「俳句」の記事一覧

小林一茶の代表作【10句】と子規の評価 (例句36あり)

上を見上げている雀

小林一茶の俳句は、とてもわかりやすく親しみやすいものが数多くあるので、人々に好まれてきました。 あどけない子供の様子を詠んだものや、「すずめ」「かえる」といった可愛らしい小動物を題材にしたものからは、何とも言えない「あた・・・

風鈴の俳句 25選 -涼風-

鉄製の風鈴

自然に吹く風を利用して風鈴を鳴らせ、それを聞いて涼しさを感じようという知恵は素晴らしいものです。 暑い夏の日に耳にする風鈴の音色は、何ともいえないほど心地良く響きます。 今回は、「風鈴の俳句」と呼ぶにふさわしいものを集め・・・

紫陽花の俳句 25選 -四葩-

薄紫色の紫陽花の花

梅雨の頃に育つ花はあまり多くない中、紫をはじめとして青、白、赤など様々な色の花を鮮やかに咲かせる紫陽花は印象的です。 そして、雨に濡れている紫陽花には特に風情を感じるので、古くから多くの俳句に詠まれてきました。花の色が日・・・

初夏の俳句 20選 -緑風-

青空と緑葉

初夏の頃になると、草木の鮮やかな緑の葉が増えてきています。そして、それらを通り抜けてくる風は爽やかで清々しく、とても心地が良いものです。 このような時期には家にいるよりも、外へ出て風を受けながら歩いてみたくなります。目に・・・

月見の俳句 20選 -風流-

盃の中の月

月見は日本でも古くから行なわれてきたもので、月を眺めて楽しむという何とも風流なものです。 そして、平安時代の貴族たちは池の水面や杯に映った月を見るというように、月を見るといっても空の月を直接見ることはしなかったともいわれ・・・

梅雨の俳句 20選 -栗花落-

雨に濡れる緑の葉

梅雨(つゆ)の時期に空模様を見ていると、どうしても気分まで湿りがちになります。 雨の中を出かけるのもおっくうになり、家で過ごすことも多くなってしまいます。しかし、そのようなときにこそ俳句を鑑賞したり創作すると、梅雨を楽し・・・

正岡子規の代表作 【5句】+【3首】

法隆寺

正岡子規は生涯で 2万を超える俳句をつくりました。その中には、日本の俳句を代表するような作品も含まれています。 また、短歌の創作数は俳句のそれには及びませんが、一読して心に残るようなものも多く残されています。 今回は、そ・・・

有名な俳人 20【リスト】

白河関跡

  江戸時代の俳人   松尾芭蕉 ⇒ 芭蕉の俳句 100選   与謝蕪村 ⇒ 与謝蕪村の俳句 100選   小林一茶 ⇒ 小林一茶の俳句 100選   向井去来 &nbs・・・

恋愛の俳句 20選 -甘美-

紫色の桜草の花

和歌や短歌であれば、恋愛に関して詠まれたものは数多くあります。 では、俳句においてはどうでしょうか。17文字に恋の感情を込めて詠むのは難しいようにも思えます。しかし、探してみると恋愛の句も多く詠まれていることがわかります・・・

正岡子規の俳句 100選 -春夏秋冬-

夜桜

近代以降の俳句において、正岡子規(まさおかしき)が果たした役割はとても大きなものでした。 「写生」に基づいた現実密着型の俳句からは力強さを感じることもできます。その一方で、肺結核によって強いられた闘病生活に関する句からは・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ