新年・お正月の季語 50の【一覧】と例句

海辺の鳥居と初日の出

俳句の季語の分類には、「春」「夏」「秋」「冬」の他に、「新年」を設けるのが現代では一般的となっています。

この新年に関する季語は数も多く、古くから好まれて俳句に詠み込まれてきました。

このページには、新年やお正月に関する季語とそれらが詠み込まれた俳句を集めました。お正月の雰囲気に満ちたものばかりですので、是非これらをじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

新年、お正月の季語について

破魔矢

新年・お正月にまつわる風物で俳句の季語となっているものを集め、言葉の文字の五十音順に並べました。

また、それぞれの季語が詠まれた句を【例句】として挙げました。季語とともに、それぞれの俳句を味わってみて下さい。

スポンサーリンク

 

新年、お正月の季語 50

 

明の春 / あけのはる

【例句】大雪の もの静けさや 明けの春

【作者】高井几圭(たかい きけい)

 

 

恵方 / えほう

【例句】山々や 恵方の空に たゝなはる

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

 

 

大旦 / おおあした

【例句】大旦 むかし吹きにし 松の風

【作者】上島鬼貫(うえじま おにつら)

 

 

御降り / おさがり

【例句】御降りや 新藁(にいわら)葺(ふ)ける 北の棟

【作者】室生犀星(むろう さいせい)

 

 

鏡餅 / かがみもち

【例句】ふくよかに すわりめでたし 鏡餅

【作者】村上鬼城(むらかみ きじょう)

 

 

書初 / かきぞめ

【例句】書初めの うゐのおくやま けふこえて

【作者】高野素十(たかの すじゅう)

スポンサーリンク

 

 

賀状 / がじょう

【例句】枕辺へ 賀状東西 南北より

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

 

 

門松 / かどまつ

【例句】門松の やゝ傾くを 直し入る

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

 

 

元日 / がんじつ

【例句】元日や 家に譲りの 太刀(たち)佩(は)かん

【作者】向井去来(むかい きょらい)

 

 

元旦 / がんたん

【例句】元旦や いつもの道を 母の家

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

 

 

旧正月 / きゅうしょうがつ

【例句】旧正や 旅をうながす 南の星

【作者】大野林火(おおの りんか)

 

 

食積 / くいつみ

【例句】食積に 覆ひし布も 五日ごろ

【作者】原 石鼎

食積

 

 

三ヶ日 / さんがにち

【例句】一人居や 思ふ事なき 三ヶ日

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

 

 

注連飾り / しめかざり

【例句】注連かけて 耻づることなく 庵(いおり)せり

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

 

 

淑気 / しゅくき

【例句】うまやぢの 旅人影なき 淑気かな

【作者】西島麦南(にしじま ばくなん)

 

 

正月 / しょうがつ

【例句】正月や 烏帽子(えぼし)掛けたる 木工頭(もくのかみ)

【作者】高井几董(たかい きとう)

 

 

雑煮 / ぞうに

【例句】長病の 今年もまゐる 雑煮哉

【作者】正岡子規(まさおか しき) ながやみ かな

 

 

手毬 / てまり

【例句】手毬の子 寝し頃月の 美しく

【作者】阿波野青畝

 

 

年新た / としあらた

【例句】鷲下りて 雪原の年 あらたなり

【作者】山口素堂(やまぐち そどう)

 

 

年玉 / としだま

【例句】年玉を 並べて置くや 枕元

【作者】正岡子規

 

 

屠蘇 / とそ

【例句】次の子も 屠蘇を綺麗に 干すことよ

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

 

 

七草 / ななくさ

【例句】七種や 薺(なずな)すくなの 粥すする

【作者】臼田亜浪(うすだ あろう)

 

 

七日 / なのか

【例句】すずろいでて 松笠ひろふ 七日かな

【作者】渡辺水巴(わたなべ すいは)

 

 

年賀 / ねんが

【例句】ふるさとの 子等に銭やる 年賀かな

【作者】吉武月二郎(よしたけ つきじろう)

手毬と扇子

 

 

年酒 / ねんしゅ

【例句】馬に逢ひ 年酒の酔の 発したり

【作者】秋元不死男(あきもと ふじお)

 

 

羽子板 / はごいた

【例句】羽子板の 重きが嬉し 突かで立つ

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

 

 

初釜 / はつがま

【例句】初釜に 参りて田居(たい)の 雁をきゝぬ

【作者】水原秋桜子(みずはら しゅうおうし)

 

 

初暦 / はつごよみ

【例句】子に来るもの 我にもう来ず 初暦

【作者】加藤楸邨(かとう しゅうそん)

 

 

初芝居 / はつしばい

【例句】茶屋へ行く わたりの雪の 初芝居

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

 

 

初空 / はつぞら

【例句】初空の 一角すでに 凧(たこ)たむろ

【作者】皆吉爽雨(みなよし そうう)

 

 

初旅 / はつたび

【例句】初旅や 蜜柑(みかん)ちりばめ 蜜柑山

【作者】石田波郷(いしだ はきょう)

 

 

初凪 / はつなぎ

【例句】初凪の 濡れたる玉を 拾ふなり

【作者】中村草田男(なかむら くさたお)

 

 

初日記 / はつにっき

【例句】死てふこと 思ひ思はず 初日記 

【作者】富安風生

 

 

初春 / はつはる

【例句】はつ春の 細き筧(かけい)を みちびける

【作者】後藤夜半(ごとう やはん)

 

 

初日 / はつひ

【例句】初日さす 朱雀(すざく)通りの 静かさよ

【作者】河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)

 

 

初富士 / はつふじ

【例句】初富士の 大きかりける 汀(みぎわ)かな

【作者】富安風生

富士山の初日の出

 

 

初詣 / はつもうで

【例句】初詣 風つのるさへ よしと思ふ

【作者】及川 貞(おいかわ てい)

 

 

初夢 / はつゆめ

【例句】初夢の ただしらじらと 覚めてなし

【作者】大野林火

 

 

破魔矢 / はまや

【例句】あだ守る 筑紫(ちくし)の破魔矢 うけに来し

【作者】杉田久女(すぎた ひさじょ)

 

 

福寿草 / ふくじゅそう

【例句】何もなき 床に置きたり 福寿草

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

 

蓬莱 / ほうらい

【例句】蓬莱に きかばや伊勢の 初だより

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

 

 

松飾 / まつかざり

【例句】賑(にぎや)かに 人の出入りや 松飾

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

 

 

松の内 / まつのうち

【例句】更(ふ)けて焼く 餅の匂や 松の内

【作者】日野草城

 

 

繭玉 / まゆだま

【例句】繭玉の 揺るるあしたも あさつても

【作者】後藤夜半

 

 

三日 / みっか

【例句】三日晴れ 日輪海の 空をわたる

【作者】水原秋桜子

【補足】日輪(にちりん)は、太陽の別名です。また、月の別名は「月輪(がちりん)」です。

 

 

餅の花 / もちのはな

【例句】はでやかな 大しだれなる 餅の花

【作者】阿波野青畝

 

 

遣羽子 / やりはご、やりばね

【例句】遣羽子や かはりの羽子を 額髪  

【作者】高浜虚子

 

 

礼者 / れいしゃ

【例句】ひそと来て ひそと去りたる 礼者かな

【作者】久保田万太郎

畳に置かれた風呂敷包み

 

 

若水 / わかみず

【例句】若水や 人の声する 垣の闇

【作者】室生犀星

 

 

笑初 / わらいぞめ

【例句】しづかなる 夫婦暮らしの 笑初

【作者】富安風生

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 新年の俳句 30選

⇒ 新年の和歌 12選

⇒ 新年の短歌 25選

⇒ 冬の俳句 30選

⇒ 花の季語 130とその俳句

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人の【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ