スマートフォン解析

『間違った日本語!』と言われないためのチェック 20

あいうえおの表

日本語の慣用句やことわざの中には、初めて目にしたときに意味がわからないものがありますね。それを辞書などで一つ一つ調べればよいのですが、面倒なときは「おそらく、こういった意味だろう」といった想像で済ませてしまうことがあります。

その想像が正しければ良いのですが、間違っていた場合は正反対の意味で覚えてしまうこともあります。その結果、後で正しい意味がわかったときに恥ずかしい思いをすることもあります。また、いつまでも誤りに気がつかないでいる言葉もあるかもしれません。

今回は、「間違った日本語」として取り上げられることも多い慣用句やことわざを集めてみました。是非、これらをチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

『間違った日本語!』と言われないために

間違った意味で使われやすい日本語の慣用句、ことわざ等を取り上げています。
五十音順に並べました。
「○」は正しい意味、「×」は誤った意味を示しています。

 

うがった

○ 物事の本質をとらえたような

× 疑ってかかるような

[補足]「穴をあける、掘る」という意味の『穿つ(うがつ)』から派生した言葉です。

 

 

確信犯

○ 確信を動機として行われる犯罪、犯罪者

× 悪いと知っていながら犯す罪、人

[補足]正しいと信じているので、本人に悪いことという意識はありません。

 

 

閑話休題

○ それはさておき、さて(話を本題に戻すと)…

× 話は変わって、余談になるが…

[補足]閑話は「むだばなし」という意味です。

 

スポンサーリンク

 

 

気が置けない

○ 気を使わない、打ち解けることができる

× 気を使ってしまう、打ち解けられない

[補足]本来は「気が置ける=気がかりで打ち解けられない」で使われた言葉です。

 

 

姑息

○ 一時的な間に合わせ、その場逃れ

× 卑怯、ずるい

[補足]どちらの意味でも文意が似たものになるので、とても紛らわしいものがあります。

 

 

さわり

○ 話の聞かせどころ

× 話の始めの部分

 

 

潮時

○ 物事をするのに一番良い時期、チャンス

× やめどき、引き際

 

 

敷居が高い

○ 不義理などをしていて、その人の家に入りにくい

× レベルが高い、ハードルが高い、自分には合わない(上品すぎる、高級すぎるなど)

 

上がり框

 

 

失笑

○ 思わず笑ってしまう

× 笑いが起きないくらいあきれる、見下した態度で笑う、冷笑

 

 

知恵熱

○ 子供が知恵づくころに出す熱で、一日ぐらいで下がるもの

× 頭を使い過ぎたときに出る熱

 

 

陳腐

○ ありふれていて、新しさがないこと

× つまらないこと

 

 

情けは人のためならず

○ 情けは自分のためになる

× 情けをかけると、その人のためにならない

[補足]「他人に対する情けは、いつか自分のところへ戻ってくる」というのが本来の意味です。

 

 

なしくずし

○ 物事を少しずつ済ませていくこと

× 物事があいまいなまま行われること

[補足]本来は、「借金を少しずつ返していくこと」を意味していました。

 

三日月

 

 

煮詰まる

○ もうすぐ結論が出るような状態

× 物事が進まない、行き詰まる

[補足]結論が出そうにもない長時間の会議の状態を「煮詰まった」というのは誤りになります。

 

 

にやける

○ 男が、女のようになよなよと、変にしゃれていること

× 薄笑いを浮かべること

 

 

爆笑

○ 大勢が大声で笑うこと

× 一人が大声で笑うこと

[補足]「一人で爆笑した」という使い方は間違いです。

 

 

破天荒

○ 今までだれもしなかったことをする様子

× 豪快な、大胆な

 

 

耳障り

○ [使用例]耳障りな話

× [使用例]耳障りの良い音楽

[補足]「聞いていて、気に障ること」が耳障りの本来の意味です。

 

森の中の沢

 

 

役不足

○ 役者の実力に比べて、役がもの足りない

× 大きな役で、役者の力が不足している ⇒ 役者不足を使います

 

 

やぶさかでない

○ ~する努力は惜しまない

× しぶしぶ~する、~するのは気がすすまない

 

 

間違えやすい日本語

今回のチェックで取り上げたもの以外にも、間違えやすい日本語といわれるものは数多くあります。そのうちのいくつかを別項目で調べています。気になるものがありましたら、ご覧になってみてください。

⇒ 「おざなり」と「なおざり」の意味の違いは?

⇒ 「おもむろに」のとはどんな意味?

⇒ 「小春日和」とは?

⇒ 「五月晴れ」とは?

⇒ 「天地無用」の意味に注意!

 

また、漢字の読み方については、こちらをチェックしてみてください。

⇒ 『間違えやすい漢字の読み方チェック 50』

 

スポンサーリンク

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ