スマートフォン解析

文化の日の由来は「明治節」から

私は子どものころから、祝日というと「こどもの日」と「文化の日」が思い浮かびます。

こどもの日はさておき、なぜか文化の日の印象が強いのです。
11月3日と日付が固定された祝日だから、というだけではない気がします。

今回は、文化の日がもつ意味・由来や、「特異日(とくいび)」についてみていきましょう。

スポンサーリンク

 

文化の日の意味

文化の日は国民の祝日* で、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と定められています。

*祝日については、こちらをご覧ください

⇒ 祝日と祭日

文化の日には、皇居で文化勲章の授与が行われたり、博物館が入館料を無料にしたりと、文化に関わる様々な催し物が開催されますね。

東京の明治神宮では、流鏑馬(やぶさめ)なども見られます。

 

では、11月3日という日には何があったのでしょうか?

この日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法の公布(こうふ=国民に知らせた)日です。
また、その以前には明治節(めいじせつ)という祝日でした。

明治の文明開化という言葉もあるように、明治節と文化の日はイメージに近いものがあります。

しかし、「憲法」と「文化」となると違和感を感じてしまうのは何故でしょう。
やはり、5月3日の憲法記念日があるからでしょうね。
(5月3日は憲法が実施され始めた日です)

そして、11月3日が『文化の日』となるまでには、いろいろなことがあったのです。

スポンサーリンク

 

文化の日の由来・歴史

まず、11月3日がどのような日だったのか、表にしましたのでご覧ください。

西暦(和暦) 祝日の名前
1873(明治6年)

1911年(明治44年)
天長節
(てんちょうせつ)
 
1927年(昭和2年)

1947年(昭和22年)
明治節(めいじせつ)
1948年
文化の日

 

11月3日が初めて祝日になったのは、1873年の天長節* でした。

*天長節の由来については、こちらをご覧ください
⇒ 天皇誕生日~天長節の由来

その後、天長節は一度廃止になりましたが、1927年に明治節という名前で復活しました。

ところが、明治節は1947年に廃止となります。
これは、第二次世界大戦後のGHQの意向によるものです。

その翌年の1948年から、文化の日という祝日になったのです。

 

この1948年の文化の日の制定には、かなり苦労しているのです。

建て前としては「明治節とは直接の関係はない」とされていますが、明治節を残そうという意思が明らかに働いています。

廃止になった祝日の11月3日を、理由なく祝日にすることはできません。
そこで、憲法の公布日を意図的に11月3日にして、この日を憲法記念日にしようとしました。

しかし、ここで再びGHQの圧力がかかりました。
「11月3日は憲法記念日=明治節」と国民に受け取られるのを懸念し、名称変更を要求してきたのです。
憲法 ⇒ 国家、天皇 ⇒ 明治節 という連想されるのを嫌ったわけです。

その結果、文化の日という名前の祝日として制定されました。つまり、11月3日は憲法とも天皇とも関係がない名前が付けられたのです。

しかし、名前は変わっても11月3日は祝日として残っています。
われわれが明治を忘れないで、次の代へ伝えてゆけばよいのです。

 

 

11月3日は特異日

文化の日とは関連がないのですが、調べていて気になったことがあったので紹介します。

それは、11月3日は「晴れの特異日(とくいび)」ということです。

特異日とは、とても高い確率で特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日のことです。
これは、世界的にも認められている考え方です。

いわれてみれば、確かに文化の日のころは気候もよく、私はこの日が雨だった記憶がありません。

原因については、いくつかの仮説はありますが解明されていません。
なかなか面白い現象ですね。

 

 

まとめ

  • 11月3日は、もともとは明治天皇の誕生日を祝う天長節という祝日でした。
  • その後、一度は廃止になったものの、明治節として再び祝日になりました。
  • 現在は、文化の日という祝日です。
  • 11月3日は「晴れの特異日」でもあります。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »