宝井其角の俳句 30選 -洒落風-

竹が描かれた和紙

宝井其角(たからい きかく)は江戸時代の俳人で、松尾芭蕉の門下で俳諧を学びました。

芭蕉の弟子のうちでも、特に優れた 10人は「蕉門十哲(しょうもんじってつ)」と呼ばれますが、その筆頭に挙げられるのが其角です。

其角の詠んだ句は「派手」「奇抜」「難解」といわれることもあり、簡単に解釈できないようなものもあります。しかし、その一方では芭蕉を彷彿とさせる俳句も多く残しています。

このページでは、宝井其角の俳句の中から 30句を選びました。師である芭蕉が「かれは定家の卿(=藤原定家)也」と評した人物の句を、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

宝井其角の俳句 30

俳句の先頭の文字の五十音順に並べてあります。

なお、当初其角は母方の榎本姓を名乗っていたので、「榎本其角(えのもと きかく)」と呼ばれることもあります。

 

あさぎりに 一の鳥居や 波の音

【季語・季節】あさぎり(朝霧) - 秋

 

あれきけと 時雨来る夜の 鐘の声

【季語・季節】時雨(しぐれ) - 冬

 

いなづまや きのふは東 けふは西

【季語・季節】いなづま(稲妻) - 秋

 

稲こくや ひよこを握る 藁の中

【季語・季節】稲 - 秋

 

うぐひすや 遠路ながら 礼かへし

【季語・季節】うぐひす(鶯) - 春

梅の木の枝に止まった鶯

 

海棠の 花のうつつや 朧月

【季語・季節】海棠(かいどう) - 春、朧月(おぼろづき) - 春

【補足】「海棠」は落葉高木の一種で、花海棠(はなかいどう)や垂絲海棠(すいしかいどう)などとも呼ばれます。

 

傀儡の 鼓うつなる 花見かな

【季語・季節】花見 - 春

【補足】傀儡(かいらい)は「あやつり人形」のことで、「くぐつ」や「でく」ともいわれます。「鼓」の読みは「つづみ」です。

 

菓子盆に けし人形や 桃の花

【季語・季節】桃の花 - 春

 

鐘ひとつ 売れぬ日はなし 江戸の春

【季語・季節】江戸の春 - 春

 

川上は 柳か梅か 百千鳥

【季語・季節】百千鳥(ももちどり) - 春

スポンサーリンク

 

寒菊や 古風ののこる 硯箱

【季語・季節】寒菊 - 冬

【補足】「硯箱」の読みは「すずりばこ」です。

 

暮の山 遠きを鹿の すがた哉

【季語・季節】鹿 - 秋

 

小坊主や 松にかくれて 山ざくら

【季語・季節】山ざくら - 春

 

重箱に 花なき時の 野菊哉

【季語・季節】野菊 - 秋

 

雀子や あかり障子の 笹の影

【季語・季節】雀子 - 春

和室の明かり障子

 

ちり際は 風もたのまず けしの花

【季語・季節】けしの花 - 夏

 

年神に 樽の口ぬく 小槌かな

【季語・季節】年神 - 新年

【補足】小槌(こづち)とは、小さな「つち(=現代でいうハンマー)」のことです。

 

なきがらを 笠にかくすや 枯尾花

【季語・季節】枯尾花(かれおばな) - 冬

 

夏酔や 暁ごとの 柄杓水

【季語・季節】夏の暁 - 夏

【補足】「柄杓水」の読みは「ひしゃくみず」です。

 

人の世や のどかなる日の 寺林

【季語・季節】のどか(長閑) - 春

林の中の寺

 

ふれみぞれ 柊の花の 七日市

【季語・季節】柊(ひいらぎ)の花 - 冬

 

鬼灯の たぐひなす身や 竜田姫

【季語・季節】鬼灯(ほおずき) - 秋、竜田姫(たつたひめ) - 秋

 

豆をうつ 声のうちなる 笑かな

【季語・季節】豆をうつ - 冬

 

水うてや 蝉も雀も ぬるる程

【季語・季節】水うて - 夏、蝉 - 夏

 

水影や むささびわたる 藤の棚

【季語・季節】藤の棚 - 春

藤の花房

 

身にからむ 単羽織も うき世哉

【季語・季節】単羽織(ひとえばおり) - 夏

 

夕すずみ よくぞ男に 生れけり

【季語・季節】夕すずみ - 夏

 

夕立や 田を三囲りの 神ならば

【季語・季節】夕立 - 夏

 

夕日影 町半にとぶ 胡蝶哉

【季語・季節】胡蝶 - 春

【補足】「町半」の読みは「まちなか」です。

 

横雲や はなればなれの 蕎麦畑

【季語・季節】蕎麦畑 (そばばたけ)- 秋

蕎麦畑と空の雲

 


関連ページ


⇒ 松尾芭蕉の俳句 100選

⇒ 与謝蕪村の俳句 100選

⇒ 小林一茶の俳句 100選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ