スマートフォン解析

天皇誕生日が変わると、祝日はどうなる?

天皇誕生日は国民の祝日で、平成時代は 12月23日ですね。
この日には、一般参賀(さんが)や伊勢神宮などの天長祭(てんちょうさい)のニュースを目にします。

12月23日は、クリスマスイブイブと呼ばれたりもしますが、本当にありがたい祝日です。
買いそびれていたクリスマスプレゼントを買いに行ったり、クリスマスカードを書いたりできますからね。

では、この天皇誕生日の祝日が変わることはあるのでしょうか。
つまり、遠い将来には祝日でなくなったり、名前が変わったりすることはあるのでしょうか。

まずは、天皇誕生日の由来からみていきましょう。

スポンサーリンク

天皇誕生日の由来

天皇誕生日は、今上天皇(きんじょうてんのう=在位中の天皇)の誕生日を祝う日です。
この「天皇誕生日」という名称は比較的新しいもので、昭和23年(1948年)までは「天長節(てんちょうせつ)」と呼ばれていました。

「天長節」は夏目漱石の小説などに出てきますが、現代ではあまり使う人がいなくなりましたね。

天皇陛下の「天長節」に対し、皇后様の誕生日は「地久節(ちきゅうせつ)」と呼ばれます。
「天地長久(てんちちょうきゅう=ものごとがいつまでも変わらずに続くこと)」という言葉から名づけられました。

それでは、天長節にはどのような由来があるのでしょうか。
みていきましょう。

スポンサーリンク

天長節の由来

天長節の歴史は、かなり古い時代からあるものです。

お隣りの国・中国の唐時代に、玄宗皇帝(げんそうこうてい)の誕生日を「天長節」として祝ったという記録が残っています。
玄宗皇帝(在位 712 ~ 756 年)は、楊貴妃(ようきひ)で有名ですね。

そして日本では、奈良時代の775年に光仁天皇(こうにんてんのう)の天長節を祝ったという記述が残っています。

ですから、天長節は中国から伝わったものが日本でも行われるようになり、後々まで続いているわけですね。

そして、天長節が「天皇誕生日」という名称になったのは、昭和24年(1949年)以降のことです。

それでは次に、天長節・天皇誕生日と祝日の関係をみていきましょう。

天皇誕生日が変わると?

天長節が祝日* となったのは、明治以降のことです。

* 祝日については、こちらをご覧ください
⇒  祝日と祭日の違い

まず、表をご覧ください。

誕生日 法で規定された祝日 名称変更1 名称変更2
明治天皇 9月22日 11月 3日 明治節 文化の日
大正天皇 8月31日 8月31日

10月31日 *

昭和天皇 4月29日 4月29日 昭和の日 みどりの日
今上天皇 12月23日 12月23日

*  大正天皇の場合は、誕生日の 8月31日と、実際に行事が行われる 10月31日の両方が祝日でした。

このように、在位中の天皇の誕生日に合わせて祝日が変わります。
これは、多くの外国の国王誕生日と同じですね。

そして、大正天皇の誕生日は、現在は平日になっていますが、祝日日数は減少していません。

これらのことから、『今後天皇の皇位継承があった場合、先帝の誕生日は名称変更のうえ祝日として存続する』と私は考えています。

天皇誕生日を英語で言うと?

ひとつ気になっていたことがあったので、調べてみました。

天皇誕生日は英語で「the Emperor’s Birthday」といいます。

日本国天皇であれば「Emperor of Japan」です。

ただし、「Tenno」や「Mikado」が使われることもあります。

まとめ

  • 「天皇誕生日」は昭和24年(1949年)以降に用いられるようになった名称で、以前には「天長節」と呼ばれていました。
  • 天長節は中国から伝わったものです。
  • 明治以降、天皇の誕生日の変更があっても、祝日日数は減少していません。
  • 「the Emperor’s Birthday」が天皇誕生日の英訳です。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ