穀雨の俳句 -百穀を生化す-

雨にぬれる緑の葉

4月の後半になると、二十四節気の一つ「穀雨(こくう)」を迎えます。

この穀雨は俳句の季語でもあり、俳句作品に詠み込まれたものも見かけます。

このページには、穀雨が詠み込まれた俳句の中から 5句を集めました。「百穀潤う(ひゃっこくうるおう)」とも称される春の雨の雰囲気に満ちたものばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

穀雨の俳句 5選

 

苗床に うす日さしつゝ 穀雨かな

【作者】西山泊雲(にしやま はくうん)

【補足】苗床(なえどこ)とは、種をまいて苗を生えさせて、それを育てるところのことです。

 

掘返す 塊光る 穀雨かな

【作者】西山泊雲

【補足】(つちくれ:土塊)とは、土のかたまりのことをいいます。

 

伊勢の海の 魚介ゆたかにして 穀雨

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

【補足】魚介(ぎょかい)とは、魚や貝の類で、海産動物の総称です。

 

夜を境に 風邪熱落したり 穀雨

【作者】長谷川かな女

 

琴屋来て 琴鳴らし見る 穀雨かな

【作者】長谷川かな女

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 穀雨とは?

⇒ 4月の季語と例句

⇒ 4月の俳句 20選

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ