「俳句・季語」の記事一覧

春雨の俳句 30選 -春霖-

雨の雫をためた桜の花

春に降る雨、春雨は「春の風物詩」ともいえるもので、とても風情があります。 「春雨じゃ、濡れてまいろう」という月形半平太の名台詞もあるように、古くから人々にとって春雨は馴染み深いものであり、和歌、短歌、俳句などに好んで取り・・・

夕立の俳句 30選 -白雨-

古い番傘

夏の夕方に、思いもかけずに夕立にあってしまったという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。 しかし、夕立はいつまでも続くものではないという思いもあるので、それを眺めながら雨宿りをするのも、それほど悪いものではないと私・・・

雨の俳句を楽しむためのヒント

雨に濡れて下を向いた花

雨というものは、仕事や学校への行き帰りなどには憂鬱でうっとうしいように感じられます。 その一方で、時間に余裕があるときや手持ち無沙汰なときには、ぼんやりと眺めてしまうようなこともあります。 古くから文学作品においては、風・・・

雪の俳句 30選 -銀花-

蝋梅の花に積もった雪

日本では古くから、人々は自然と寄り添うようにして生活してきました。 その中でも、雪というものは単なる自然現象としてではなく、特別な感慨を持って眺めてきました。そして、文学作品の中にもそれらは表現され続けてきました。 この・・・

桜の俳句 50選 -桜花-

雲のように見える満開の桜

春といえば桜の花が思い浮かぶほど、現代の日本では桜の存在は大きなものです。 そして、桜は多くの俳人によって、数多くの俳句に詠み込まれてきました。また、桜の品種は数百種あるともいわれるほど多いので、俳句のバリエーションも豊・・・

新年・お正月の季語 50の【一覧】と例句

海辺の鳥居と初日の出

俳句の季語の分類には、「春」「夏」「秋」「冬」の他に、「新年」を設けるのが現代では一般的となっています。 この新年に関する季語は数も多く、古くから好まれて俳句に詠み込まれてきました。 このページには、新年やお正月に関する・・・

富士山の俳句 50選 -春夏秋冬-

赤く輝いている富士山

富士山は古くから霊峰(れいほう)とされ、日本の象徴ともいえるものです。 「富士詣で、富士詣り」などでも人々から親しまれ、和歌、短歌、俳句をはじめとして多くの文学作品にも扱われてきました。 このページには、富士山を詠んだ俳・・・

鶯の俳句 30選 -春告鳥-

鶯と梅の花と青空

鶯は「春告鳥(はるつげどり)」という別名があるように、春の訪れを期待する頃から春にかけての風景にふさわしい鳥です。 その独特の鳴き声から日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)の一つに数えられ、古くから愛されてきました。また、・・・

1月の季語 30の【一覧】と例句

果実に積もった雪

何かと忙しい年の暮を越えて迎えるお正月、しかし楽しい時はあっという間に過ぎてしまいます。 1月の暦をみれば「小寒」「大寒」といった文字が目につき、寒さもピークに向かっていきます。 このページでは、そのような季節感に満ちた・・・

2月の季語 30の【一覧】と例句

美しい枝垂れ梅の花

寒さが厳しい 2月の初めには立春を迎えますが、まだ春と呼ぶには早いと感じる日々が続きます。 そんな寒さの中で咲く梅の花、古くからの風習である初午(はつうま)など、2月ならではの風物も多くあります。 このページでは、そのよ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ