スマートフォン解析

新年の俳句 30選 +1 -清新-

日光と山の頂

年が明けて新年を迎えると、とても清々しい気持ちになります。空気も昨日までのものとは違い、入れ替わったかのように思えます。

そして、新年に関したものは、数多くの俳句に詠み込まれてきました。

今回は、新年の俳句といえるようなものを集めてみました。お正月の風景が目に浮かぶような句ばかりですので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

目次

新年の俳句について

新年について詠んだもの、新年にまつわる季語が含まれているものを選び、句の先頭の文字によって五十音順に並べました。

なお、新年に関する季語は「冬」に分類されますが、冬とは別に「新年」の季語とされることもあります。

スポンサーリンク

 

新年の俳句 30選 +1

 

家なしも 江戸の元日 したりけり

【季語】元日

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

 

 

石段を 下るが嬉し 初詣

【季語】初詣

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

【補足】青邨は鉱山学者で、東京大学に工学博士として勤務しながら、俳誌「夏草」を主宰していました。

 

 

奥山や 人こぬ家の 門かざり

【季語】門かざり

【作者】正岡子規(まさおか しき)

 

 

傍らの 子にも初日の さして来ぬ

【季語】初日

【作者】長谷川かな女

スポンサーリンク

 

 

門松の 雪あたたかに 降りにけり

【季語】門松

【作者】岩田涼菟(いわた りょうと)

【補足】江戸時代中期の俳人で、伊勢山田(現在の三重県内の地名)の神職にありました。芭門に入り、後に「伊勢風」の基礎を確立しました。

 

 

門松や おもへば一夜 三十年

【季語】門松

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

 

 

元日の 空青々と 淋しけれ

【季語】元日

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

【補足】絵も得意としていた石鼎の句は、「色彩感覚が豊か」と評されることが多いです。

青空と梅の花

 

元日や はげしき風も いさぎよき

【季語】元日

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

 

 

元日や 晴てすずめの ものがたり

【季語】元日

【作者】服部嵐雪(はっとり らんせつ)

【補足】嵐雪は、若い頃は相当な不良であったといわれています。

 

 

正月や 梅のかはりの 大吹雪

【季語】正月

【作者】小林一茶

 

 

正月の 子供に成て 見たき哉

【季語】正月

【作者】小林一茶

スポンサーリンク

 

 

正月を 月下美人の つめたき葉

【季語】正月

【作者】秋元(あきもと ふじお)

【補足】俳句誌・俳人に対する言論弾圧事件に連座して、不死男は約2年の獄中生活を経験しています。

 

 

新年の ゆめなき夜を かさねけり

【季語】新年

【作者】(いいだ だこつ)

 

 

つく羽を 犬が咥へて 参りけり

【季語】羽(はね)

【作者】小林一茶

 

 

屠蘇重し 軽き朱金の 酒杯に

【季語】屠蘇(とそ)

【作者】日野草城

屠蘇器

 

 

なつかしき 人やあまたに とし明ぬ

【季語】とし明

【作者】服部土芳(はっとり とほう)

【補足】土芳は、松尾芭蕉と同郷・伊賀上野(いがうえの=現在の三重県内の地名)の後輩です。

 

 

日輪は 古びて廻り 年新た

【季語】年新た

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

 

日本が ここに集る 初詣

【季語】初詣

【作者】山口誓子(やまぐち せいし)

 

 

はつそらの たまたま月を のこしけり

【季語】はつそら

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

 

 

初空や 一片の雲 輝きて

【季語】初空

【作者】日野草城

 

 

はつ春の 細き筧を みちびける

【季語】はつ春

【作者】後藤夜半(ごとう やはん)

【補足】夜半の句は、上方らしい情緒があるといわれています。

 

 

初日さす 硯の海に 波もなし

【季語】初日

【作者】正岡子規

日が射す和室

 

 

初日の出 しだいに見ゆる 雲静か

【季語】初日の出

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

 

 

初日まつ 心しづかに たかぶりぬ

【季語】初日

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

【補足】風生は、逓信省(ていしんしょう=郵便、通信を管轄した、かつての中央官庁)に勤務しながら、俳誌「若葉」を主宰していました。

 

 

初詣 小さき宮の 神仏

【季語】初詣

【作者】長谷川かな女

 

 

蓬莱に 南無南無といふ 童哉

【季語】蓬莱

【作者】小林一茶

 

 

蓬莱を 枕上なる 寝覚かな

【季語】蓬莱

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

【補足】喜舟は、夏目漱石門下の俳人・松根東洋城(まつねとうようじょう)に師事しました。

 

 

ゆめもなく 覚めたる軒の 初日かな

【季語】初日

【作者】原 石鼎

 

 

よべの月 美しかりし 年明けぬ

【季語】年明け

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

【補足】立子は、俳人・高浜虚子の次女です。

 

 

若水や 映るものみな 雪景色

【季語】若水

【作者】吉武 月二郎(よしたけ つきじろう)

【補足】月二郎は、1882年(明治15年)に福岡県で生まれた俳人です。

雪景色

 

 

若水や 松のとしくむ 松の影

【季語】若水

【作者】加賀千代女(かがのちよじょ)

【補足】千代女は江戸時代中期の俳人で、残した句は 1700以上といわれています。

 

【関連ページ】

⇒ 冬の俳句 ベスト20

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ