Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

春分の俳句 10選 -お中日-

紅梅と曇り空

3月の下旬に入って迎える「春分の日」。

「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、思いのほか寒い日もあります。それでも、以後は確実に春らしくなってくるのは間違いないでしょう。

このページには、「春分」「春分の日」「お中日」などが詠み込まれた俳句を集めました。春分の日特有の雰囲気を持った句ばかりですので、じっくりと味わってみてください。

スポンサーリンク

春分の俳句 10選

 

雨着透く 春分の日の 船の旅

【作者】秋元不死男(あきもと ふじお)

【補足】雨着(あまぎ)は、雨を防ぐために衣服の上に着るコート、合羽(かっぱ)などのことです。

 

紅梅に 中日過し 彼岸哉

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【補足】中日(ちゅうにち)は、彼岸の七日間の真ん中の日のことで、春分・秋分の日に当たります。

この作品のように、ただ「彼岸」とすると春の季語になります。秋の彼岸の場合は、「秋彼岸」「後の彼岸」などとします。

なお、「紅梅(こうばい)」も春の季語です。

 

春分の おどけ雀と 目覚めたり

【作者】星野麥丘人(ほしの ばくきゅうじん)

【補足】「おどけ(お道化)」は「ふざけ」と同じ意味です。

 

春分の 日なり雨なり 草の上

【作者】林 翔(はやし しょう)

 

春分の 湯にすぐ沈む 白タオル

【作者】飯田龍太(いいだ りゅうた)

木製の湯口

 

春分も 棒一本の 浅蜊掻

【作者】百合山羽公(ゆりやま うこう)

【補足】「浅蜊掻」の読み方は「あさりかき」です。

 

春分を 迎ふ花園の 終夜燈

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

【補足】終夜燈(しゅうやとう)とは、一晩中つけ通しにしておく灯火・電燈のことをいいます。

 

たにぐゝの 日ねもすなきぬ お中日

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

【補足】たにぐゝ(谷蟆、谷蟇)とは、ヒキガエルのことです。

「日ねもす」は「一日中、終日」という意味です。

 

彼岸中日は 昨日となりしを 雪が降る

【作者】細見綾子(ほそみ あやこ)

 

日も真上 春分の日を よろこべば

【作者】林 翔

日光を浴びる草の葉

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 春分の日とは?

⇒ お彼岸の俳句 25選

⇒ 3月の俳句 20選

⇒ 春の俳句 30選

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ