梅雨の俳句 20選 -栗花落-

雨に濡れる緑の葉

梅雨(つゆ)の時期に空模様を見ていると、どうしても気分まで湿りがちになります。

雨の中を出かけるのもおっくうになり、家で過ごすことも多くなってしまいます。しかし、そのようなときにこそ俳句を鑑賞したり創作すると、梅雨を楽しむことができるかもしれません。

今回は、そのような「梅雨の俳句」といえるようなものを集めまてみました。梅雨の時期に美しいもの、日々の過ごし方などが詠まれているものばかりなので、是非ともこれらを鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

 

梅雨の俳句について

雨に濡れる紫陽花の花

 「梅雨の月」「梅雨の入り」「梅雨寒」などの梅雨に関する季語が詠み込まれた句を集めて、先頭の文字の五十音順に並べました。

なお、次のページには「五月雨」の句を集めましたので、よろしければご覧になってみてください。

⇒ 五月雨の俳句 20選

スポンサーリンク

 

梅雨の俳句 20選

 

明らみて 一方暗し 梅雨の空

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】「明らむ」とは、明け方になり空が明るくなることをいいます。

 

 

から入梅の 舟引人も 荷にまけな

【作者】望月宋屋(もちづき そうおく)

【補足】からつゆ(空梅雨)は、梅雨の期間にほとんど雨が降らない場合をいいます。

 

 

黄色とて かくまで黄なる 梅雨の月

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

【補足】「かくまで(斯く迄)」は「これほどまで」の意です。

 

 

樹も草も しづかにて梅雨 はじまりぬ

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

 

 

咲きのぼり 梅雨晴るる日の 花葵

【作者】松本たかし

【補足】花葵(はなあおい)はアオイ科の多年草「タチアオイ(立葵)」の別名です。

タチアオイの花

 

 

睡蓮の 池まづ梅雨に 入りにけり

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

【補足】「睡蓮」の読みは「すいれん」で、蓮とよく似ていますが「立ち葉(水面から立ち上がる葉)」はありません。

 

 

裁ち縫ひの 傍に置く子や 梅雨の入り

【作者】長谷川かな女

【補足】「傍」の読みは「そば」で、「近く」の意です。

 

 

梅雨雲の うぐひす鳴けり こゑひそか

【作者】水原秋櫻子(みずはら しゅうおうし)

 

 

梅雨ぐもり 写経の硯 洗ひけり

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

【補足】「硯」の読みは「すずり」です。

 

 

梅雨籠り して常のことを 常のごと

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

【補足】「梅雨籠り」の読みは「つゆごもり」で、梅雨の長雨の時期に家にこもることをいいます。

スポンサーリンク

 

 

梅雨寒や 尼の肋骨 数うべう

【作者】前田普羅(まえだ ふら) 

【補足】「梅雨寒」の読みは「つゆさむ」です。

 

 

梅雨の海 静かに岩を ぬらしけり

【作者】前田普羅

 

 

梅雨の傘 かたげしうしろ すがたかな

【作者】久保田万太郎

【補足】「かたげる(傾げる)」は「かたむける、かしげる」の意です。

 

 

梅雨晴れや 蜩鳴くと 書く日記

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【補足】「蜩」の読みは「ひぐらし」で、セミの一種です。

 

 

入梅や 墓さむげなる 竹のつゆ

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

竹林

 

 

梅天や 筍竹に ならんとす

【作者】原 石鼎

【補足】「梅天」の読みは「ばいてん」で、梅雨どきの空のことです。「筍」の読みは「たけのこ」です。

 

 

葉がくれて 見ゆる白さや 梅雨の月

【作者】原 石鼎

【補足】「葉隠る(はがくる)」とは「葉の陰(かげ)に隠(かく)れる」ことをいいます。

 

 

人の香の 人を包めり 梅雨暗し

【作者】松本たかし

 

 

ひとりゐて 梅雨をたのしむ 思ひあり

【作者】高橋淡路女

 

 

降る音や 耳もすう成る 梅の雨

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

【補足】一般的に、「すう」は「酸う」で「耳も酸っぱくなる」(梅の実の酸味とかけたもの)と解釈されています。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ