山口素堂の俳句 30選 -蕉風-

青葉に包まれた道

山口素堂(やまぐち そどう)は江戸時代の俳人で、江戸で松尾芭蕉と交流を持ちました。素堂が詠んだ「目には青葉 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)」の句は広く知られています。

このページでは、山口素堂の俳句の中から 30句を選びました。芭蕉に通じるものも感じられる素堂の句を、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

山口素堂の俳句 30

俳句の先頭の文字の五十音順に並べてあります。

なお、素堂は松尾芭蕉と交流がありましたが、年齢は 2歳ほど上です。

 

朝かほハ 其年の垣に 盛哉

【季語・季節】朝かほ(あさがお) - 秋

 

朝虹や あがる雲雀の ちから草

【季語・季節】雲雀(ひばり) - 春

 

うますぎぬ こ ゝろや月の 十三夜

【季語・季節】十三夜 - 秋

 

梅の風 俳諧國に さかむなり

【季語・季節】梅 - 春

 

筬の音 目を道びくや 藪つばき

【季語・季節】藪つばき(藪椿) - 春 筬(おさ)

藪椿の花

 

 

廻廊や 紅葉の燭 鹿の番

【季語・季節】紅葉、鹿 - 秋

 

草と見て 開くふようの 命かな

【季語・季節】ふよう(芙蓉) - 秋

 

河骨や 終にひらかぬ 花盛

【季語・季節】河骨(こうほね) - 夏

 

さびしさを 裸にしけり 須磨の月

【季語・季節】月 - 秋

 

椎の葉に もりこぼしけり 露の月

【季語・季節】露 - 秋

スポンサーリンク

 

竹植る 其日を泣や 村しぐれ

【季語・季節】村しぐれ - 冬

 

谷川に 翡翠と落る 椿かな

【季語・季節】椿(つばき) - 春

 

ちからなく 菊につ ゝまる ばせをかな

【季語・季節】菊、ばせを(芭蕉) - 秋

 

地は遠し 星に宿かれ 夕雲雀

【季語・季節】夕雲雀(ゆうひばり) - 春

 

月九部 あれの ゝ蕎麥よ 花一つ

【季語・季節】蕎麥(そば)の花 - 秋

まだ満ちていない月と夜空

 

 

冬瓜に おもふ事かく 月み哉

【季語・季節】冬瓜(とうぐわ、とうがん)、月み(月見) - 秋

 

初空や ねまきながらに 生れけり

【季語・季節】初空 - 新年

 

はなれじと 昨日の菊を 枕かな

【季語・季節】菊 - 秋

 

春もはや 山吹しろく 萵苣苦し

【季語・季節】山吹、萵苣(ちさ、ちしゃ) - 春

 

晴る夜の 江戸より近し 霧の不二

【季語・季節】霧 - 秋

晴れた日の富士山

 

 

日照年 二百十日の 風を待ツ

【季語・季節】二百十日 - 秋

 

人やしる 冬至の前の とし忘れ

【季語・季節】冬至(とうじ)、とし忘れ - 冬

 

筆始 手に艶つける 梅柳

【季語・季節】筆始(ふではじめ) - 新年

 

ふみもみじ 鬼すむあとの 栗のいが

【季語・季節】もみじ、栗 - 秋

 

水甕を 汲干すまでに 月澄て

【季語・季節】月 - 秋

杯の水に映った月

 

 

村雨に つくらぬ柘植の 若葉かな

【季語・季節】柘植(つげ) - 春

 

めでたさや 星の一夜も 朝顔も

【季語・季節】朝顔 - 秋

 

わすれ艸 もしわすれなば ゆりの花

【季語・季節】ゆり(百合)の花 - 夏

 

われつれて 我影帰る 月夜かな

【季語・季節】月夜 - 秋

 

我舞て 我に見せけり 月夜かげ

【季語・季節】月夜 - 秋

月と影の寺院

 

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 松尾芭蕉の俳句 100選

⇒ 与謝蕪村の俳句 100選

⇒ 小林一茶の俳句 100選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ