「俳句」の記事一覧

七夕の俳句 30選

七夕の笹飾り

七夕の俳句といえるものを集めてみました。これらはいずれも七夕が持つ雰囲気を強く感じさせてくれる素晴らしいものなので、是非ともチェックしてみて下さい。 スポンサーリンク   七夕の俳句について ここでは「七夕」「・・・

飯田蛇笏の俳句 100選 -春夏秋冬-

吐竜の滝

飯田蛇笏の俳句の中から、季語によって分けた春、夏、秋、冬の俳句をそれぞれ 25句ずつ、合計で 100句を選びました。四季ごとの素晴らしさが感じられる句ばかりですので、是非ともこれらをチェックして、味わってみて下さい。 ス・・・

五月雨の俳句 20選 -梅霖-

池に降る雨

五月雨(さみだれ)という言葉には、とても風情を感じさせるものがあります。そして、和歌、短歌、俳句に多く詠み込まれてきました。 今回は、そのような「五月雨の俳句」といえるようなものを集めまてみました。同じ五月雨を詠んだ俳句・・・

有名な俳句 30選 【一覧】

小林一茶の句碑

俳句というものは不思議なもので、気に入っている句は何かの拍子に、ふいに口から出てくることがあります。覚えようとしなくても、いつの間にか頭に入っているような気がします。 今回は、俳句の中でも特に有名な句を集めてみました。こ・・・

夏目漱石の俳句 100選 -春夏秋冬-

愚陀佛庵

夏目漱石の作品では『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』などの小説が有名ですが、愚陀仏(ぐだぶつ)という俳号を持ち多くの俳句も創作しています。 正岡子規との出会いから文学的な影響を受けたと考えられる漱石ですが、子規が「奇想天・・・

奈良の俳句 30選 -典雅-

奈良の吉野山

奈良に関する俳句といえば、私は正岡子規の「柿くへば~」の句が思い浮かびます。 また、奈良という語には、「奈良の都」と呼ばれていた時代に思いを巡らせたくなるような力があるように感じます。 今回は、奈良の俳句といえるものを集・・・

種田山頭火の俳句 100選

山々と青空

自由律俳句(じゆうりつはいく)を代表する俳人といえば、種田山頭火(たねだ さんとうか)の名前がまず挙げられるでしょう。 5 7 5 や季語にとらわれない自由な俳句は、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、読み慣れると癖・・・

12月の俳句 20選+1 -追懐-

除夜の鐘

12月に入ると、いよいよ今年も終わりかという少し寂しいような気持になってきます。 そして、新年を迎える準備などであわただしく過ごしていると、あっという間に大晦日がやって来てしまいます。 今回は、一年の締めくくりとなる 1・・・

11月の俳句 20選 -寂寥-

熊手

このブログには、四季=春・夏・秋・冬、新年、京都などのテーマによって俳句を集めたページがいくつかあります。 そして今回は、秋と冬の季節の変わり目である11月に関して「11月の俳句」といえるようなものを集めてみました。 晩・・・

8月の俳句 20選 -炎暑-

スイカと団扇

8月には暑さも最高潮となり、お盆の頃には少し疲れが感じられることもあります。 しかし下旬にもなると、過ぎ去ってゆく夏を惜しむ気持ちと秋風を待ち望む気持ちが混じって、何とも言えない複雑な心境にもさせられます。 今回は、「8・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ