江戸時代の三大俳人のまとめ

江戸切子のグラス

俳諧連歌(はいかいれんが)は、江戸時代にとても盛んであった文芸です。そして、明治時代に正岡子規によって近代の俳句として確立されていきました。

この流れの中には、大きな活躍をみせた 3人の俳人の存在があります。その 3人とは、ご存知のように松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。

今回は、この「江戸時代の三大俳人」についてみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

江戸時代の三大俳人とは?

江戸時代の三大俳人とは、よく名前が知られている次の 3人のことをいいます。

松尾芭蕉
(まつお ばしょう)
1644年~1694年
与謝蕪村
(よさ ぶそん)
1716年~1783年
小林一茶
(こばやし いっさ)
1763年~1827年

単に「三大俳人」といった場合もこの 3人を指すことが多くみられます。なお、3人ともに江戸で生活していた時期があります。

それでは、それぞれについてみていきましょう。

スポンサーリンク

 

松尾芭蕉

松尾芭蕉は、創作した俳句の芸術性が高い評価を得ていて、俳聖と呼ばれることもあります。

また、芭蕉の名前は世界的にも広く知られており、日本史上最高の俳諧師とも評されます。

俳句だけでなく、「月日は百代の過客にして 行きかふ年もまた旅人なり」の書き出しで始まる紀行文の『おくのほそ道』の評価も高いものです。

蕉風(しょうふう)といわれる句風を確立し、俳諧を芸術的に完成させました。なお、芭蕉自身は俳句(発句:ほっく=俳諧の第一句))よりも連句を好んだといわれています。

芭蕉の句は次のページに集めてあります。

⇒ 松尾芭蕉の俳句 100選

立石寺

 

 

与謝蕪村

与謝蕪村は『蕉風回帰』を唱えた俳人であり、芭蕉に強いあこがれを持っていました。それは、芭蕉の足跡を辿る旅をしたほどのものでした。

また、俳句のみならず画家としても多くの作品を残していて、俳画の創始者でもあります。

したがって、蕪村の句は絵画的、写実的といわれることが多いのが特徴です。

名前は『与謝蕪村(よさ ぶそん)』が正しいもので、書く場合に文字の「野」は入りませんし、読む場合の「の」も入りません。

なお、2016年は蕪村生誕 300年の年となりました。

蕪村の句は次のページに集めました。

⇒ 与謝蕪村の俳句 100選

スポンサーリンク

 

小林一茶

小林一茶の生前の評価は、それほど高いものではありませんでした。

しかし、明治時代になってから正岡子規(まさおか しき)が高い評価をしたことによって、芭蕉、蕪村と並ぶ俳人として広く知られるようになりました。

正岡子規は『一茶の俳句を評す』の中で、一茶の特色は主として滑稽、諷刺、慈愛にあると述べています。

一茶の俳句には子供、小動物を詠んだ句も多く、とても親しみやすいものが感じられます。

一茶の句は次のページに集めました。

⇒ 小林一茶の俳句 100選

信濃の自然

 

 

三代俳人の俳句の比較

芭蕉、蕪村、一茶の俳句で、同じ題材の句を選んで並べてみると、三者の句にそれぞれの特長がよく出ています。

まずは、「蝉の声」が詠まれたものをみてみましょう。

閑さや 岩にしみ入 蝉の声
(芭蕉)

鳥稀に 水また遠し せみの声
(蕪村)

小坊主や 袂のなかの 蝉の声
(一茶)

また、「蛙(かわず)」が詠まれた句も挙げてみましょう。

古池や 飛びこむ 水の音
(芭蕉)

彳(たたず)めば 遠きも聞ゆ かはずかな
(蕪村)

艸(くさ)蔭に ぶつくさぬかす 
(一茶)

このように並べて鑑賞してみると、3人それぞれの個性が理屈抜きに感じられます。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ