木枯らし(凩)の俳句 30選 -終秋-

紅葉と青空

木枯らしが吹く頃には寒さも少しずつ強まり、いよいよ冬になるのかという気持ちになります。

そして、目にする風物も色とりどりだった秋のものから、寂しさを感じるような冬のものへと移り変わってゆきます。

このページでは、「木枯らし」「凩(こがらし)」が詠み込まれた俳句の中から 30句を選んでご紹介しています。木枯らしが吹いている光景が目に浮かぶようなこれらの句を、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

木枯らし(凩)の俳句 30

前半に「木枯らし」が詠まれた俳句、後半に「凩」が詠まれたものを集めています。

なお、それぞれ俳句の文字の五十音順に並べてあります。

 

木枯に 押されて我も 人も行く

【作者】阿部みどり女(あべ みどりじょ)

 

木枯に 波のうち合ふ 暗さかな

【作者】青木月斗(あおき げっと)

 

木枯の うち白めゆくや 川の面

【作者】西山泊雲(にしやま はくうん)

【補足】(おも)は「yわべ、表面」の意味です。

 

木枯の 竹山越えて 滝の音

【作者】吉武月二郎(よしたけ つきじろう)

 

木枯や 楠くぐりぬく 濠の水

【作者】横光利一(よこみつ りいち)

【補足】「楠」「濠」の読み方は、それぞれ「くす(=クスノキ:常緑高木の名前)」「ほり」です。

能因法師の雨乞いの楠

 

木枯や すかと芭蕉葉 切りすてん

【作者】渡辺水巴(わたなべ すいは)

 

木枯しや 竹に隠れて しづまりぬ

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

 

木枯や 月いたゞきて 人急ぐ

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

 

木枯や 灯心売の うしろ影

【作者】加藤暁台(かとう きょうたい)

【補足】灯心(とうしん)とは、油皿の火だねの芯のことをいいます。

 

木枯や ひろ野を走る 雲のかげ

【作者】森鴎外(もり おうがい)

スポンサーリンク

 

路地住みの 終生木枯 きくもよし

【作者】鈴木真砂女(すずき まさごじょ)

 

凩と なりぬ蝸牛の 空せ貝

【作者】宝井其角(たからい きかく)

【補足】蝸牛(かぎゅう)とは、カタツムリのことです。「空せ貝」の読み方は「うつせがい」です。

 

凩に あらそふごとし 鐘の声

【作者】高井几董(たかい きとう)

 

凩に 鰒ひつさげて 高足駄

【作者】泉鏡花(いずみ きょうか)

【補足】「鰒」の読み方は「あわび(=鮑)」です。高足駄(たかあしだ)は、歯が高い足駄(=高下駄:たかげた)のことです。

 

凩に しつかりふさぐ 蠣の蓋

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【補足】「蠣」の読み方は「かき(=牡蠣)」です。

牡蠣

 

凩に 何やら一羽 寒げなり

【作者】杉山杉風(すぎやま さんぷう)

 

凩に 匂ひやつけし 返り花

【作者】松尾芭蕉

【補足】返り花とは、本来の季節とは異なって花が咲くことをいい、「帰り花」と表記されることもあります。「忘れ花」「二度咲」「狂い咲」などと同義です。

 

凩に ひろげて白し 小風呂敷

【作者】芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)

 

凩に 星かたまりて 乏しかり

【作者】阿部みどり女

 

凩の あたりどころや こぶ柳

【作者】内藤丈草(ないとう じょうそう)

柳の木と秋空

 

凩の 雨戸たゝくや 夜もすがら

【作者】寺田寅彦(てらだ とらひこ)

【補足】「夜もすがら」とは、「一晩中、夜通し」という意味です。

 

凩の いづこガラスの 割るゝ音

【作者】梶井基次郎(かじい もとじろう)

 

凩の 上に物なき 月夜哉

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

【補足】「哉」の読み方は「かな」で、俳句では詠嘆を表します。

 

凩や 馬に物云ふ 戻り道

【作者】二葉亭四迷(ふたばてい しめい)

 

凩や この頃までは 萩の風

【作者】与謝蕪村(よさ ぶそん)

萩の花

 

凩や 蔀下ろして 山河断つ

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

【補足】(しとみ)とは、日光をよけたり風雨を防ぐための戸のことです。

 

凩の 中に灯りぬ 閻魔堂

【作者】川端茅舎(かわばた ぼうしゃ)

 

凩の はては有けり 海の音

【作者】池西言水(いけにし ごんすい)

 

凩の 吹きゆくうしろ すがたかな

【作者】服部嵐雪(はっとり らんせつ)

 

凩の まがりくねつて 響きけり

【作者】夏目漱石

枯木と冬の空

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 秋の俳句 30選

⇒ 冬の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 松尾芭蕉の俳句 100選

⇒ 与謝蕪村の俳句 100選

⇒ 小林一茶の俳句 100選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ