「短歌」の記事一覧

正岡子規の短歌 100選 -春夏秋冬ー

藤の花

正岡子規の作品としては俳句に目が行きがちになりますが、短歌にも味わい深いものが数多くあります。 子規は万葉集を評価する一方で、古今和歌集に対しては否定的です。このことは、子規の短歌を読む上で常に意識しておきたいポイントだ・・・

石川啄木の短歌 100選+1

白い砂浜

優れた短歌を残した歌人は多くいますが、その中でも石川啄木は独特といえるでしょう。 啄木は自身の感情を歌に込めようと「かなしさ」「ふるさと」「父、母、友」などを歌いながら、ときには過激ともいえる表現さえ使います。そして、短・・・

斎藤茂吉の短歌 100選 -春夏秋冬-

夕焼け空

斎藤茂吉(さいとう もきち)は 精神科医を本業としながらも、生涯で 18,000首にも及ぶ短歌を創作した歌人でもありました。 第一歌集『赤光(しゃっこう)』から圧倒的な高い評価を受け、近代短歌の巨人と呼ばれることもありま・・・

芥川龍之介の短歌 20選 -浪漫-

上高地の河童橋

芥川龍之介の小説に対して、私はとても理知的な文芸作品という印象を持っています。ですから、短歌にしても平安期をイメージさせるような「和歌」らしいものだろうと思っていました。 しかし、初めて芥川の短歌を読んだときには非常に驚・・・

七夕の短歌 20選 -仰望-

七夕の光る短冊

七夕に関することは、古くから多くの和歌、短歌、俳句に詠まれてきました。この中で圧倒的に多いのは俳句で、近代短歌は意外に少ないような気がします。 そこで今回は、七夕の短歌と呼ぶのにふさわしいものを集めました。いずれも七夕の・・・

北原白秋の短歌 100選

雪景色

「あめあめふれふれ かあさんが… (あめふり)」や「雪のふる夜は たのしいペチカ… (ペチカ)」などの童謡で有名な北原白秋(きたはら はくしゅう)は、 童謡以外の詩、短歌、校歌、新民謡などの分野でも多くの作品を残していま・・・

京都の短歌 30選 -優美-

京都の町屋の灯り

古くから京都については、和歌、短歌、俳句に多く詠まれてきました。歴史が感じられる風情にあふれた京都は、日本が誇る美しい場所です。 今回は、京都の短歌といえるようなものを集めました。これらはいずれも京都の魅力にあふれたもの・・・

若山牧水の短歌 100選+1

三保の松原

若山牧水(わかやま ぼくすい)は自然と旅を愛した歌人で、日本の各地に歌碑が残っています。 生涯でおよそ 9000首の歌を詠んだといわれていますが、寂しさを感じさせるものが多いように私は感じています。 今回は、牧水の短歌の・・・

紅葉の短歌10選 + 和歌10選

黄葉

秋の風物詩のなかでも、紅葉(もみじ)は秋の代名詞ともいえる存在です。 色とりどりに秋を飾っていたかと思うと、やがて散ってしまう紅葉は、古くから歌に多く詠まれてきました。 今回は、秋の紅葉の風景が浮かんでくるような短歌と和・・・

与謝野晶子の短歌 100選

与謝野晶子の句碑

「やは肌の晶子」と呼ばれていた与謝野晶子の短歌には、情熱的といわれるものが多くあります。その一方で、寂しさを感じるような自然の風景を詠んだものも多く残されています。 そして、晶子が生涯で詠んだ短歌は5万首にも及ぶといわれ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ