有名な俳句 30選 【一覧】

小林一茶の句碑

俳句というものは不思議なもので、気に入っている句は何かの拍子に、ふいに口から出てくることがあります。覚えようとしなくても、いつの間にか頭に入っているような気がします。

今回は、俳句の中でも特に有名な句を集めてみました。これらは、いずれもが「これは知っている!」と言いたくなるようなものばかりです。あらためて、これらから俳句の素晴らしさを味わってみて下さい。

スポンサーリンク

目次

有名な俳句について

  • 一般的に「有名」といわれている句を中心に選びました。
  • 並んでいる順番は、先頭の文字の五十音順です。

 

有名な俳句 30選

 

赤い椿 白い椿と 落ちにけり

【作者】 河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)

【季語】椿-春

【補足】碧梧桐は正岡子規(まさおか しき)から俳句を学びました。

 

 

秋深き 隣は何を する人ぞ

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

【季語】秋深き

【補足】芭蕉は俳聖(はいせい)と称されますが、俳句(発句)よりも連句(俳諧)を好んだといわれています。

 

 

朝顔に つるべとられて もらい水

【作者】加賀千代女(かがのちよじょ)

【季語】朝顔-秋

【補足】千代女には、朝顔について歌った句が多くあります。

あさがほや まだ灯火の 薄明り

朝顔や 宵から見ゆる 花のかず

スポンサーリンク

 

荒海や 佐渡に横とう 天の川

【作者】松尾芭蕉

【季語】天の川-秋

【補足】「横たふ」は「横たわる」の意味です。

 

 

うまさうな 雪がふうはり ふわりかな

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

【季語】雪-冬

【補足】一茶は約22,000もの句を作り、芭蕉(約1,000句)、蕪村(約3,000句)らと比較しても群を抜いています。

 

 

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ

【作者】服部嵐雪(はっとり らんせつ)

【季語】梅-春

【補足】嵐雪は、芭蕉の高弟(こうてい=弟子のなかでも特に優れた者)といわれています。

 

 

柿くえば 鐘が鳴るなり 法隆寺

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【季語】柿-秋

【補足】子規は生涯で20万以上の句を詠みました。

法隆寺

 

 

行水の 捨てどころなし 虫の声

【作者】上島鬼貫(うえじま おにつら)

【季語】虫-秋 (「行水」は夏)

【補足】鬼貫は芭蕉とも交友がありました。

 

 

鶏頭(けいとう)の 十四五本も ありぬべし

【作者】正岡子規

【季語】鶏頭-秋

【補足】鶏頭は、花の形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることから名付けられました。

 

 

これがまあ 終(つい)のすみかか 雪五尺

【作者】小林一茶

【季語】雪-冬

【補足】五尺は約1.5メートルです。

 

 

五月雨を 集めてはやし 最上(もがみ)川

【作者】松尾芭蕉

【季語】五月雨-夏

【補足】五月雨(さみだれ)とは、旧暦の5月頃に降る長雨のことをいいます。

スポンサーリンク

 

さらさらと 竹に音あり 夜の雪

【作者】正岡子規

【季語】雪-冬

 

 

閑(しず)かさや 岩にしみ入る 蝉の声

【作者】松尾芭蕉

【季語】蝉-夏

【補足】この句は、芭蕉が出羽国(でわのくに、現在の山形市)の立石寺(りっしゃくじ)に参詣したときに詠んだもので、『奥の細道』に収録されています。

 

 

しばらくは 花の上なる 月夜かな

【作者】松尾芭蕉

【季語】「花」は春の季語、「月夜」は秋の季語なので、異季の季重なりの句ということができます。

 

 

すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る

【作者】小林一茶

【季語】すずめの子-春

雀

 

 

旅に病(や)んで 夢は枯(か)れ野を かけめぐる

【作者】松尾芭蕉

【季語】枯れ野-冬

【補足】この句は、松尾芭蕉の辞世の句といわれています。

 

 

遠山に 日の当たりたる 枯野かな

【作者】高浜虚子

【季語】枯野-冬

【補足】前出の河東碧梧桐と高浜虚子は「子規門下の双璧」といわれました。

 

 

夏草や つわものどもが 夢の跡

【作者】松尾芭蕉

【季語】夏草-夏

【補足】「つわもの」は、とても強い武士たちのことをいいます。

 

 

菜の花や 月は東に 日は西に

【作者】与謝蕪村(よさ ぶそん)

【季語】菜の花-春

【補足】蕪村は数多くの俳画(絵画)も残しています。

 

 

ねぎ白く 洗ひたてたる 寒さかな

【作者】松尾芭蕉

【季語】ねぎ(葱)-冬

【補足】この句は、美濃の国の本龍寺でつくられたといわれています。

 

 

春の海 ひねもすのたり のたりかな

【作者】与謝蕪村

【季語】春の海

【補足】「ひねもす」は、「終日、一日中」という意味です。

 

 

古池や 蛙(かわず)とびこむ 水の音

【作者】松尾芭蕉

【季語】蛙-春

【補足】俳諧集『庵桜(いおざくら)』には、芭蕉の句として「古池や 蛙飛ンだる 水の音」が収録されています。

池

 

 

名月や 池をめぐりて 夜もすがら

【作者】松尾芭蕉

【季語】名月-秋

【補足】「夜もすがら」は漢字で「終夜」と書き、夜通しを意味します。

 

 

名月を とってくれろと 泣く子かな

【作者】小林一茶

【季語】名月-秋

【補足】「とってくれろ」とは、「とって欲しい」の意です。

 

 

目には青葉 山ほととぎす 初がつお

【作者】山口素堂(やまぐち そどう)

【季語】青葉、山ほととぎす、初がつお-いずれも夏

【補足】素堂は松尾芭蕉と親しい交流がありました。

 

 

やせ蛙(がえる) 負けるな一茶 これにあり

【作者】小林一茶

【季語】蛙-春

【補足】この句は、武蔵の国の竹ノ塚でつくられたといわれています。

 

 

やれ打つな はえが手をする 足をする

【作者】小林一茶

【季語】はえ-夏

【補足】蠅のしぐさを命乞いする姿に見立てた句です。

 

 

夕立や 草葉をつかむ むら雀

【作者】与謝蕪村

【季語】夕立-夏 (「むら雀」は春)

【補足】「むら雀」とは、雀の群れのことをいいます。

 

 

雪とけて 村一ぱいの 子どもかな

【作者】小林一茶

【季語】雪とけて-春

 

 

をととひの へちまの水も 取らざりき

【作者】正岡子規

【季語】へちま-秋

【補足】子規の辞世の句といわれています。

ヘチマ

 


 関 連 ペ ー ジ 


芭蕉、蕪村、一茶の俳句や季節ごとに集めた俳句などは、こちらをご覧になってください。

⇒ 松尾芭蕉の俳句 100選

⇒ 与謝蕪村の俳句 100選

⇒ 小林一茶の俳句 100選

⇒ 春の俳句 ベスト20

⇒ 夏の俳句 ベスト20

⇒ 秋の俳句 ベスト20

⇒ 冬の俳句 ベスト20

⇒ 正岡子規の俳句 100選

⇒ 高浜虚子の俳句 100選

⇒ 面白い俳句 30選

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ