スマートフォン解析

お不動さんとは誰のことをいうの?

 

「お不動さん」が不動明王のことだとは何となく知っていたのですが、詳しいことはわかりませんでした。

怖い顔をしていて、赤い炎に包まれているといったイメージしか持っていませんでした。

これは、小さい頃に親戚の家で見た絵の記憶が印象的だったからでしょう。

そこで今回は、お不動さんについて、少し調べておくことにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

お不動さんとは

お不動さんとは、「不動明王(ふどうみょうおう)」の親しみを込めた呼び方です。

また、「不動尊(ふどうそん)」は不動明王の尊称で、「尊」が敬称になります。

仏教の信仰の対象であり、日本では真言宗、天台宗、日蓮宗、禅宗等の多くの宗派で信仰されています。

ではまず、不動明王についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

不動明王とは

不動明王は、サンスクリット語ではアチャラ・ナータ (acala naatha)です。

アチャラは「動くことがない」、ナータは「守護者」の意味があるので、アチャラ・ナータは「揺るぎなき守護者」を意味します。

大日如来(だいにちにょらい)の化身ともいわれ、五大明王の中心となる明王* です。

* 明王(みょうおう)は、密教における尊格及び称号で「真言(しんごん=仏の知恵)を身につけた偉大な人」という理解をされています。

 

不動明王は、無動明王、無動尊とも呼ばれます。

 

 

五大明王とは

不動明王は、多くの明王の中でも中心となる存在で、五大明王の中でも筆頭に挙げられる明王です。

五大明王の他のメンバーは、次の通りです。

  • 降三世(ごうざんぜ )明王
  • 大威徳(だいいとく )明王
  • 軍荼利(ぐんだり)明王
  • 金剛夜叉(こんごうやしゃ)明王

そして、五大明王を描く場合には、不動明王を中心に据えて、東に降三世、西に大威徳、南に軍荼利、北に金剛夜叉の明王をそれぞれ配します。

 

不動明王の姿形

不動明王の基本的なスタイルは、降魔の三鈷剣(さんこけん)と羂索(けんじゃく)を持ち、背後に迦楼羅焔(かるらえん)と呼ばれる炎があります。

三鈷剣は魔を退けるとともに人々の煩悩や因縁を断ち切るためのもの、羂索は悪を縛るとともに煩悩から抜け出せない人々を縛って救い出すための縄です。

また、体の色は青黒い色のものが多く、「どぶ泥の色」ともいわれますが、煩悩の泥の中で人々を救済することを表しているといわれています。

髪は怒りによって逆巻いており、法衣は片袖を破って結んでいます。

 

不動明王の像には、八大童子と呼ばれる従者を従えたものもあります。

彫像や絵画に多くみられるのは、八大童子のうち矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制吒迦童子(せいたかどうじ)を従えた三尊の形式で、これは不動三尊像または不動明王二童子像といいます。

 

 

また、他の八大童子の名前は、阿耨達(あのくた)童子、烏倶婆伽(うぐばが)童子、慧喜(えき)童子、慧光(えこう)童子、指徳(しとく)童子、清浄比丘(しょうじょうびく)といいます。

 

 

お不動さんの由来

不動明王は、ヒンドゥー教の最高神であるシヴァ神を起源とするという説が有力です。

日本に伝わったのは、弘法大師・空海が唐から帰国する際に、不動明王の像や絵画を持ち帰ったといわれています。

 

 

お不動さんの縁日

お不動さんの縁日は、毎月28日です。

そして、毎年の1月28日が初不動、12月28日が納め不動(納めの不動)です。

 

 

 

全国のお不動さん

お不動さんのいくつかを紹介します。

 

中野(なかの)不動尊

大正寺(だいしょうじ) / 福島

 

長生(ちょうせい)不動尊

弘行寺(ぐぎょうじ) / 千葉

 

不動ヶ岡(ふどうがおか)不動尊

總願寺(そうがんじ) / 埼玉

 

高山(たかやま)不動尊

常楽院(じょうらくいん) / 埼玉

 

狭山(さやま)不動尊

不動寺 / 埼玉

 

千葉厄除け(ちばやくよけ)不動尊

妙泉寺(みょうせんじ)

 

目黒(めぐろ)不動尊瀧

泉寺(りゅうせんじ) / 東京

 

薬研堀(やげんぼり)不動院

川崎大師平間寺(へいけんじ)・東京別院

 

高幡(たかはた)不動尊

金剛寺(こんごうじ) / 東京

 

飛(とび)不動尊

正寶院(しょうぼういん) / 東京

 

 

まとめ

  • お不動さんとは、不動明王の親しみを込めた呼び方です。
  • 不動明王とは、五大明王の中心となる明王です。
  • 不動明王は、三鈷剣(さんこけん)、羂索(けんじゃく)、迦楼羅焔(かるらえん)を備え持ちます。
  • お不動さんの縁日は毎月28日で、毎年の1月28日が初不動、12月28日が納め不動です。

 

スポンサーリンク

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »