スマートフォン解析

母の日っていつですか? 今年は何日? 【2017年版】

ハッピーマンデー制度の祝日もそうですが、私はどうも「○月の第○・○曜日」が苦手です。ですから、母の日は5月の…、父の日は6月の…というように、漠然としたものになってしまいます。

このようなことを考えていたら、以前は母の日の日付が固定されていたことに行き当たりました。

今回は、今年の母の日をしっかりと確認するとともに、母の日の由来などについてみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

2017年の母の日はいつ? 何日?

今年、2017年の母の日は、5月14日(日)です。

毎年、5月の第2日曜日に祝うので、当然のことながら日付は移動します。ちなみに、来年から向こう10年をみてみましょう。

2018年  5/13
2019年  5/12
2020年  5/10
2021年 5/9
2022年 5/8
2023年  5/14
2024年  5/12
2025年  5/11
2026年  5/10
2017年 5/9

母の日 が 5/8・9あたりの年には、ゴールデンウィークに気を取られていると「!!!」となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

母の日の由来

第二次世界大戦までは、皇后の誕生日は「地久節(ちきゅうせつ)」という祝日でした。この名前は、「天地長久(てんちちょうきゅう=ものごとがいつまでも変わらずに続くこと)」という言葉から名づけられたもので、天皇誕生日の「天長節」と対をなすものでした。

そして、1931年(昭和6年)に大日本連合婦人会が結成されるとともに、香淳皇后(こうじゅんこうごう=昭和天皇の皇后)の誕生日である地久節の3月6日が母の日と定められました

この後、1937年(昭和12年)5月8日に「森永母の日大会」が豊島園で開催されました。この大会以降、「母の日」が広まっていきました。

戦後の1948年(昭和23年)7月に、地久節は皇后誕生日へと名称が変更されました。また、この頃からアメリカと同じように5月の第2日曜日を母の日とするようになり、現在に至っています。

[アメリカの母の日の由来]

アメリカの南北戦争中に「Mother’s Work Days(母の仕事の日)」を提唱するなどの活動をした Ann Jarvis さんという女性がいました。
この女性の娘、 Anna Jarvis さんが母をしのんで、 1907年5月12日に母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を開き、人々に白いカーネーションを贈りました。
白いカーネーションは、母の Ann さんが愛していたものでした。
これがアメリカでの母の日の始まりとされていて、一般的にカーネーションなどを贈る習慣が定着していきました。
1914年に「母の日」はアメリカの記念日となり、日付は5月の第2日曜日と定められました。

 

世界の母の日

世界の各国にも母の日があり、起源も様々であると同時に日付も異なります。

しかし、圧倒的に多い日付は、やはり 5月の第2日曜日です。この日を母の日としている国々を挙げてみましょう。

  • アメリカ
  • イタリア
  • ウクライナ
  • ウルグアイ
  • エクアドル
  • オーストラリア
  • カナダ
  • キューバ
  • コロンビア
  • シンガポール
  • スイス
  • 台湾
  • チェコ
  • 中国
  • チリ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • 日本
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • プエルトリコ
  • ブラジル
  • ペルー
  • ベルギー
  • ボツワナ
  • 香港
  • マレーシア
  • 南アフリカ共和国
  • リヒテンシュタイン

 

母の日のプレゼント

TE AMO!
花や物のプレゼントも喜んでもらえるでしょうが、まず一番大切なことは…

 

[関連項目]

⇒ 父の日っていつ?

 

まとめ

  • 今年2017年の母の日は、5月14日(日)です。
  • 日本では1931年(昭和6年)に、地久節の3月6日が母の日と定められました。
  • その後、アメリカにならって5月の第2日曜日を母の日とするようになりました。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ