スマートフォン解析

坐骨神経痛の5つの原因と主な症状について

足を怪我した人の人形

「神経痛」という言葉は耳にすることが多いと思いますが、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」となるとどうでしょうか。

聞いたことがない人にとっては、神経痛のなかでも特別なもの、症状が重いものといった印象を受けるかもしれません。

そこで、坐骨神経痛とはどのようなものなのかについて考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

坐骨神経痛とは何か?

私はかなり以前に「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という名前を知ったのですが、長い間これを病名だと思っていました。

しかし、これは病名ではなくて症状の名前です。

つまり、『ヘルニアになって坐骨神経痛が出た』という場合は、「ヘルニア」が病名で「坐骨神経痛」が症状名です。

とはいっても、『坐骨神経痛になった』という言い方は普通に使われています。

ここで「ヘルニア」という名前を出しましたが、坐骨神経痛の原因となるのは、そもそもどのようなものでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

坐骨神経痛の5つの原因

それでは、原因をみていきましょう。

 

椎間板ヘルニア

人の脊椎(せきつい)、つまり背骨は首から腰あたりまで続く約30の骨からできています。

これらの骨と骨の間にあって、クッションの働きをするのが椎間板(ついかんばん)です。

そして、この椎間板が変形して中身の一部が飛び出してしまい、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは腰か首の部分で起こることが多く、腰の場合は腰椎(ようつい)椎間板ヘルニア、首の場合は頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアと呼ばれます。

 

脊柱管狭窄症

背骨の中には神経の束や血管が通っています。

この通り道を脊柱管(せきちゅうかん)といいます。

そして、この脊柱管が狭くなって神経を圧迫するのが脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。

これもヘルニアのように、起こる場所が腰の場合は腰部(ようぶ)脊柱管狭窄症、首の場合は頸部(けいぶ)脊柱管狭窄症と呼び分けられています。

 

変形性腰椎症

腰椎(ようつい)とは、背骨のうち腰の部分にあるものをいいます。

この腰椎が変形してしまったり、正常な位置からズレてしまうと変形性腰椎症になり、神経が圧迫されます。

慢性的な腰の痛みを伴なうのが特徴です。

 

梨状筋症候群

梨状筋(りじょうきん)は、お尻にある筋肉で「深層筋」、「インナーマッスル」といわれるものです。

この筋肉によって神経が圧迫されている状態が梨状筋症候群で、症状として坐骨神経痛があらわれます。

 

脊髄腫瘍

脊髄(せきずい)は、脳から伸びて背骨の中を通る神経の束です。

この脊髄の周辺にできた腫瘍(しゅよう)が坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛の症状が出ます。

坐骨神経は、腰から足まで走っています。

 

ここまで、坐骨神経痛の主な原因を5つみてきました。

これらはすべて、坐骨神経を圧迫していることがわかりますね。

しかし、これら以外にも帯状疱疹(たいじょうほうしん)、糖尿病、アルコール依存症などが原因になることもあるようです。

 

 

坐骨神経痛の主な症状

腰が痛い人の人形

つぎに坐骨神経痛の症状ですが、これらの症状は坐骨神経がある腰から下の部分に起こります。

何といっても多いのは、「痛み」と「しびれ」です。

発生するのはお尻、太ももの後ろ側、ふくらはぎ、すねの外側、足にかけてです。

どこか一部分のこともあれば、腰から下全体に痛みやしびれを感じる人もいます。

痛みの表現も、

・「ピリピリする」
・「ビリビリと電気が通ったような痛み」
・「やけ火箸をあてられたような感覚」
・「ズキンズキンとした激痛」

といったように人それぞれです。

 

これらの痛みやしびれが強くなると

・歩くことが困難となる
・座っているのがつらくなる
・足に力が入らなくて立てない
・足先の感覚がなくなる
・体を動かすだけで痛みが走る

といったことも起きてきます。
ですから、あまり症状が重くならないうちに治さなければなりません。

 

まとめ

○ 「坐骨神経痛」は病名ではなく、症状の名前です。

○ 坐骨神経痛の原因には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、梨状筋症候群、脊髄腫瘍などがあります。

○ 坐骨神経痛の主な症状は痛みとしびれです。

 

スポンサーリンク

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »