スマートフォン解析

6月の俳句 20選 -翠雨-

紫陽花の花

6月で思い浮かぶのは、やはり梅雨でしょうか。そして、雨に濡れた紫陽花の花といったイメージが強いのが6月です。長く続く雨には少し憂鬱な気分にさせられるかもしれませんが… 今回は、そのような 6月の風景を表現している「6月の・・・

北原白秋の短歌 100選

雪景色

「あめあめふれふれ かあさんが… (あめふり)」や「雪のふる夜は たのしいペチカ… (ペチカ)」などの童謡で有名な北原白秋(きたはら はくしゅう)は、 童謡以外の詩、短歌、校歌、新民謡などの分野でも多くの作品を残していま・・・

5月の俳句 20選 -清爽-

菖蒲の花

5月はとても気候がよく、清々しさを感じることも多くなります。若葉、新緑の青々とした風景を目にすると、気持ちも新たなものに入れ替わったような気がします。 今回は、そのような清々しさに満ちた「5月の俳句」といえるようなものを・・・

4月の俳句 20選 -佳景-

夜桜

4月になると気候もよくなり、風景も冬から春へと様変わりしてゆきます。桜の花をはじめとして、心が浮き立つような光景を目にすることも多くなります。 今回は、そのような春らしさに満ちた 4月に関する、「4月の俳句」といえるよう・・・

3月の俳句 20選 -春光-

桃の花

3月の半ばを過ぎると寒さも少し和らいで、わずかながらに暖かさが感じられることもあるようになります。そして、一日ごとに春に向かっているのが実感できます。 今回は、そのような冬から春へと季節が移ってゆく 3月に関した、「3月・・・

京都の和歌 20選 -優艶-

蓮華寺

京都の美しい情景については、和歌の時代から数多く詠まれてきました。そして、現代の私たちがそれらを鑑賞して、かつての京の風物に思いを馳せるのはとても楽しいものです。 今回は、京都の和歌といえるものを集めました。これらはいず・・・

京都の短歌 30選 -優美-

京都の町屋の灯り

古くから京都については、和歌、短歌、俳句に多く詠まれてきました。歴史が感じられる風情にあふれた京都は、日本が誇る美しい場所です。 今回は、京都の短歌といえるようなものを集めました。これらはいずれも京都の魅力にあふれたもの・・・

東京といえば… を36集めました

東京スカイツリーと桜の夜景

東京といえば、あなたは何が思い浮かぶでしょうか。 近年の六本木ヒルズや東京スカイツリーなどに目が向きがちですが、古き江戸の風情がまだ残っているのも東京の魅力です。 今回は、東京といえば必ず名前が挙がってくるものを、由来な・・・

1月の俳句 20選 -厳冬-

雪景色

1月もお正月を過ぎると、一年の内でも最も寒い日々がやって来ます。暦でも小寒や大寒といった文字が目に付くようになります。 今回は、そのような冬の寒さが厳しい 1月に関する、「1月の俳句」といえるようなものを集めました。 1・・・

若山牧水の短歌 100選+1

三保の松原

若山牧水(わかやま ぼくすい)は自然と旅を愛した歌人で、日本の各地に歌碑が残っています。 生涯でおよそ 9000首の歌を詠んだといわれていますが、寂しさを感じさせるものが多いように私は感じています。 今回は、牧水の短歌の・・・

面白い苗字だけど読めない… というものを180コ集めました

国語辞典

苗字(みょうじ)というものは、読み方を知らないと全く読めないことがあります。 また、漢字を手掛かりに読みを予想しても、全く違った読み方をしていることもあります。 今回は、珍しい、面白い苗字であっても読めないようなものを集・・・

山月記の【あらすじ】3パターンと作者について

山と月

『山月記(さんげつき)』は中島敦(なかじま あつし)の短編小説ですが、これを収録している国語の教科書も多いため、かなり広く知られているといえるでしょう。 とても印象的な小説で、「隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして・・・

時代の順番をおさらいしてみませんか?

京都の街並みと五重塔

日本の時代の流れは、お隣の中国に比べれば複雑とはいえないかもしれません。それでも、多少ややこしいと感じるところもあります。私の場合は、どうしても室町時代あたりの政権の移り変わりが苦手です。 今回は、日本の時代の流れと順番・・・

和歌で有名なのは? 【ベスト15首】

牛車

和歌に初めて接するのは、百人一首が多いでしょうか。あるいは、中学・高校の授業を通してかもしれません。しかし、百人一首を無理やり暗記しようとしたり、古典として品詞分解したりしようとすると、和歌本来の素晴らしさから遠ざかって・・・

有名な俳句 30選 【一覧】

小林一茶の句碑

俳句というものは不思議なもので、気に入っている句は何かの拍子に、ふいに口から出てくることがあります。覚えようとしなくても、いつの間にか頭に入っているような気がします。 今回は、俳句の中でも特に有名な句を集めてみました。こ・・・

日本の四季について、あらためて考えてみました

桜の花吹雪

日本には四季があります。そして、「春」「夏」「秋」「冬」のそれぞれが美しい自然の景色を楽しませてくれます。四季の移り変わりを感じながら日を過ごしていると、日本で暮らすことの喜びを覚えます。 今回は、あらためて日本の四季に・・・

美しい日本語の単語 20

丸窓から見える秋の景色

日本語には、とても美しい言葉が数多くあります。それらは、四季に恵まれた自然をもつ日本ならではのものといえるでしょう。 今回は、美しい自然の景色が思い浮かぶようなものを中心に、「美しい日本語の単語」を集めてみましました。五・・・

日本の迷信 50 +1 【一覧】

光の道

迷信というものは、子供にとっては恐ろしいものも多く、意味が良く分からないながらも信じる傾向があります。そのせいか、大人になってから信じなくなっていても、迷信の行動をするときには思い出されたりします。 今回は、日本で迷信と・・・

枯山水とは? どんな意味を持っているのですか?

枯山水

枯山水には不思議な魅力がありますね。枯山水セット、枯山水キットというものが発売されていますし、「枯山水」という名前の国産のボードゲームもヒットしました。国内に留まらず外国人観光客にも人気がありますし、世界の造園家からも注・・・

三大随筆【枕草子、方丈記、徒然草】の冒頭を覚えていますか?

下鴨神社の紅葉

評論や小説などは、読み始める前に少し構えてしまうようなところがあります。それに比べて、随筆、エッセイとなると気楽に接することができます。そして、日本文学には「三大随筆(集)」といわれるものがありますね。 今回は、この三大・・・

間違えやすい漢字の読み方チェック 50

「漢字」の筆文字

漢字の読み方を間違えて覚えてしまうと、あとで厄介なことになりますね。機会があってそれが間違いだとわかっても、長い間に慣れてしまっているので、何か信じられないような気がしてしまいます。 自分が知らない漢字に出会ったときに、・・・

七福神の名前を全部言えますか? 意味と由来はわかりますか?

宝船に乗った七福神

宝船に乗った七福神(しちふくじん)は、いかにも縁起物といった感じがいいですね。しかし、名前を挙げてみると、あと一人、二人が出てこなかったりします。また、顔と名前の一致となると、お年寄り二人の区別が難しかったりします。さら・・・

五節句の意味、由来、食べ物とは何かわかりますか?

五節句

  五節句とは何かと聞かれたら、あなたは5つをすぐに答えられますか? 私は桃の節句と端午の節句の2つしか答えられませんでした。 雛(ひな)人形の雛祭り、五月人形の子供の日というのは簡単に思いつきますが、残りが首・・・

雑節とは? 【2017年版】【一覧表】

雑節

  節分や彼岸はよく耳にしますし、馴染みの深いものです。また、土用や八十八夜なども、暦をみると記載があるので広く知られているかと思います。 しかし、社日や半夏生となると、どうでしょうか。私は、長いこと知りません・・・

七十二候の意味とは【2016年版】【一覧表】

七十二候

  暦に書かれている「立春」、「夏至」、「秋分」などの二十四節気(にじゅうしせっき)はご存知の方も多いかと思いますが、七十二候(しちじゅうにこう)となるとどうでしょうか。 私は全く知らなかったので調べたりしたの・・・

仏教と神道についてまとめてみました

仏教と神道

  日本で信仰者が多いのは、仏教と神道の2つの宗教ですね。 特別に熱心な信仰心が無くても、お寺や神社との関わりは少なからずあるのではないでしょうか。   私の場合は、初詣をはじめとして祈願があれば神社・・・

六曜の読み方、意味、順番を3分で理解しましょう

三三九度を行なう新婦

あなたは大安、友引、仏滅などを気にしていますか? 私は、あまり気にしないようにしていますが、どうしてもカレンダーで確認してしまうことがあります。 今はパソコンやスマホでスケジュール管理も行える時代なので、カレンダーを購入・・・

二十四節気の意味とは? 【2016年版】 【一覧表】

二十四節気

  カレンダーや暦で、読み方に迷ってしまうような言葉をみかけることはありませんか? ご存知のかたも多いでしょうが、『二十四節気(にじゅうしせっき)』というものがあります。私は、これがあまり読めませんでした。 た・・・

厄払いって、いつするものですか? 【2017年版】

神社

厄払い(やくばらい)というものがありますが、はたしてどれくらいの人が行なっているのでしょうか。 厄年(やくどし)に厄払いするのは知っていても、それが何歳と何歳だったか自信がありません。 また、一年の内でいつまでに行くべき・・・

鏡開きとは? 【2017年版】

鏡開き

新しい年を迎えて 10日もたつと、お正月気分もかなり抜けてきます。そして、そのころに行なうのが鏡開き(かがみびらき)の行事です。 [2017年の鏡開きは 1月11日(水) です。] この行事が終わると、お正月も完全に終わ・・・

祝日と祭日の違いをハッキリさせたい!

お赤飯

カレンダーを見ていると「次の祝日は…」とか、「今年の祝祭日の日数は…」とか考えたりしますよね。 日本の『休み』に関する言葉には、「祝日」のほかにも「祭日」、「祝祭日」、「振替休日」、「国民の休日」などいろいろあります。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »