ジャパン(japan)の由来は「ジパング」ですか?

紅白の和傘

「ジャパン」の由来については、マルコ・ポーロの『東方見聞録(とうほうけんぶんろく)』の中の記載が語源であると小学校で習った記憶があります。

しかし、後にこの書物を読んでみて気になったのは、マルコ・ポーロが日本へ来ていないということでした。見聞録というタイトルの通りに、伝え聞いたことにもとづいて日本のことを記述しています。

また、ジャパンの由来が東方見聞録でないとする説もいくつか存在することを知りました。

今回は、これらの説を確認することによって、ジャパンの由来について考えてみることにしましょう。

スポンサーリンク

 

ジャパンの由来

ジャパンの由来については、次のようないくつかの説があります。

 

東方見聞録のジパング

一番有名なのがこの説です。

イタリア(当時はヴェネツィア共和国)の商人マルコ・ポーロが著した『東方見聞録(とうほうけんぶんろく)』に、日本を「黄金の国・ジパング (Zipang、Zipangu)」として紹介しています。

このジパングを語源としてジャパンと変化したというものです。「ジパング」と「ジャパン」の音の響きは似ているので、かなり有力な説といえるでしょう。

「日本国」の中国語(広東語:かんとんご)での発音「ji-pen-quo」がジーベングォ、リーベングォとなるので、これをジパングとしたと考えられます。また中国語でなかったとしても、日本は「ジパング」に近い発音で呼ばれていたのでしょう。

中尊寺金色堂の覆堂

 

16世紀のポルトガル人の表記

これは歴史学者・岡本良知(おかもと よしとも)が唱える説です。

16世紀に東アジアに来航したポルトガル人が、 「日本」の中国語での発音を直接に聞いて記録したものであり、東方見聞録の「ジパング」とは関係がないとするものです。

具体的には以下のものが挙げられています。

  • Jampon- 『東方諸国記』 (トメ・ピレス)
  • Japoes、Japam-『アジア史』 (ジョアン・デ・バロス)
  • Japongos-『マヌエル王代記』 (ダミアン・デ・ゴエス)

スポンサーリンク

 

中国語の発音「Jih-pun」

これはイギリスの軍人、旅行家で東洋学者でもあったヘンリー・ユールの説です。

「日本」の中国語での発音「Jih-pun」が、マレー語での発音「 Japung、Japang 」を経由してヨーロッパへと伝わったというものです。

ヘンリー・ユールは『東方見聞録』の訳注を行なっており、オックスフォード英語辞典の作成に際には、東洋に関する記述にたいして助言をした人物です。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ