スマートフォン解析

冬の風物詩といえば… を50コ集めてみました

紅白の梅の花

冬は年末年始という一年の節目となる時期を越え、やがて訪れる春を待つという季節です。そして、冬の風物詩といわれるものは数多くみられます。

今回は、「冬の風物詩といえば…」あるいは「冬といえば…」として代表的なものを集めました。五十音順に並んでいますが、冬ならではといったものばかりですので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

冬の風物詩といえば… 50コ

 

大掃除

大掃除の由来は、平安時代の煤払い(すすはらい)という宮中行事であるといわれています。

⇒ 大掃除と煤払いについて

 

 

お正月

お正月飾りは、なくてはならないものですが、年末の忙しさで気が付いたら一夜飾りに…

⇒ 一夜飾りでお正月を迎えると?

 

 

お歳暮

歳暮(せいぼ、さいぼ)の本来の意味は「年(歳)の暮れ」のことです。

 

 

お年玉

お年玉の慣習は中世に始まったもので、主として武士は太刀を贈りました。

 

 

温泉

戦国時代の武田信玄(たけだ しんげん)や上杉謙信(うえすぎ けんしん)は、温泉の効能に注目していたといわれています。

スポンサーリンク

 

 

鏡餅

お正月も終わると、鏡餅や門松などのお正月飾りを外しますが、いつまで飾っておくものか少し迷いますね。

⇒ お正月飾りはいつまで飾るもの?

 

 

鏡開き

鏡開きは、江戸時代の武家社会の行事に由来しています。

⇒ 鏡開きとは?

 

 

門松

門松は松飾り飾り松立て松ともいわれ、家に年神様を迎え入れるための依り代(よりしろ)という意味合いがあります。

 

 

かぼちゃ

「冬至(とうじ)にかぼちゃを食べると風邪を引かない」ということがよく言われます。

⇒ 冬至にかぼちゃを食べる由来は?

 

 

寒卵

寒卵(かんたまご=大寒の卵)は、とても人気が高いもので、贈答品としても喜ばれます。

⇒ 大寒の卵、寒の水に人気があるのは何故?

img_56daba95b77ff

 

 

寒中水泳

寒中水泳は寒泳とも呼ばれ、神事、寒稽古、地方の伝統行事として行われています。

 

 

寒の水

寒の水とは、の時期に汲み上げられたもので、古くから「寒の水は腐らない」といわれてきました。

 

 

寒椿

寒椿(かんつばき)は、後述の山茶花(さざんか)と花も葉もよく似ています。

 

 

寒梅

寒梅(かんばい)は寒(かん)の時期に咲く梅のことで、冬至梅 (とうじばい)や寒紅梅(かんこうばい)などの品種があります。

 

 

北風

冬の北西の季節風を「あなじ」「あなじ風」と呼ぶこともあります。

スポンサーリンク

 

 

クリスマス

俳句では、クリスマスケーキのことを「聖菓(せいか)」として詠みます。

 

 

木枯らし

木枯らしは、「凩」という漢字で表記することもあります。

 

 

小正月

小正月とは旧暦の 1月15日のことですが、今では新暦のこの日に小正月の行事をすることも多くみられます。

⇒ 小正月とは?

 

 

こたつ

こたつ(炬燵)の起源は室町時代に確認することができ、当時は「火闥」と表記されていました。江戸時代になると「火燵」と表記が変わりました。

 

 

山茶花

「さざんか」は、本来の読みである「さんさか」が訛ったもので、「さんざか」と呼ばれた時代もありました。

山茶花の花

 

 

霜柱

霜柱(しもばしら)が発生するメカニズムには、毛細管現象(もうさいかんげんしょう)が関係しています。

 

 

除夜の鐘

除夜の鐘の数が 108である由来については、いくつかの説があります。

⇒ 除夜の鐘は何故 108つ?

 

 

水仙

日本には「ニホンズイセン」が中国を経由して渡来したといわれて。います

 

 

ストーブ

灯油が燃料の暖房用ストーブとして、古くからイギリスのアラジン(ブランド名)の「ブルーフレーム」が知られていました。

 

 

成人式

日本以外では、成人したことを祝う国はほとんどありません。

⇒ 成人式の由来は?

スポンサーリンク

 

 

節分

かつて節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを意味していて、この時期には悪いもの=鬼が入り込むと考えられていました。

⇒ 節分の豆まきの由来は?

 

 

焚火(たきび)

人類は、少なくとも約50~40万年前から焚火を行なっていたことが確認されています。

 

 

つらら

つらら(氷柱)の語源は「つらつら」であり、古くには「たるひ(垂氷)」と呼ばれていました。

 

 

冬至

冬至(とうじ)とは、「一年のうちで、もっとも昼が短くなる日」のことです。

⇒ 冬至の意味は?

 

 

年越しそば

年越しそばを食べることは、一年の最後をしめくくる行事といえるでしょう。

⇒ 年越しそばは、いつ食べるもの?

除夜の鐘

 

 

酉の市

酉の市(とりのいち))は、毎年11月の酉の日に行われる祭で、酉の祭(とりのまち)、大酉祭(おおとりまつ)、お酉様(おとりさま)とも呼ばれます。また、「三の酉まである年は火事が多い」という俗説がありますが、およそ一年おきに三の酉があります。

 

 

どんど焼き

前出の小正月に行なわれる火祭りの行事で、左義長(さぎちょう)ともいわれます。門松、しめ縄、書初めなどを集めて焼き、その火でお餅、お団子などを焼いて食べます。

 

 

七草粥

1月7日の人日の節句(じんじつのせっく)の朝に食べる料理が七草粥(ななくさがゆ)です。

⇒ 七草粥の由来は?

 

 

明治時代には牛鍋(ぎゅうなべ=すきやき)が流行し、鍋料理が一般家庭にも普及していきました。

 

 

南天

南天(なんてん)は、「難を転じる」という意味合いから、お祝いの飾りに縁起物として使われます。

スポンサーリンク

 

 

年賀状

年賀状の賀詞(がし)については、年長者やお世話になった人に対しては賀正、迎春などの 2文字熟語は避けるのが慣わしです。

 

 

羽子板市

東京の浅草寺(せんそうじ)の羽子板市は、江戸時代から開催されているものです。

 

 

箱根駅伝

第1回の箱根駅伝が実施されたのは1920年のことでした。正式な名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)」です。

 

 

初午

初午とは、2月最初の午(うま)の日のことで、古くから稲荷詣でをする風習がありました。

⇒ 初午とは?

 

 

初詣

初詣の原形は、一家の当主が大みそかの夜から元日の朝にかけて氏社(うじやしろ)にこもる「年籠り(としごもり、としこもり)」というものです。

正月飾り

 

 

針供養

針供養(はりくよう)は、2月8日、12月8日、あるいはその両日に行われます。

⇒ 針供養とは?

 

 

春一番

春一番(はるいちばん)は立春から春分の間に吹く風のことなので、「春の風」とは言い難いものがあります。

⇒ 春一番とは?

 

 

バレンタイン

日本では、バレンタインデーは 1950年代の後半から流行し始め、1970年代の後半には定着しました。

 

 

ひな祭り

ひな祭りの由来は、平安時代の「ひなあそび」にあると考えられています。

⇒ ひな祭りの意味とは?

 

 

冬休み

冬休みのイベントとして、クリスマス、大みそか、年越し、お正月、初詣、どんど焼き、七草粥など、この項目で取り上げた風物詩が満載となりますね。

 

 

雪を言い表す言葉は、かなりの数があります。

⇒ 雪の種類、言葉、表現 70

 

 

雪だるま

江戸時代の絵画には、供え物が置かれた雪だるまが描かれているものがあり、一般的なだるまと同じように、当時には縁起物であったと考えられます。

 

 

雪吊り

雪が多い東北地方、北陸地方など用いられ、石川県金沢市の兼六園のものは有名ですね。

 

 

雪まつり

北海道札幌市で開催される「さっぽろ雪まつり」が有名です。

さっぽろ雪まつり

 

 

柚子湯

冬至の日に柚子を浮かべた湯舟に入浴する柚子湯(ゆずゆ)の風習は江戸時代からあり、前出の冬至のかぼちゃと同様に、「冬至に柚子湯に入れば風邪を引かない」といわれます。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »