中島敦の作品 21【一覧】

中国の桂林の風景

中島敦(なかじま あつし)の作品の中では、『山月記』がよく知られているかもしれません。

この作品を収録している国語の教科書は多いため、接したことがある人は相当数になるでしょう。

しかし、芥川賞の候補となる作品も創作しているように、『山月記』以外の小説にも質が高いものが数多く存在します。

このページでは中島敦の小説を 21選んで、執筆されたと考えられる順番に並べました。もし未読で気になるものがありましたら、是非読んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク

中島敦の作品 21

 

斗南先生

[となんせんせい]

作中の「彼(三造)」は中島本人、「伯父(斗南先生)」は中島の伯父がモデルとなった小説です。

収録された作品集の付記には「創作のつもりではなく、一つの私記としてかかれたもの」と記載されています。

 

 

北方行

[ほっぽうこう]

未完成の作品であり、部分的に他の短編小説に使用されています。

本作にも「三造」という人物が登場し、中島の私小説的な存在です。

 

 

かめれおん日記

女学校の教師である「私」が主人公で、中島は実際に教職に就いていた時期がありました。

 

 

虎狩

[とらがり]

一人の友と行った虎狩などの少年時代の思い出、そして十数年後の再会を描いた作品です。

 

 

狼疾記

[ろうしつき]

この作品の主人公も「三造」であり、前出の『北方行』と共通する点がみられます。

中国風の街路灯

 

 

悟浄歎異 -沙門悟浄の手記-

[ごじょうたんに]

中国の伝奇小説『西遊記(さいゆうき)』の沙悟浄(さごじょう)を主人公とした作品です。

 

 

光と風と夢

『宝島』『ジキル博士とハイド氏』などで知られる小説家・スティーブンソンの、南国サモアにおける晩年を描いた長編小説です。

この作品は第15回・芥川賞の候補になりましたが、受賞には至りませんでした。

 

 

山月記

[さんげつき]

多くの国語の教科書に収録されている作品で、中島の代表作的な存在となっています。

⇒ 山月記のあらすじ 3パターン

 

 

狐憑

[きつねつき]

はるか昔の、湖上で生活する部落を舞台とした作品です。

 

 

木乃伊

[みいら]

エジプト侵攻中のペルシアの武将を主人公とした作品です。

スポンサーリンク

 

文字禍

[もじか]

紀元前のアッシリヤを舞台とした小説です。

なお、『山月記』『文字禍』の 2作品が「古譚(こたん=古い話の意)」と題して文芸誌『文学界』に掲載されました。

 

 

悟浄出世

[ごじょうしゅっせ]

悟浄歎異と同様に、『西遊記』の沙悟浄を主人公とした作品です。

 

 

幸福

『幸福』『夫婦』『雞』の三篇は「南島譚」と題されています。

(また、他の作品も収録した単行本のタイトルも「南島譚」です)

 

 

夫婦

 

 

[とり]

パラオの風景

 

 

盈虚

[えいきょ]

紀元前の中国・衛(えい)を舞台とした作品です。

 

 

牛人

[ぎゅうじん]

この作品も、紀元前の中国・魯(ろ)が舞台となっています。

 

 

妖氛録 

[ようふんろく]

紀元前の中国・陳の絶世の美女である夏姫(かき)をめぐる物語です。

 

 

弟子

[ていし]

孔子(こうし、弟子たちとの語録をまとめたのが『論語(ろんご)』)の門弟・子路(しろ)を主人公とした作品で、舞台は前述の「牛人」と同時代です。

 

 

李陵

[りりょう]

紀元前の中国・前漢(ぜんかん)の李陵(りりょう:将軍)を主人公とした作品です。

中国の庭園

 

 

名人伝

[めいじんでん]

紀元前の中国・趙(ちょう)が舞台で、天下第一の弓の名人になろうとした男の物語です。

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ