきました。

また、昔から薬として飲むなど、体に良いものとして大事にされてきました。

特に、寒の入りから 9日目の水は「寒九の水」と呼ばれ、貴重なものとされてきました。

寒の水の使い方としては、次のようなものがあります。

  • 餅をつく
  • 服薬に用いる
  • 酒造りに用いる
  • 布などを晒す

兼六園の雪景色

 

 

まとめ

  • 大寒の卵、寒卵は、栄養分が多く健康に良い、金運が上がるなどの理由から人気があるものです。
  • 寒の水もまた、不純物が少なく体に良いなどの理由から、昔から好まれてきました。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »