スマートフォン解析

古語の美しいものを 70集めました

月と五重塔

言葉には、時が流れるとともに変化をして、かつて使われていたのとは違った形、意味合いとなって現代でも使用されているものがあります。また、我々が普段は全く用いることがなくなってしまったものなどもあります。

そして、古い時代に使われていた言葉は「古語(こご)」という表現をされるものですが、それらは日本の伝統を感じさせてくれる、とても魅力的なものです。

今回は、日本の古語のなかでも、美しいと感じられるものを集めてみました。見た目にも美しいもの、語感や響きが美しいもの、表現している内容が美しいものなどを選びましたので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

古語の美しいものについて

  • 現代では使われることがなくなってしまったものを中心に選んでいます。
  • 五十音順に並べてあります。
  • 【読み】には、かつて読まれていたものを表記しました。

スポンサーリンク

 

 

古語の美しいもの 70

 

暁起き

【読み】あかつきおき

夜明け前に起きることをいいました。暁(あかつき)は夜が明ける前の、まだ暗い頃のことです。

 

 

暁月夜

【読み】あかときづくよ/あかつきづくよ

夜が明ける頃になっても空に月が残っていることです。

 

 

優艷

【読み】いうえん

優美で上品なことを表現する言葉です。

 

 

幽玄

【読み】いうげん

優雅で深い味わいもの、奥深い境地を表わします。

 

 

【読み】いなづま

「かみなり」のことです。古くには、稲穂は落雷によって実を結ぶと考えられ、雷(かみなり)を「稲の妻」という意味から稲妻(いなづま)と呼ぶようになったといわれています。

また、「かみなり」の語源は「神鳴り」で、神様が雷を鳴らしていると信じられていたことによります。

 

 

有涯

【読み】うがい

限りがある人の一生のことです。

 

 

枝扇

【読み】えだあふぎ

扇のように使う葉がついている枝のことです。

 

 

枝を交はす

【読み】えだをかはす

男女の愛情が深いことの例えです。

 

 

御家

【読み】おいえ

お屋敷、座敷の意味です。

 

 

偕老同穴

【読み】かいらうどうけつ

夫婦が仲良く連れ添うことをいいます。「偕(とも)に老い、同じ穴(=墓)に入る」の意です。

スポンサーリンク

 

 

香華/香花

【読み】かうげ

仏前に供える香と花のことです。

 

 

九泉

【読み】きうせん

あの世のことで、「深い九重(ここのえ)の地の底」の意です。

 

 

消え惑ふ

【読み】きえまどふ

思い迷うことです。

 

 

乞巧奠

【読み】きかうでん

中国から伝わった行事で、7月7日の夜に織女(おりひめ=織姫)と牽牛(けんぎゅう)が逢うことを祈ったり、裁縫・染織・詩歌などの技能の上達を願いました。

 

 

草の縁

【読み】くさのゆかり

何かの縁でつながるものをいいました。

スポンサーリンク

 

 

草枕

【読み】くさまくら

旅寝や旅そのものを表わす言葉です。

 

 

傾国

【読み】けいこく

美人、美女のことで、傾城(けいせい)ともいいます。

 

 

京師

【読み】けいし

「みやこ」のことです。

 

 

蛍雪

【読み】けいせつ

苦心しながら勉学に励むことで蛍の光や雪の明かりで書物を読んだという故事による言葉です。

 

 

紅粉

【読み】こうふん

紅(べに)と白粉(おしろい)のことです。

紅と白粉をつけた女性のイラスト

 

 

釵子

【読み】さいし

平安時代の宮廷の女官が礼装に用いた飾りかんざしのことです。

 

 

歳旦

【読み】さいたん

元旦のことで、歳旦を祝う句も意味します。

 

 

四時

【読み】しいじ

四季、春夏秋冬のことです。

 

 

紫雲

【読み】しうん

紫色の雲のことで、めでたいことを示すものとされます。

 

 

水石

【読み】すいせき

泉水と庭石のことです。

スポンサーリンク

 

 

末摘花

【読み】すゑつむはな

「べにばな」の別名です。また、『源氏物語』の登場人物の名前です。

 

 

清し女

【読み】すがしめ

清らかな女性のことです。

 

 

星霜

【読み】せいざう/せいさう

年月、歳月のことです。

 

 

逍遥

【読み】せうえう

あちこちを歩き回ること、行楽の意です。

 

 

蘇合香

【読み】そがふかう

香木(こうぼく)の名前です。

金木犀

 

 

退紅/褪紅

【読み】たいこう

薄桃色のことです。

 

 

千歳/千年

【読み】ちとせ

千年、長い年月のことです。

 

 

月頃

【読み】つきごろ

「何ヶ月もの間」の意です。

 

 

手水

【読み】てうづ

顔や手を洗い清めること、またはそのための水のことです。

 

 

手児

【読み】てご

幼い子供のことで、手児奈(てごな)は可愛い少女のことです。

 

 

時交はさず

【読み】ときかはさず

すぐに、ただちにの意です。

 

 

なかなか

いかにも、その通りの意で、狂言や謡曲などで使われる言葉です。

 

 

和膚

【読み】にきはだ

柔らかい肌の意です。

 

 

憎からず

【読み】にくからず

感じが良い、愛嬌があるという意味です。

 

 

脱ぎ滑す

【読み】ぬぎすべす

衣類を方から滑らせるように脱ぐことです。

衣桁にかけた打掛け

 

 

寝おびる

【読み】ねおびる

寝ぼけるの意です。

 

 

音取る

【読み】ねとる

楽器の調子を合わせることです。

 

 

軒の玉水

【読み】のきのたまみず

軒先がらしたたり落ちる雨のしずくを表現する言葉です。

 

 

映え映えし

【読み】はえばえし

華やかにきわだって見えることです。また、「晴れがましい」という意味もあります。

 

 

【読み】ひひな

紙でつくった小さな人形のことで、後には、ひな祭りの人形のことをいうようになりました。

 

 

ふくさなり

ふっくらとして柔らかいことを表わす言葉です。

 

 

福地の園

【読み】ふくちのその

極楽のことです。

 

 

秉燭

【読み】へいしょく

灯火をともすころ、夕方のことをいいます。「灯火を手に持つ」の意です。

 

 

奉加銀

【読み】ほうがぎん

寺社に奉納する金銭のことです。

 

 

申し子

【読み】まうしご

神仏に祈願して授かった子のことです。

平安神宮

 

 

見集む

【読み】みあつむ

数多くのものを見ることをいいます。

 

 

見隠す

【読み】みかくす

見て見ぬふりをすることです。

 

 

三日の夜の餠

【読み】みかのよのもちひ

新婚三日目の夜に、新郎新婦が食べる祝い餅(もち)のことで、
これを食べることが結婚成立の証(あかし)となりました。

 

 

昔覚ゆ

【読み】むかしおぼゆ

昔が忍ばれる、古風な感じがするということです。

 

 

愛し

【読み】めぐし

切ないほど可愛い、いとおしいことを表現する言葉です。また、いたわしい、かわいそうなの意味もあります。

 

 

もがな

「~があればいいなあ」の意味です。

 

 

影向

【読み】やうがう

神仏が仮の姿を現すことです。

 

 

夜行

【読み】やかう/やぎゃう

夜歩き、夜回りのことです。

 

 

八雲

【読み】やくも

幾重にも重なっている雲のこと、また、和歌の別名です。

 

 

雪気

【読み】ゆきげ

雪が降りだしそうな気配のことをいいます。

雪の気配

 

 

雪の玉水

【読み】ゆきのたまみず

木の枝などの雪がとけてしたたり落ちる雫(しずく)のことを表わす言葉です。

 

 

夜さり

【読み】ようさり/よさり

夜、夜になるころ、今夜の意です。

 

 

洛中

【読み】らくちゅう

都の中、特に京都の町の中のことをいいます。

 

 

【読み】らふ

旧暦12月の別名で、臘月ともいいます。

 

 

柳髪

【読み】りうはつ

女性の美しい髪を表現する言葉です。

 

 

瑠璃/琉璃

【読み】るり

ガラスの古い呼び名です。

 

 

蓮華/蓮花

【読み】れんげ

蓮(はす)の花のことです。

 

 

朧朧

【読み】ろうろう

少しかすんでいる様子を表現する言葉です。

 

 

往昔

【読み】わうじゃく/わうせき

遠い昔のことをいいます。

 

 

幼目

【読み】をさなめ

幼児の目、また、幼い頃に見たことをいいます。

折り鶴と金平糖

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »