スマートフォン解析

元号とは? 【一覧】で大化~平成までをチェック

二荒山神社の神橋

日本の元号は、日本の歴史や文化と深い関わりがあります。例えば、「大化の改新」「建武の新政」「明治維新」といった歴史的事実の名称に使われてきました。また、「桃山文化」「元禄文化」のように、その時代の文化を表現する場合にも欠かせません。これらに慣れ親しんできた私たちは、元号名を聞いただけでイメージを想起することができます。

今回は、元号について確認するとともに、大化から平成までの元号の一覧をみていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

元号とは

まずは、元号と年号について確認しましょう。

 

元号と年号

元号(げんごう)は、特定の「年」に付けられる称号のことをいいます。具体的にいえば、「明治」「大正」「昭和」「平成」などが元号です。

元号は「年号(ねんごう)」といわれることもあり、『元号=年号』と考えても差し支えありません。

ただし、次のような使い方もされた場合には注意が必要です。

  • 平成28年の場合、「平成」を元号、「28年」を年号とする使い方
  • 西暦を年号、和暦(邦暦)を元号と呼ぶ使い方

 

なお、英語でいうと元号は finite era name 、regnal year 、年号は era name となります。

 

スポンサーリンク

 

 

元号のシステム

元号は紀年法(きねんほう=年を数えたり、記録する方法)の一種です。西暦などが無限のシステムであるのに対し、元号は有限のシステムであることが特徴です。

ですから、王や君主などの即位、在位中の改元(かいげん=変更)によって、元号の名称が改められて、年は「元年(がんねん= 1年)」から数え直されます。

そして、日本独特の紀年法が、「元号+年数」によって年を表わす和暦で、現代では西暦とともに広く使用されています。
日本の元号は、二文字であることが伝統のように思えますが、元号に用いる文字数について明確な決まりはありません。

この例外としては、奈良時代の天平感宝、天平勝宝、天平宝字、天平神護、神護景雲の 5つ(四文字)があるだけです。

 

 

元号が持つ意味

元号を定めるのは、王や君主などの時代の実力者です。そして、その時代に名称をつけるということは、「王、君主が空間とともに時間を支配する」という思想に基づいています。

天子(てんし=天下を治める者)の定めた元号と暦法を用いることを「正朔(せいさく)を奉(ほう)ずる」といいますが、これは権力者は服従する要件となっていました。

 

 

中国の元号

中国で元号が初めて使用されたのは、前漢の武帝の治世で紀元前115年頃のことです。このときの元号は「建元」で、統治の初めの年に遡ってのことでした。

明の時代に朱元璋(朱元璋=明の太祖)が一世一元の制(皇帝の即位によって改元する)を制定するなどし、元号は清の時代まで使用されていました。

 

手宮公園の桜

 

 

日本の元号の歴史

日本における元号使用の歴史を、時代に沿ってみていきましょう。

 

【飛鳥時代】

『日本書紀』によると、645年に「大化」が使用されたのが元号の始まりで、7世紀には元号が断続的に用いられました。この時代には元号よりも干支が主に使用されていたことがうかがえます。

701年に「大宝」と改元されてからは、元号の使用は継続的になりました。

 

【南北朝時代】

1331年から1392年までの期間は、一部共通する元号があるものの、南朝(大覚寺統:だいかくじとう)と北朝(持明院統:じみょういんとう)がそれぞれの元号を使用したため、二つの元号が並立していました。

 

【室町時代】

室町時代には、新元号は朝廷が定めるものの、将軍が「吉書始(きっしょはじめ)」という儀式で改元を宣言してから元号が使用されるようになりました。

そのために、元号の選定には幕府の影響力が強く及んでいたと考えられます。

 

【江戸時代】

江戸時代になると、幕府は禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)によって、元号の決定に介入するようになりました。

これには

「漢朝年号の内、吉例を以て相定むべし」
(中国の元号のうち、良い例を選んで定めること。)

とあります。

 

【明治時代】

明治以降は一世一元の制となり、新しい天皇が即位するときに改元されるようになりました。これ以前には、天変地異や疫病の流行などによる改元が行なわれていました。

また、明治5年(1872年)には改暦によるグレゴリオ暦(太陽暦)によって、それまでの元号、干支、皇紀に加えて、西暦も使用されるようになりました。

 

【昭和時代】

第二次世界大戦後の皇室典範の改正によって、元号の法的な根拠は消失しました。しかし、「昭和」の元号は広く使用され続けました。

1950年には、元号の廃止が参議院で議題として上がりましたが、この年に朝鮮戦争が勃発すると元号の廃止問題は棚上げされました。

その後、論争を経て1979年に元号法が制定された。これによって、一世一元の制が維持されるとともに、再び元号の法的根拠が生まれました。

以下に、元号法の条文を挙げておきます。これは、日本の法律のなかで条文がもっとも短いものです。

【元号法】

(昭和五十四年六月十二日法律第四十三号)

1  元号は、政令で定める。
2  元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。

   附 則
1  この法律は、公布の日から施行する。
2  昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。

 

 

金閣寺の石清水

 

 

元号の使用について

日本では、元号は元号法によって定義されていて、法的根拠があります。しかし、その使用については基本的に各々の自由です。ですから、私文書などで使用しなくても罰則などはありません。

元号法の制定の際の国会審議では「元号法は、その使用を国民に義務付けるものではない」という政府答弁がありました。

なお、西暦には元号法のような法律などは存在しません。

 

日本以外の国をみると、中華民国(台湾)では民国紀元(みんこくきげん)が現在も使用されています。これは中華民国が成立した1912年を元年とする紀年法で、中華民国暦、国暦といわれるものです。「民国」と略して表わし、元号として扱われることが多くみられます。

また、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では、金日成(キム・イルソン)の生年の1912年を元年とする主体暦(しゅたいれき=チュチェ暦)を採用し、西暦と併用して使用しています。この場合も、固有表記の元号としてとらえることができます。

 

 

 

元号の一覧

それでは、大化から平成までの元号をみていきましょう。時代区分を付していますが、諸説があるので明確に区分けでない時代があることをご了承下さい。

 

時代 西暦 元号 読み方
飛鳥 645~650 大化 たいか
650~654 白雉 はくち
654~686
686 朱鳥 しゅちょう
すちょう
686~701
701~704 大宝 たいほう
だいほう
704~708 慶雲 けいうん
きょううん
708~715 和銅 わどう
奈良 715~717 霊亀 れいき
717~724 養老 ようろう
724~729 神亀 じんき
729~749 天平 てんぴょう
てんびょう
749  天平感宝 てんぴょうかんぽう
749~757 天平勝宝 てんぴょうしょうほう
757~765 天平宝字 てんぴょうほうじ
765~767 天平神護 てんぴょうしんご
767~770 神護景雲 しんごけいうん
770~781 宝亀 ほうき
781~782 天応 てんおう
782~806 延暦 えんりゃく
平安 806~810 大同 だいどう
810~824 弘仁 こうにん
824~834 天長 てんちょう
834~848 承和 じょうわ
しょうわ
848~851 嘉祥  かしょう
かじょう
851~854 仁寿 にんじゅ
854~857 斎衡 さいこう
857~859 天安 てんあん
てんなん
859~877 貞観 じょうがん
877~885 元慶 がんぎょう
げんけい
885~889 仁和 にんな
じんな
889~898 寛平 かんぴょう
かんぺい
898~901 昌泰 しょうたい
901~923 延喜  えんぎ
923~931 延長 えんちょう
931~938 承平 じょうへい
しょうへい
938~947 天慶 てんぎょう
てんきょう
947~957 天暦 てんりゃく
てんれき
957~961 天徳 てんとく
961~964 応和 おうわ
964~968 康保 こうほう
968~970 安和 あんな
あんわ
970~973 天禄 てんろく
973~976 天延 てんえん
976~978 貞元 じょうげん
ていげん
978~983 天元 てんげん
983~985 永観  えいかん
985~987 寛和  かんな
かんわ
987~989 永延 えいえん
ようえん
989~990 永祚 えいそ
990~995 正暦  しょうりゃく
じょうりゃく
995~999 長徳 ちょうとく
999~1004 長保 ちょうほう
1004~1012 寛弘 かんこう
1012~1017 長和 ちょうわ
1017~1021 寛仁 かんにん
1021~1024 治安 じあん
ちあん
1024~1028 万寿 まんじゅ
1028~1037 長元 ちょうげん
1037~1040 長暦 ちょうりゃく
ちょうれき
1040~1044 長久 ちょうきゅう
1044~1046 寛徳 かんとく
1046~1053 永承  えいしょう
えいじょう
1053~1058 天喜 てんぎ
てんき
1058~1065 康平  こうへい
1065~1069 治暦 じりゃく
ちりゃく
1069~1074 延久 えんきゅう
1074~1077 承保 じょうほう
しょうほう
1077~1081 承暦 じょうりゃく
しょうりゃく
1081~1084 永保 えいほう
1084~1087 応徳  おうとく
1087~1094 寛治  かんじ
1094~1096 嘉保 かほう
1096~1097 永長 えいちょう
ようちょう
1097~1099 承徳 じょうとく
しょうとく
1099~1104 康和 こうわ
1104~1106 長治 ちょうじ
1106~1108 嘉承  かじょう
かしょう
1108~1110 天仁 てんにん
1110~1113 天永  てんえい
1113~1118 永久 えいきゅう
1118~1120 元永 げんえい
1120~1124 保安 ほうあん
1124~1126 天治 てんじ
1126~1131 大治 だいじ
たいじ
1131~1132 天承 てんしょう
てんじょう
1132~1135 長承 ちょうしょう
ちょうじょう
1135~1141 保延  ほうえん
1141~1142 永治 えいじ
1142~1144 康治 こうじ
1144~1145 天養 てんよう
1145~1151 久安 きゅうあん
1151~1154 仁平 にんぺい
にんびょう
1154~1156 久寿 きゅうじゅ
1156~1159 保元 ほうげん
1159~1160 平治 へいじ
びょうじ
1160~1161 永暦 えいりゃく
ようりゃく
1161~1163 応保  おうほう
1163~1165 長寛 ちょうかん
1165~1166 永万 えいまん
ようまん
1166~1169 仁安 にんあん
にんなん
1169~1171 嘉応 かおう
1171~1175 承安 じょうあん
しょうあん
1175~1177 安元 あんげん
1177~1181 治承 じしょう
じじょう
1181~1182 養和  ようわ
1182~1184 寿永 じゅえい
1184~1185 元暦 げんりゃく
1185~1190 文治 ぶんじ
もんじ
鎌倉 1190~1199 建久 けんきゅう
1199~1201 正治  しょうじ
1201~1204 建仁 けんにん
1204~1206 元久  げんきゅう
1206~1207 建永 けんえい
1207~1211 承元 じょうげん
しょうげん
1211~1213 建暦 けんりゃく
1213~1219 建保 けんぽう
けんほう
1219~1222 承久 じょうきゅう
しょうきゅう
1222~1224 貞応 じょうおう
ていおう
1224~1225 元仁 げんにん
1225~1227 嘉禄 かろく
1227~1229 安貞 あんてい
1229~1232 寛喜  かんき
1232~1233 貞永 じょうえい
ていえい
1233~1234 天福 てんぷく
てんふく
1234~1235 文暦 ぶんりゃく
もんりゃく
1235~1238 嘉禎 かてい
1238~1239 暦仁 りゃくにん
れきにん
1239~1240 延応 えんおう
えんのう
1240~1243 仁治 にんじ
にんち
1243~1247 寛元 かんげん
1247~1249 宝治 ほうじ
1249~1256 建長 けんちょう
1256~1257 康元 こうげん
1257~1259 正嘉 しょうか
1259~1260 正元 しょうげん
1260~1261 文応 ぶんおう
1261~1264 弘長 こうちょう
1264~1275 文永 ぶんえい
1275~1278 建治 けんじ
1278~1288 弘安 こうあん
1288~1293 正応 しょうおう
1293~1299 永仁 えいにん
1299~1302 正安 しょうあん
1302~1303 乾元  けんげん
1303~1306 嘉元 かげん
1306~1308 徳治 とくじ
1308~1311 延慶 えんきょう
えんぎょう
1311~1312 応長 おうちょう
1312~1317 正和 しょうわ
1317~1319 文保 ぶんぽう
ぶんほう
1319~1321 元応 げんおう
げんのう
1321~1324 元亨 げんこう
1324~1326 正中 しょうちゅう
1326~1329 嘉暦 かりゃく

 

【南朝(大覚寺統:だいかくじとう)の元号】

1329~1331 元徳 げんとく
1331~1334 元弘 げんこう
1334~1336 建武 けんむ
けんぶ
1336~1340 延元 えんげん
1340~1346 興国 こうこく
1346~1370 正平 しょうへい
1370~1372 建徳 けんとく
1372~1375 文中 ぶんちゅう
1375~1381 天授 てんじゅ
1381~1384 弘和 こうわ
1384~1392 元中 げんちゅう

 

【北朝(持明院統:じみょういんとう)の元号】

1329~1332 元徳 げんとく
1332~1334 正慶 しょうきょう
しょうけい
1334~1338 建武 けんむ
けんぶ
1338~1342 暦応 りゃくおう
れきおう
1342~1345 康永 こうえい
1345~1350 貞和 じょうわ
ていわ
1350~1352 観応 かんおう
かんのう
1352~1356 文和 ぶんな
ぶんわ
1356~1361 延文 えんぶん
1361~1362 康安 こうあん
1362~1368 貞治 じょうじ
ていじ
1368~1375 応安 おうあん
1375~1379 永和 えいわ
1379~1381 康暦 こうりゃく
1381~1384 永徳 えいとく
1384~1387 至徳 しとく
1387~1389 嘉慶 かきょう
かけい
1389~1390 康応 こうおう
 1390~ 明徳 めいとく

 

【南北朝統一後の元号】

 室町 1392~1394 明徳 めいとく
1394~1428 応永 おうえい
1428~1429 正長  しょうちょう
1429~1441 永享 えいきょう
1441~1444 嘉吉 かきつ
かきち
1444~1449 文安 ぶんあん
1449~1452 宝徳 ほうとく
1452~1455 享徳 きょうとく
1455~1457 康正 こうしょう
1457~1460 長禄 ちょうろく
1460~1466 寛正 かんしょう
1466~1467 文正 ぶんしょう
もんしょう
1467~1469 応仁 おうにん
1469~1487 文明 ぶんめい
1487~1489 長享 ちょうきょう
1489~1492 延徳 えんとく
1492~1501 明応 めいおう
1501~1504 文亀 ぶんき
1504~1521 永正 えいしょう
1521~1528 大永 だいえい
1528~1532 享禄 きょうろく
1532~1555 天文 てんぶん
1555~1558 弘治 こうじ
1558~1570 永禄 えいろく
1570~1573 元亀 げんき
安土
桃山
1573~1592 天正 てんしょう
1592~1596 文禄 ぶんろく
1596~1615 慶長  けいちょう
きょうちょう
 江戸 1615~1624 元和 げんな
げんわ
 〃 1624~1644 寛永 かんえい
 〃 1644~1648 正保 しょうほう
1648~1652 慶安 けいあん
1652~1655 承応 じょうおう
しょうおう
1655~1658 明暦 めいれき
みょうりゃく
1658~1661 万治 まんじ
1661~1673 寛文 かんぶん
1673~1681 延宝 えんぽう
1681~1684 天和 てんな
1684~1688 貞享 じょうきょう
1688~1704 元禄 げんろく
1704~1711 宝永 ほうえい
1711~1716 正徳 しょうとく
1716~1736 享保 きょうほう
きょうほ
1736~1741 元文 げんぶん
1741~1744 寛保 かんぽう
かんほう
1744~1748 延享 えんきょう
1748~1751 寛延 かんえん
1751~1764 宝暦 ほうれき
ほうりゃく
1764~1772 明和 めいわ
1772~1781 安永  あんえい
1781~1789 天明 てんめい
1789~1801 寛政 かんせい
1801~1804 享和 きょうわ
1804~1818 文化 ぶんか
1818~1830 文政 ぶんせい
1830~1844 天保 てんぽう
てんほう
1844~1848 弘化 こうか
1848~1854 嘉永 かえい
1854~1860 安政 あんせい
1860~1861 万延 まんえん
1861~1864 文久 ぶんきゅう
1864~1865 元治 げんじ
 〃 1865~1868 慶応 けいおう
明治 1868~1912 明治 めいじ
大正 1912~1926 大正 たいしょう
昭和 1926~1989 昭和 しょうわ
平成 1989~ 平成 へいせい

 

 

白鳥庭園の紅葉

 

 

元号の由来

近代の元号の由来について、みていきましょう。

 

【明治】

『易経』の「聖人南面而聴天下、嚮

聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む

 

【大正】

『易経』彖伝・臨卦の「亨以、天之道也」

大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり

 

【昭和】

『書経』尭典の「百姓明、協萬邦」

百姓(ひゃくせい)昭明(しょうめい)にして、萬邦(ばんぽう)を協和(きょうわ)す

 

【平成】

『史記』五帝本紀の「内」、『書経』大禹謨の「地

内平かに外成る、地平かに天成る

 

雪の白鳥庭園

 

 

【関連項目】

⇒ 時代の順番のおさらい

⇒ 歴史上の人物の名前 30

⇒ 天皇誕生日が変わると?

 

スポンサーリンク

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ