スマートフォン解析

社日とは? 【2017年版】

実った稲穂

社日という文字を初めて暦でみつけたとき、何か気になるものがありました。暦に載っているからには意味があるわけですが、読むことすらできないとなると、ますます気になってしまいます。

そこで、いろいろと調べて内容がわかってみると、自然と深く関わってきた日本らしいものだなと感心しました。

今回は、社日とは何か、その日付はどのようにして決まるのか、どのようなことが行なわれるのかなどについて、みていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

社日とは?

社日(しゃにち)は雑節(ざっせつ)の一つで、春と秋の2回あります。雑節については、こちらをご覧ください。

⇒ 雑節とは?

社日は、産土神(うぶすなかみ、うぶのかみ)様をまつる日です。

この産土神様とは、土地の守り神のことで、その土地に生まれた人間を一生守ってくださる神様です。そして、産土神様への信仰は、産土信仰といわれるものです。

また、社日の「社」とは土の神、土地の守護神を意味しています。

そして、社日には産土神様へ参拝します。

春の社日には五穀(ごこく)の種をお供えし、その年の豊作をお祈りします。春の社日にお酒を飲むと耳が良くなるという言い伝えがあり、これは治聾酒(じろうしゅ)と呼ばれています。

また、秋の社日には農作物の収穫を感謝します。

日本でも古くから行なわれてきた社日ですが、由来は古代中国で行なわれていた儀式にあるといわれています。

これが、日本の地神信仰や田の神信仰と融合して、深く根付くようになったと考えられています。

お社

 

 

社日はいつ?

先に述べたように、社日は一年に2回あります。

春の社日は春分に一番近い(つちのえ)の日で、秋の社日は秋分に一番近い戊の日です。

2017年の社日は、次の日付になります。

社日 春社 秋社
読み方 しゅんしゃ
はるしゃ
はるやしろ
しゅうしゃ
あきしゃ
あきやしろ
日付 3/22 9/18
春分/秋分 3/20 9/23

 

この「戊」とは、次の十種類からなる十干(じっかん)の一つです。十干は、暦や方位を表わすときに用いられます。

十干 音読み 訓読み
こう きのえ
きのと
へい ひのえ
てい ひのと
つちのえ
つちのと
こう かのえ
しん かのと
じん みずのえ
みずのと

ですから次のように、春分や秋分の日が、戊と戊のちょうど中間となるケースが起こりえます。

 ← 春分、秋分が午前
 
 
 
 
春分、秋分
 
 
 
 
 ← 春分、秋分が午後

この場合には、春分や秋分は天文学的に「瞬間」と定められているので、その瞬間が午前か午後かによって、社日の日を決めるのが一般的です。

  • 春分、秋分が午前であれば、社日は春分、秋分のの戊の日
  • 春分、秋分が午後であれば、社日は春分、秋分のの戊の日

また、春分、秋分の瞬間を考慮することなしに、前の戊の日とする決め方もあります。

スポンサーリンク

 

社日祭について

春と秋の社日には、各地の神社などでお祭りが行われます。その中でも、よく知られているものを2つ紹介しておきます。

 

社日まつり(深湯神事)

探湯神事(くがたちしんじ)は、群馬県邑楽(おうら)郡大泉町の社日稲荷神社で行われるものです。

神前に大釜を供えて湯を沸かし、その熱湯を笹の葉で全身に浴びて、神様のご神託を仰ぐというもので、大泉町の重要無形文化財に指定されています。

 

社日祭(お潮井とり)

これは、福岡県福岡市東区の筥崎宮(はこざきぐう)で行われるものです。

筥崎宮本宮の海岸の真砂をお潮井(おしおい)といい、これを竹かごに入れて持ち帰り、身を清めるおはらいに用います。

 

まとめ

  • 社日は雑節の一つで、産土神様をまつる日です。
  • 社日は春と秋の2回あり、それぞれ春分、秋分に一番近い戊の日です。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »