「俳句・季語」の記事一覧(2 / 12ページ)

「春惜しむ」の俳句 30選 -惜春-

ハナミズキの花

春という季節は、とても過ごしやすく楽しい時期です。 それだけに、過ぎ去ってゆく春に対しては、惜しむ気持ちが一層強くなります。 このページには、「春惜しむ」が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。去り行く春に対する感慨・・・

春の宵の俳句 30選 -春宵-

桜の大木

日が暮れてからしばらくの間は「宵(よい)」という言葉で表現されます。 そして、特に春の時期の宵には、夜空の月や夜桜などをはじめ、目にするものもが艶やかで美しく感じられます。 このページには、春の宵が詠まれた俳句の中から ・・・

春の月の俳句 50選 -春月-

夜桜と三日月

俳句で単に「月」とした場合は秋の季語となり、他の季節では「春の月」「夏の月」「冬の月」として句に詠み込まれます。 このうち「春の月」に関するものは数も多く、好まれて使われているように感じられます。 このページには、春の月・・・

菫の俳句 30選 -すみれ-

薄紫色の菫の花

菫の花は野や山だけでなく、町中でも見つけることができます。 しかし、それほど丈が高くないので、ややもすれば見過ごしてしまうようなところがあります。 このページには、菫が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。菫の花の可・・・

「風光る」の俳句 50選 -かぜひかる-

風に揺れる白い桜の花

春になると日の光も少しずつ強くなり、まぶしく感じられるようになってきます。 このような時期に吹く風を表現する季語として「風光る」があります。 このページには、「風光る」が詠まれた俳句の中から 50句を選びました。春の晴れ・・・

東風の俳句 30選 -こち-

ピンク色の梅の花と蕾

東風(こち)という言葉を聞くと、菅原道真(すがわらのみちざね)の「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」という和歌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 東風は春先に吹く東方からの風ですが、「春風」・・・

「春の雪」の俳句 30選 -春雪-

雪と桜の木

ようやく春の陽気になってきたと思っている頃に、思いがけず雪が降ることがあります。 そのような時期の雪は降り続くこともあまりなく、いつまでも残っているようなことも少ないので、何かしら「はかなさ」を感じてしまいます。 このペ・・・

春一番の俳句 30選 -はるいちばん-

梅の蕾

冬の厳しい寒さが続く中で、思いがけず暖かさを感じる風が吹くことがあります。 このような風があると、いよいよ春が近づいたことがわかり、私たちはとても嬉しい気持ちになります。 このページには、春一番が詠まれた俳句の中から 3・・・

「春浅し」の俳句 30選 -浅き春-

早春の白い梅の花

ようやく冬が終わって、いよいよ春になったと思っていると、寒さが戻ってくることがあります。 そのような時には、目にする風物も春めいて思えたものが、まだ完全には春のものではなかったのかという気になります。 このページには、「・・・

「冴え返る」の俳句 50選 -さえかえる-

白い梅の花

春になって少しずつ暖かくなり始めた頃に、冬の厳しい寒さが戻ってくることがあります。 このようなときには、目にするものが冴え冴えとしているように感じられます。 「冴え返る」はこの感覚を表現する言葉で、多くの俳句作品にも季語・・・

沈丁花の俳句 30選 -じんちょうげ・ちんちょうげ-

白い沈丁花の花

春によく見かける沈丁花は、その花の美しさとともに香りの強いのが特徴的です。 また、蕾の時期が長いので、いつの花が咲くのが待ち遠しくなります。 このページには、沈丁花が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。沈丁花の香り・・・

猫柳の俳句 30選 -ねこやなぎ-

猫柳の花穂

その名の通り、猫の尾を連想させる猫柳の果穂は魅力に満ちあふれています。 子供の頃に、活け花に猫柳が使われていると、必ずさわって感触を楽しんでいた記憶があります。 このページには、猫柳が詠まれた俳句の中から 30句を選びま・・・

春隣(はるとなり)の俳句 50選 -春近し-

白い梅の花

冬の厳しい寒さの中で暮らしていると、一体いつになったら春になるのだろうかと思うことがあります。 しかし、少し和らいだような日射しを見たり、いつもより控えめな雨の音を聞いたりすると、春が近づいてくるのが感じられて、嬉しいよ・・・

バレンタインの俳句 30選 -Valentine’s Day-

薔薇の花束

バレンタインという言葉の響きには、何かしら胸がときめくようなもが感じられます。 「今年は関係がない日かな」とは思っていても、心のどこかで何らかの期待をしているような気持ちにさせられる、それがバレンタインデーの力なのかもし・・・

「寒(かん)」の季語 30の【一覧】と俳句

雪景色

一年のうちで、寒さが一番厳しい時期は「寒(かん)」「寒中(かんちゅう)」「寒の内(かんのうち)」と呼ばれています。 この時期には様々な風物があり、「寒」の文字がつく季語も数多く、たくさんの俳句作品に詠み込まれています。 ・・・

寒牡丹の俳句 30選 -かんぼたん-

雪を被った牡丹の花

美しい花の姿が愛される牡丹には、春の花というイメージがあります。 しかし、冬の厳しい寒さの中で花を咲かせる牡丹もあり、その姿もまた魅力に満ちあふれています。 このページには、寒牡丹、冬牡丹が詠まれた俳句の中から 30句を・・・

寒椿の俳句 30選 -かんつばき-

雪の中の椿の花

古くから人々に愛されてきた椿は、庭木としても人気を保ち続けています。 早咲きのものは真冬にも開花するので、雪の中の深紅の椿の花は、私たちに強い印象を残してくれます。 このページには、寒椿・冬椿が詠まれた俳句の中から 30・・・

水仙の俳句 50選 -すいせん-

光の中の白い水仙

厳しい冬の寒さの中で、美しい純白の花が開いている水仙の姿には目を奪われます。 水仙は古くから人々に愛されてきた花で、多くの俳句作品にも季語として詠み込まれてきました。 このページには、水仙が詠まれた俳句の中から 50句を・・・

雪兎の俳句 30選 -雪うさぎ-

水甕の縁の雪兎

雪が降ったときに、雪だるまを作るのはとても楽しいものです。 そして、雪だるまと共に人気のあるのが雪兎(うさぎ)です。それほど手間もかからず、手軽に作ることができますし、じっと見ていると何とも言えない可愛らしい表情に魅かれ・・・

雪だるまの俳句 30選

雪だるまと影

子供の頃に雪だるまを作った思い出は、誰にもあるのではないでしょうか。 せっかく大きく作っても、やがては溶けて少しずつ小さくなってゆく姿には、何とも言いようのない寂しさを感じてしまいます。 このページには、雪だるまが詠まれ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ