スマートフォン解析

寒露とは? どんな意味ですか? 【2016年版】

夕日が沈みそうな秋の夕暮れ

暦やカレンダーで「寒露」という言葉を見かけるようになると、文字が示しているように寒い季節へ向かっていくことになります。

これ以後、暦に出てくる言葉には、「冬」「雪」「寒」といった文字の含まれたものが多くなります。とはいっても、実際には寒くもなく暑くもなく、といった過ごしやすい日もあるのが「寒露」の頃です。

今回は、寒露の意味や関連することなどについて、みていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

寒露とは?

寒露とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つで、「寒露」の読み方は『かんろ』です。

なお、二十四節気については、こちらをご覧ください。

⇒ 二十四節気とは?

また、晩秋から初冬にかけての露(つゆ)自体のことも「寒露(かんろ)」といいます。

 

寒露は二十四節気の一つです。

スポンサーリンク

 

寒露の意味

二十四節気の寒露とは、「露が冷たく感じられるころ」のことをいいます。

なお、『こよみ便覧』には「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と記載されています。

『こよみ便覧』とは、太玄斎(たいげんさい)こと、常陸宍戸藩の第5代藩主・松平頼救(まつだいら よりすけ)の著した暦についての解説書で、天明七年(1787年)に出版されたものです。

 

植物に止まっているトンボ

 

 

2016年の寒露はいつ?

2016年の寒露は、10月8日(土)です。なお寒露の日付は、毎年10月8日頃となります。

寒露を前後の二十四節気と並べてみると、次のようになります。

秋分(しゅうぶん) 9/22 ⇒ 寒露(かんろ) 10/8 ⇒ 霜降(そうこう) 10/23

二十四節気は、期間を表すものとして使われることもあります。その場合は、次の節気の前日までの期間を表わします。

つまり、10/8 ~ 10 /22 の期間を「寒露」ということもあります。

 

この期間(二十四節気)を、さらに3つに分けたものが七十二候(しちじゅうにこう)と呼ばれるものです。

寒露の七十二候

初候:鴻雁来(こうがんきたる)

「雁(かり)が北からやって来るころ」という意味です。

次候:菊花開(きくのはなひらく )

「菊の花が開くころ」という意味です。

末候:蟋蟀在戸( きりぎりすとにあり)

「きりぎりすが戸の近くで鳴くころ」という意味です。

コスモスなどの植物

 

 

秋の日は釣瓶(つるべ)落とし

寒露の頃の夕暮れを表現する場合に、良く用いられるのがこの言葉です。

「釣瓶(つるべ)」とは、井戸から水を汲み上げるための桶(おけ)のことで、井戸の底へと勢いよく落ちていきます。

そして、秋の夕日が沈む速さを、この釣瓶の様子で例えたのが「秋の日の釣瓶落とし」です。

「日が傾いたかと思っている間もなく、あっという間に日が暮れてしまう」という、秋の夕方の風景にふさわしい表現ですね。

秋の日の夕暮れの風景

 

 

まとめ

  • 2016年の寒露は、10月8日(土)です。
  • 寒露は二十四節気の一つで、「露が冷たく感じられるころ」のことをいいます。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ