スマートフォン解析

間違えやすい漢字の読み方チェック 50

「漢字」の筆文字

漢字の読み方を間違えて覚えてしまうと、あとで厄介なことになりますね。機会があってそれが間違いだとわかっても、長い間に慣れてしまっているので、何か信じられないような気がしてしまいます。

自分が知らない漢字に出会ったときに、きちんと調べたりしないで「たぶんこう読むのだろう」といった想像や思い込みで済ませてしまうと、このようなことが起こりがちです。

今回は、読み方を間違えやすい漢字を集めてみました。是非、これらをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

間違えやすい漢字の読み方

  • 間違えやすい」といわれている漢字を取り上げています。
  • 五十音順に並べてあります。
  • 読み方で正しいものには「○」、誤ったものには「×」、正しくはないが一般に広まっているもの等には「△」を付けています。

スポンサーリンク

 

あり得る

○ ありうる

△ ありえる

 

 

依存心

○ いそんしん

△ いぞんしん

[備考] 正しくは読みが濁りません

 

 

一日の長

○ いちじつのちょう

× いちにちのちょう

 

 

一段落

○ いちだんらく

× ひとだんらく

 

 

有無

○ うむ

× ゆうむ

[備考] ものの有り無しのことです

 

 

壊死

○ えし

× かいし

[備考] 組織や細胞が死ぬことです

 

 

会釈

○ えしゃく

× かいしゃく

[備考] 軽く一礼をすることです

 

 

押印

○ おういん

× おしいん

 

 

大舞台

○ おおぶたい

× だいぶたい

 

 

徐に

○ おもむろに

× じょに

スポンサーリンク

 

 

御中

○ おんちゅう

× ごちゅう、おんなか

 

 

完遂

○ かんすい

× かんつい

 

 

間髪をいれず

○ かんはつをいれず

× かんぱつをいれず

[備考] 正しい読みは濁りません

 

 

帰依

○ きえ

× きい

 

 

気障

○ きざ

× きしょう

[備考] 気取っていることをいいます

 

 

逆鱗

○ げきりん

× ぎゃくりん

 

 

解熱

○ げねつ

× かいねつ

 

 

古文書

○ こもんじょ

× こぶんしょ

 

 

言語道断

○ ごんごどうだん

× げんごどうだん

 

 

建立

○ こんりゅう

× けんりつ

[備考] 寺院や堂塔をたてることです

 

平泉の中尊寺

 

 

流石

○ さすが

× りゅうせき

 

 

早急

○ さっきゅう

× そうきゅう

[備考] 誤って「そうきゅう」と読まれることが多い語句です

 

 

詩歌

○ しいか

× しか

 

 

疾病

○ しっぺい

× しつびょう

 

 

若干

○ じゃっかん

[備考] それほど多くない数量を表わす言葉です

 

 

出生率

○ しゅっしょうりつ

× しゅせいりつ

 

 

遵守

○ じゅんしゅ
× そんしゅ

[備考] 決まりなどをよく守ることを意味します

 

 

順風満帆

○ じゅんぷう まんぱん

× じゅんぷう まんぽ

[備考] 物事が順調にすすむことの例えです

 

 

記す

○ しるす

× きす

 

 

進捗

○ しんちょく

× しんぽ、しんしょう

 

工事中のトレビの泉

 

 

出納

○ すいとう

× しゅつのう

 

 

相殺

○ そうさい

× そうさつ

[備考] 差し引きして帳消しにすることをいいます

 

 

措置

○ そち

× しょち

 

 

乳離れ

○ ちばなれ

× ちちばなれ

 

 

貼付

○ ちょうふ

× はりつけ

[備考] 「貼り付け」と書いた場合は「はりつけ」と読みます

 

 

重複

○ ちょうふく

△ じゅうふく

[備考] 「じゅうふく」という読み方も認知されつつあります

 

 

月極

○ つきぎめ

× げっきょく

[備考] 読み間違えやすい漢字の代表例としても有名ですね

 

 

続柄

○ つづきがら

× ぞくがら

 

 

踏襲

○ とうしゅう

× ふしゅう

[備考] それまでのやり方などを受け継いで、その通りに行なうことをいいます

 

 

柔和

○ にゅうわ

× じゅうわ

[備考] やさしくておだやかな様子を表わす言葉です

 

大黒天の像

 

 

年俸

○ ねんぽう

× ねんぼう

[備考] 「棒」ではなく「俸」の字が使われています

 

 

破綻

○ はたん

× はじょう

[備考] 物事がほころびるように、うまくいかなくなること

 

 

凡例

○ はんれい
×  ぼんれい

 

 

他人事

○ ひとごと

× たにんごと

 

 

発足

○ ほっそく

× はっそく

 

 

未曾有

○ みぞう

× みぞうゆう

[備考] 今まで一度も起こったことがないことを意味します

 

 

結納

○ ゆいのう

× けつのう

 

 

遊説

○ ゆうぜい

× ゆうぜつ

[備考] 意見や主張を説いてまわることをいいます

 

 

漸く

○ ようやく

× しばらく

 

 

礼賛

○ らいさん

× れいさん

 

仏像

 

 

慣用読みとは?

正しい読み方ではないのですが、一般に用いられてきた読み方のことを「慣用読み(かんようよみ)」といいます。

 

 

【関連ページ】

間違えやすい日本語の慣用句、ことわざについても、是非チェックしてみて下さい。

⇒ 『間違った日本語!』と言われないためのチェック 20

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »