スマートフォン解析

花筏(ハナイカダ)とは? 意味が2つあるの?

花筏

あなたは、花筏(はないかだ)という言葉を知っていますか?
この言葉は、なんとも日本らしい、そして美しい響きを持っていますね。
耳にしただけでも情景が浮かんでくるかのような、とても素晴らしい言葉です。

そして、花筏にはもう一つ別の「ハナイカダ」というものがあります。

今回は、それぞれの花筏について、みていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

花筏とは?

 

時が経って、花びらがなくなった水面に寂しさを感じます

花筏の意味

花筏(はないかだ)とは、散った桜の花びらが水面に浮き、それらが連なって流れていく様子のことです。
その花びらの動きを筏(いかだ)に見立てた言葉といわれます。

また、筏に花の枝などを添えたものや、散った花びらが筏にふりかかったものなども、花筏という言葉で表現されます。

 

 

花筏の由来

花筏の由来、語源を調べましたが、決定的なものには行き当たりませんでした。

室町時代の『閑吟集(かんぎしゅう)』という歌謡を集めたものに、次の歌があります。

吉野川の花筏
浮かれてこがれ候(そろ)よの
浮かれてこがれ候よの

この時代には使われていた言葉であることは分かったものの、これ以上は遡ることができませんでした。

スポンサーリンク

 

蒔絵に描かれた花筏

京都の高台寺(こうだいじ=豊臣秀吉の正室・北政所が建立した寺院)の御霊屋(おたまや)には、花筏が描かれた「花筏蒔絵階段」があります。

これは、桃山時代の華麗な蒔絵の象徴ともいえるもので、散りかかった桜の花とともに川を流れる筏が、春の絢爛さを見事に表現しています。

また、この花筏の文様(もんよう)は吉野川の花筏を表現したものであり、吉野は古くから浄土と見立てられていたことから、花筏文様が浄土の象徴であるという見識もあります。

 

 

花筏の文様

花筏の文様は、紋所(もんどころ=家紋)としても用いられています。

様々なものがありますが、いずれも花の折り枝と筏を組み合わせた文様となっています。

 

ハナイカダとは?

 

ハナイカダ(花筏、Helwingia japonica)
ハナイカダ」は、モチノキ目に属する落葉低木の名前、つまり植物名です。
別名を「ヨメノナミダ」といい、葉の上に花が咲き実をつけるのが特徴です。

ハナイカダの名前の由来は花筏であり、花や実が乗った葉を筏に見立てたものといわれています。

また、別名のヨメノナミダの名前の由来は、「嫁ぎ先でつらい思いをした嫁が、人知れず流した涙が葉に落ちたようだ」ということとされています。

 

学術的な細目として植物を表記する場合には、カタカナが使用されます。
また、学術的な文脈での植物の表記にも、カタカナを用いる傾向が強くみられます。
(例) ハナイカダ、ハナミズキ、スズラン、アイリス、アサガオ

 

 

まとめ

  • 花筏とは、散った桜の花びらが水面に浮き、それらが連なって流れていく様子のことを表現する言葉です。
  • ハナイカダとは、葉の上に花が咲き実をつけるのを特徴とする植物の名前です。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »