スマートフォン解析

霜降(二十四節気)とは?読み方と意味は?【2016年版】

黄色くなりかけた楓の葉

「霜降」という言葉を暦やカレンダーで見かけるのは、秋らしくて気持ちの良い時期ですね。
暑さを感じることもあまりなくなり、朝晩は少し寒さを意識するような時期が「霜降」の頃です。
これから秋も深まっていくのかと思うと、何かしら寂しさを感じたりもします。

今回は、霜降の意味や関連することなどについて、みていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

霜降とは? 読み方は?

霜降とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気* の一つで、「霜降」の読み方は『そうこう』と音読みします。

* 二十四節気については、こちらをご覧ください。
⇒ 二十四節気とは

 

訓読みで『しもふり』と読む場合には、「霜降り」と送り仮名が付き、次のような意味を持ちます。

  1. 霜が降りること(気象現象)
  2. 霜が降りたような模様のこと(例:霜降り肉、霜降り小倉=服地、霜降り造り=食材の調理法)
  3. シモフリマツのこと(五葉松の一品種)

 

霜降の頃の景色には風情がありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

二十四節気の霜降の意味

二十四節気の霜降とは、「霜がおりるころころ」のことをいいます。

なお。『こよみ便覧*』には「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と記載されています。

『こよみ便覧』とは、太玄斎(たいげんさい)こと、常陸宍戸藩の第5代藩主・松平頼救(まつだいら よりすけ)の著した暦についての解説書で、天明七年(1787年)に出版されたものです。

 

霜が付いた木の葉

 

 

2016年の霜降はいつ?

2016年の霜降は、10月23日(日)です。
なお霜降の日付は、毎年10月23日頃となります。

霜降を前後の二十四節気と並べてみると、次のようになります。(2016年度)

寒露(かんろ) 10/8 ⇒ 霜降(そうこう) 10/23 ⇒ 立冬(りっとう) 11/7

二十四節気は、期間を表すものとして使われることもあります。その場合は、次の節気の前日までの期間を表わします。

つまり、10/23 ~ 11 /7 の期間を「霜降」ということもあります。

 

この期間(二十四節気)を、さらに3つに分けたものが七十二候(しちじゅうにこう)と呼ばれるものです。

 

霜降の七十二候

初候:霜始降(しもはじめてふる)
⇒ 「霜が初めて降りるころ」という意味です。

次候:霎時施(こさめときどきほどこす)
⇒ 「小雨が時々降るころ」という意味です。

末候:楓蔦黄( もみじつたきばむ)
⇒ 「もみじや蔦(つた)が黄色くなるころ」という意味です。

 

きれいな黄葉と滝

 

 

まとめ

  • 2016年の霜降は、10月23日(日)です。
  • 霜降は二十四節気の一つで、「霜がおりるころ」のことをいいます。
  • 霜降から立冬までの間に吹く冷たい北風を「木枯らし」といいます。

 

スポンサーリンク

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ