スマートフォン解析

小林一茶の俳句 100選 -春夏秋冬-

女郎花

小林一茶の俳句からは、とても親しみやすいものを感じます。子供や「かえる」「すずめ」などの小動物を詠んだ句も多く、それらに対する愛情が込められているからでしょうか。松尾芭蕉や与謝蕪村の句とは違った魅力にあふれています。

今回は、小林一茶が残した数多くの俳句の中から、季語による春、夏、秋、冬の俳句をそれぞれ 25ずつ、合計で 100句を選びました。それらを、是非ともゆっくりと味わってみて下さい。

スポンサーリンク

 

目次

小林一茶の春の俳句 25

 

あまり鳴て 石になるなよ 猫の恋

【季語】猫の恋

 

 

鶯や 懐の子も 口をあく

【季語】鶯

 

 

梅が香に 障子ひらけば 月夜かな

【季語】梅

 

 

陽炎に さらさら雨の かかりけり

【季語】陽炎

 

 

門松や ひとりし聞は 夜の雨

【季語】門松

 

 

亀の甲 並べて東風に 吹れけり

【季語】東風(こち)

スポンサーリンク

 

 

蛙鳴き 鶏なき東 しらみけり

【季語】蛙(かわず)

 

 

雀の子 そこのけそこのけ 御馬が通る

【季語】雀の子

 

 

大名を 馬からおろす 桜かな

【季語】桜

 

 

手枕や 蝶は毎日 来てくれる

【季語】蝶

 

 

なの花も 猫の通ひぢ 吹とぢよ

【季語】なの花

【補足】僧正遍照(そうじょうへんじょう)に次の和歌がありますね。

天つ風
雲の通ひ路吹き閉ぢよ
をとめの姿しばしとどめむ

 

 

初午に 無官の狐 鳴にけり

【季語】初午

伏見稲荷大社のお狐様

 

 

初夢に 古郷を見て 涙かな

【季語】初夢

 

 

春風に 箸を掴んで 寝る子かな

【季語】春風

 

 

春雨に 大欠伸する 美人かな

【季語】春雨

【補足】欠伸は「あくび」です。

 

 

春風や 牛に引かれて 善光寺

【季語】春風

 

 

振向ば はや美女過る 柳かな

【季語】柳

 

 

蓬莱に 南無南無といふ 童かな

【季語】蓬莱

【補足】蓬莱(ほうらい)は、お正月の蓬莱飾りのことです。

 

 

やせ蛙 負けるな一茶 ここにあり

【季語】蛙

スポンサーリンク

 

 

夕ざくら けふも昔に 成にけり

【季語】夕ざくら

 

 

夕燕 我には翌の あてはなき

【季語】夕燕

 

 

夕不二に 尻を並べて なく蛙

【季語】蛙

【補足】不二は「富士山」のことです。

 

 

雪とけて 村一ぱいの 子どもかな

【季語】雪とけて

 

 

行春の 町やかさ売 すだれ売

【季語】行く春

 

 

我と来て 遊べや親の ない雀

【季語】雀の子

【補足】推敲する前は「我と来て 遊や親の ない雀」でした。

桜の枝にとまる雀

 

 

小林一茶の夏の俳句 25

 

青梅に 手をかけて寝る 蛙かな

【季語】青梅

 

 

青すだれ 白衣の美人 通ふ見ゆ

【季語】青すだれ

 

 

暑き夜や 子に踏せたる 足のうら

【季語】

 

 

いざいなん 江戸は凉みも むつかしき

【季語】涼み

 

 

うつくしや 雲一つなき 土用空

【季語】土用空

 

 

海の月 扇かぶつて 寝たりけり

【季語】扇

スポンサーリンク

 

 

雷の ごろつく中を 行々し

【季語】雷

 

 

子ども等が 團十郎する 団扇かな

【季語】団扇(うちわ)

 

 

五月雨や 胸につかへる ちちぶ山

【季語】五月雨

 

 

涼しさや 半月うごく 溜り水

【季語】涼しさ

 

 

凉しさや 山から見える 大座敷

【季語】涼しさ

 

 

雀子が ざくざく浴る 甘茶かな

【季語】甘茶

 

 

蝉なくや 我家も石に なるやうに

【季語】蝉

木にとまる蝉

 

 

夏の雲 朝からだるう 見えにけり

【季語】夏の雲

 

 

夏山の 洗ふたやうな 日の出かな

【季語】夏山

 

 

夏山や 一人きげんの 女郎花

【季語】夏山

【補足】女郎花の読みは「おみなえし」です。

 

 

夏の夜に 風呂敷かぶる 旅寝かな

【季語】夏の夜

 

 

寝せつけし 子のせんたくや 夏の月

【季語】夏の月

 

 

芭蕉翁の 臑をかぢつて 夕凉

【季語】夕涼

スポンサーリンク

 

 

短夜や くねり盛の 女郎花

【季語】短夜

 

 

水風呂へ 流し込だる 清水かな

【季語】清水

 

 

やれ打な 蝿が手をすり 足をする

【季語】蠅

【補足】推敲する前は「や打つな 蝿手をす 足する」でした。

 

 

夕されば 蛍の花の かさいかな

【季語】蛍

 

 

夕立や けろりと立し 女郎花

【季語】夕立

 

 

夕月の 友となりぬる 蚊やりかな

【季語】蚊やり

夕月

 

 

小林一茶の秋の俳句 25

 

青空に 指で字を書く 秋の暮

【季語】秋の暮

 

 

秋風や あれも昔の 美少年

【季語】秋風

 

 

秋の夜や 隣を始 しらぬ人

【季語】秋の夜

【補足】松尾芭蕉に次の句があります。

秋深き 隣は何を する人ぞ

 

 

秋の夜や 旅の男の 針仕事

【季語】秋の夜

 

 

朝顔や したたかぬれし 通り雨

【季語】朝顔

 

 

うしろから 秋風吹や もどり足

【季語】秋風

 

 

馬の子の 故郷はなるる 秋の雨

【季語】秋の雨

 

 

送り火や 今に我等も あの通り

【季語】送り火

 

 

さぼてんの 鮫肌見れば 夜寒かな

【季語】夜寒

 

 

たまに来た 古郷の月は 曇りけり

【季語】月

 

 

七夕や 涼しき上に 湯につかる

【季語】七夕

 

 

人並に 畳の上の 月見かな

【季語】月見

中秋の名月

 

 

日の暮の 背中淋しき 紅葉かな

【季語】紅葉

 

 

名月や 家より出て 家に入

【季語】名月

 

 

山は虹 いまだに湖水は 野分かな

【季語】野分

 

 

夕月や 涼がてらの 墓参

【季語】墓参

 

 

名月や 膳に這よる 子があらば

【季語】名月

 

 

名月を とつてくれろと 泣子かな

【季語】月

 

 

はつ雁も 泊るや恋の 軽井沢

【季語】はつ雁

 

 

初茸を 握りつぶして 笑ふ子よ

【季語】

 

 

膝の子や 線香花火に 手をたたく

【季語】線香花火

 

 

鬼灯の 口つきを姉が 指南かな

【季語】鬼灯(ほおずき)

 

 

夕日影 町一ぱいの とんぼかな

【季語】とんぼ

 

 

世につれて 花火の玉も 大きいぞ

【季語】花火

 

 

我星は どこに旅寝や 天の川

【季語】天の川

天の川

 

 

小林一茶の冬の俳句 25

 

霰ちれ くくり枕を 負ふ子ども

【季語】霰(あられ)

 

 

うつくしや 年暮きりし 夜の空

【季語】

 

 

うまそうな 雪がふうはり ふはりかな

【季語】雪

 

 

寒月や 喰つきさうな 鬼瓦

【季語】寒月

 

 

けしからぬ 月夜となりし みぞれかな

【季語】みぞれ

 

 

けろけろと 師走月よの 榎かな

【季語】師走

 

 

木がらしの 吹留りけり 鳩に人

【季語】木がらし

 

 

木がらしや から呼びされし 按摩坊

【季語】木がらし

 

 

これがまあ 終のすみかか 雪五尺

【季語】雪

【補足】五尺は約1.5メートルの相当します。

 

 

来る人が 道つけるなり 門の雪

【季語】雪

 

 

凩や 常灯明の しんかんと

【季語】凩(こがらし)

 

 

さくさくと 氷かみつる 茶漬かな

【季語】

 

 

さはつたら 手も切やせん 冬木立

【季語】冬木立

冬木立

 

 

外は雪 内は煤ふる 栖かな

【季語】雪

【補足】栖の読みは「すみか」です。

 

 

大根引 大根で道を 教へけり

【季語】大根(だいこ)

 

 

ともかくも あなた任せの としの暮

【季語】としの暮

【補足】この句の「あなた」は、神仏と解釈するのが一般的です。

 

 

納豆の 糸引張て 遊びけり

【季語】納豆

 

 

猫の子が ちよいと押へる おち葉かな

【季語】おち葉

 

 

人並に 正月を待つ 灯影かな

【季語】

 

 

はつ雪や それは世にある 人のこと

【季語】はつ雪

 

 

冬の雨 火箸をもして 遊びけり

【季語】冬の雨

 

 

夕やけや 唐紅の 初氷

【季語】初氷

 

 

雪の日や 古郷人も ぶあしらひ

【季語】雪

 

 

湯に入て 我身となるや 年の暮

【季語】年の暮れ

 

 

夜の雪 だまつて通る 人もあり

【季語】雪

夜の雪

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »