Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「俳句・季語」の記事一覧

秋澄むの俳句 20選 -あきすむ-

秋空と紅葉

秋らしい気配の中で、大空が澄みきった感じを「秋澄む」という言葉で表現することがあります。 この「秋澄む」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「秋澄む」が詠まれた俳句を多く集・・・

星月夜の俳句 50選 -ほしづきよ-

夜空いっぱいに星が輝いて、月夜のように明るい夜のことを星月夜(ほしづきよ)といいます。 この「星月夜」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「星月夜」が詠まれた俳句を多く集め・・・

木槿の俳句 30選 -むくげ-

ピンク色の木槿の花

秋の初めの頃から見かける木槿は、美しいながらも静かさが感じられる花です。 この「木槿」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「木槿」が詠まれた俳句を多く集めました。落ち着いた・・・

桔梗の俳句 30選 -ききょう-

青紫色の桔梗の花

秋の七草の一つである桔梗は、清らかで楚々とした雰囲気に満ちた花です。 この「桔梗」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、桔梗が詠まれた俳句を多く集めました。桔梗の花がある秋の・・・

萩の俳句 30選 -はぎ-

紫色の萩の花

萩の細かい花がつらなって、秋の風に揺れている様子にはとても風情があります。 そして、「萩」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、萩が詠まれた俳句を多く集めました。秋らしい雰囲・・・

晩夏の俳句 30選 -ばんか-

晩夏の川

夏も終わりに近づいてくると、きびしい暑さの中にも、なにかしら衰えといったようなものが感じられます。 このような時期を「晩夏」と呼びますが、これは俳句において夏の季語でもあり、多くの作品にも詠み込まれてきました。 このペー・・・

「桜散る」「散る桜」「花散る」「散る花」の俳句 30選 -さくらちる、ちるさくら、はなちる、ちるはな-

手水鉢に散った桜の花びら

花見で満開の桜の花を観賞するのは楽しいものですが、時が経って花が風に吹かれて散ってゆく姿にも心惹かれるものがあります。 そして、「桜散る」「散る桜」「花散る」「散る花」などは俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み・・・

葡萄の俳句 30選 -ふどう-

笊の上の葡萄

葡萄はとても爽やかな果物で、秋という季節を強く感じさせてくれます。 そして、「葡萄」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、葡萄が詠まれた俳句を多く集めました。秋の雰囲気に満ち・・・

ソーダ水の俳句 20選 - そーだすい -

緑色のソーダ水

真夏の暑い盛りに飲むソーダ水は、その鮮やかな色と爽やかな味覚から、私たちに清涼感を与えてくれます。 そして、「ソーダ水」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「ソーダ水」が詠・・・

夏木立の俳句 30選 -なつこだち-

日が射している木立

夏に木々が繁っている景色は壮観なものであり、これを表現する「夏木立」という言葉があります。 そして、「夏木立」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「夏木立」が詠まれた俳句を・・・

ラムネの俳句 20選 -らむね-

「ラムネ」の氷旗

暑い夏の日に、よく冷えたラムネを飲んで味わう清涼感は格別です。 爽やかな風味、涼しげなガラス瓶、飲んだ後に鳴らせるビー玉の音など、ラムネは夏の風物詩の代表格といえるでしょう。 そして、「ラムネ」は俳句において夏の季語でも・・・

薔薇の俳句 50選 -ばら、そうび、しょうび-

赤い薔薇の花

薔薇の花は、花の美しさ・香りの良さ・品位などから、多くの人に愛されています。 そして、「薔薇」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「薔薇」が詠まれた俳句を多く集めました。美・・・

「氷水」「かき氷」「夏氷」の俳句 50選 -こおりみず、かきごおり、なつごおり-

氷旗

暑い夏の盛りに、かき氷を一口ずつすくって食べて涼しさをとるのは、格別に楽しいものです。 「かき氷」は「氷水」「夏氷」等とも呼ばれ、これらは俳句において夏の季語でもあり、数多くの俳人によって多くの作品に詠み込まれてきました・・・

炎天の俳句 30選 -えんてん-

真夏の太陽

真夏の昼の空で灼けるように照っている太陽や、そのような日が照りつけている日向(ひなた)などを表現するものに、「炎天」という言葉があります。 この「炎天」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 ・・・

「雲の峰」の俳句 50選 -くものみね-

積乱雲と夏の青空

夏になると、峰のような形をした、もくもくとしている積乱雲をよく見かけます。 このような雲は「雲の峰」と表現され、俳句においては夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「雲の峰」が詠まれた俳句・・・

夏木の俳句 30選 -なつき-

大木と青空

夏の白い雲の下で、強い日射しを受けて立っている木には、たくましさを感じることができます。 そして、「夏木」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「夏木」が詠まれた俳句を多く集・・・

雷の俳句 30選 -かみなり、いかづち-

雷の閃光

夏の日に、雨が降り出したかなと思っているうちに、急に大きな雷の音がして驚かされることがあります。 この「雷」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「雷」が詠まれた俳句を多く集・・・

虹の俳句 30選 -にじ-

青空にかかる虹

虹を目にする機会はあまりないので、出会ったときにはその美しさに見とれてしまいますし、いつの間にか消えていってしまうようなはかなさにも長く惹きつけられます。 そして、「虹」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込・・・

苺の俳句 30選 -いちご-

日の光を浴びる苺の実

甘酸っぱい香りと風味を持つ苺は、夏の味覚として、とても人気がある果物です。 そして、「苺」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「苺」が詠まれた俳句を多く集めました。苺の可愛・・・

シクラメンの俳句 30選 -しくらめん-

白とピンク色のシクラメンの花

鉢に植えられたシクラメンを目にすることは多く、様々な色をした花は私たちの目を楽しませてくれます。 そして、「シクラメン」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、シクラメンが詠ま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ