【わびさび】の意味をあらためて考えてみましょう!

わびさびの風景

わびさび、侘び寂びとは何か?

「わび」と「さび」は別のものなのか?
別であれば、それぞれの意味と違いは…

日本で生まれ育ったならば、知っていて当然なのかもしれません。
しかし、説明しようとすると簡単にはいかないのではないでしょうか。

そんな「わびさび」について、考えていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

わびさびとは?

現代では、『わびさび』は一つの言葉のように使われていますね。
しかし、本来は「わび」と「さび」は別の言葉です。
これらは、どちらも日本特有の美意識といえます。

この二つの言葉の意味は、似ている面があります。
ですから、きっちりと「この場合はこちらの言葉」というような区別ができないことも多いのです。
また、時代によって意味合いが少しずつ変わってきた歴史があります。

そのために、現代ではわびさびが一語で使われるようになりました。
よく「わびさびの世界」というような使い方をみかけますよね。

また、日本語が持つ「あいまいさ」も関わってくるので、「わび」と「さび」の境界がはっきりしないのです。

そうはいっても、「なんとなくわかる」というままでは困ってしまいます。

そこで、まずは「さび」の持つ意味から考えていきましょう。

スポンサーリンク

 

さびとは?

さびは、寂、寂び、然びとも表わされます。
一般的な定義としては

閑寂のなかで自然に感じられる、奥深く豊かな美しさ

といったものが多いですね。
これでは少しあいまいなので、2つの具体例をあげましょう。

  1. 古くなった書物を味わい深いものとして見る
    これは、中世に吉田兼好(よしだけんこう)が著わしたとされる「徒然草(つれづれぐさ)」にある記述内容です。
    この頃にはすでに、ものが朽ちたり枯れたりした様子に美を見出す意識がありました。
    そして、この美意識は俳諧(はいかい)、能楽(のうがく=能と狂言)、俳句へと浸透していきました。
  2. 動かさない石の表面に生えたコケを、石の内部から出でくるものと見立てる
    戦前の物理学者、随筆家、俳人である寺田 寅彦(てらだ とらひこ)によれば、「古いものの内側からにじみ出てくるような、外装などに関係しない美しさのこと」ということになります。

つまり、簡単に言ってしまえば、さびとは『古びたものから感じられる美しさ』ということになります。

 

わびとは?

わびは、侘、侘びとも表わされ

貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識

というのが、もともとの意味でした。

侘に関する記述は、「万葉集(まんようしゅう)」の時代からあるとされています。
そして、侘の意識は室町時代の「茶の湯」と結びついて発達し、江戸時代の千利休(せんのりきゅう)や松尾芭蕉(まつおばしょう)によって確立されました。

簡単に言えば、わびとは『不足しているものから感じられる美しさ』ということになります。

明治・大正期の思想家である岡倉天心(おかくらてんしん)の著書「茶の本」の中にある「imperfect(=不完全な、不十分な)」という言葉がをよく表現していると言われています。

 

日本人の美意識

西洋の美意識(びいしき=人が美しいと感じる心のはたらき)は、華やかなもの、対称的なもの、人工的なものがもつ美しさが中心にあります。

これに対して、日本の美意識は自然なもの、朽ち果てゆくものがもつ美しさを基本としてきました。

この美意識をあらわしたのが、「わび」と「さび」という言葉です。

とても日本らしくて深みのあるこの言葉と、その心を大切にしていきたいものです。

 

まとめ

  • 現代では、「わび」と「さび」をひとまとめにした「わびさび」という言葉で語られるようになりました。
  • わびとは『不足しているものから感じられる美しさ』をいいます。
  • さびとは『古びたものから感じられる美しさ』をいいます。
  • わびとさびは日本人がもつ美意識をあらわしています。

 

日本の文化で衣・食・住・生活に関するものを次のページに集めました。是非ご覧になってみて下さい。

⇒ 日本の文化といえば?

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ