南瓜の俳句 30選 -かぼちゃ-

南瓜畑

南瓜の形は一様でなく、平たいのの、丸いもの、くびれたもの等、様々です。

そして、その見た目が愛されるのか、多くの俳人が好んで俳句に詠み込んできました。

このページには、南瓜が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。南瓜の伸び伸びと育ったような姿かたちが目に浮かぶような満ちた作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

南瓜の俳句 30選

南瓜が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

なお、単なる「南瓜」は秋の季語ですが、「南瓜蒔く」や「南瓜の花」とすると季節が異なります。

  • 南瓜蒔く/春の季語
  • 南瓜の花/夏の季語
  • 南瓜/秋の季語

 

朝な朝な 南瓜を撫しに 出るばかり

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

【補足】「朝な朝な(あさなあさな)」は「毎朝」という意味です。

 

五つづつ 三ならび土間の 南瓜哉

【作者】会津八一(あいづ やいち)

 

芋の葉の 露が南瓜の 葉に落ちて

【作者】内田百間(うちだ ひゃっけん)

 

うちつれて 南瓜あそべり 秋の縁

【作者】室生犀星(むろう さいせい)

 

うちの南瓜 隣の垣の 朝顔や

【作者】寺田寅彦(てらだ とらひこ)

南瓜の花

 

うら畑や 南瓜にさせる 藁枕

【作者】村上鬼城(むらかみ きじょう)

【補足】「藁枕」の読み方は「わらまくら」です。

 

南瓜積みて 打傾ける 櫺子かな

【作者】尾崎紅葉(おざき こうよう)

【補足】櫺子(れんじ)とは、窓や欄間(らんま)などに一定の間隔で細い材を取り付けた格子(こうし)のことです。

 

南瓜煮て これも仏に 供へけり

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

南瓜もぐ 父の双脚 岩に立ち

【作者】飯田龍太(いいだ りゅうた)

 

南瓜より 茄子むつかしき 写生哉

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【補足】「茄子(なす)」も夏の季語です。

スポンサーリンク

 

かりかりと 南瓜啖ひぬ かんの上

【作者】加藤秋邨(かとう しゅうそん)

【補足】「啖ひぬ」の読み方は「いぬ(=食いぬ)」です。

 

供笥壇の 南瓜は吉祥天女のもの

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

【補足】供笥壇(くげだん)とは、仏前に供える物を置く所です。吉祥天女(きっしょうてんにょ)は、仏教における女神です。

 

米足らで 粥に切りこむ 南瓜かな

【作者】森鴎外(もり おうがい)

【補足】「粥」の読み方は「かゆ」です。

 

さしいでて 池の上なる 南瓜棚

【作者】野村泊月(のむら はくげつ)

 

縞ふかく 朱冴えかへる 南瓜かな

【作者】室生犀星

【補足】「縞」の読み方は「しま」です。

笊の上の南瓜

 

少女見て 南瓜を踏んで おどろきぬ

【作者】加藤秋邨

 

鶺鴒が たゝいて見たる 南瓜哉

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

【補足】鶺鴒(せきれい)は、セキレイ科の小鳥の名前です。

 

たち割りし 南瓜の先や 通り雨

【作者】井上井月(いのうえ せいげつ)

【補足】通り雨(とおりあめ)とは、さっと降ってすぐ腫れ上がる雨のことです。

 

南瓜や ずつしりと落ちて 暮淋し

【作者】山口素堂(やまぐち そどう)

【補足】「南瓜」は「とうなす」とも読みます。

 

どつしりと 尻を据えたる 南瓜かな

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

スポンサーリンク

 

とつて来し 南瓜になほも 夕茜

【作者】山口青邨

 

蛞蝓や 南瓜の二葉 美しく

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

【補足】「蛞蝓」の読み方は「なめくじ」です。

 

盗まれて 南瓜涼しき 朝の露

【作者】中勘助(なか かんすけ)

 

バス揺れて 夜の南瓜を 照らしだす

【作者】右城暮石(うしろ ぼせき)

 

這ひ出でし 南瓜うごかず 秋の暮

【作者】前田普羅(まえだ ふら)

南瓜の実

 

日々名曲 南瓜ばかりを 食はさるゝ

【作者】石田波郷(いしだ はきょう)

 

ふち欠けし 鍋に切り込む 南瓜かな

【作者】寺田寅彦

 

ぺちやんこの 南瓜可笑しく なりにけり

【作者】日野草城

【補足】「可笑しく」の読み方は「おかしく」です。

 

もの言へば 南瓜ころがして 人みしり

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

 

安んじて 動かじとする 南瓜哉

【作者】石井露月(いしい ろげつ)

笊と南瓜

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 秋の俳句

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ