春眠の俳句 30選 -しゅんみん-

春の夜の桜と月

「春眠暁を覚えず」で知られた孟浩然(もうこうねん)の詩にもあるように。春の暖かさの中での眠りは、とても心地よいものです。

これは夜だけに限ったことではなく、昼間のうたた寝などについても言えることです。

このページには、春眠が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。春眠にまつわる春らしい作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

春眠の俳句 30選

春眠が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

春眠は、俳句において春の季語とされます。

 

腕白う 伸べて春眠 覚めやらぬ

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

【補足】「覚めやらぬ」は「完全には覚めていない」という意味です。

 

学校の 音春眠を 妨げず

【作者】竹下しづの女(たけした しづのじょ)

 

かんばせは 春眠とこそ 見まつれど

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

【補足】「かんばせ」とは「顔つき、顔の色」を意味します。

 

春眠の この家つゝみし 驟雨かな

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

【補足】驟雨(しゅうう)とは、急に降りだす雨、にわか雨のことです。

 

春眠の 覚めてさだかに 遠き人

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

夜明け時の山々

 

春眠の さめてさめざる 手足かな

【作者】稲畑汀子(いなはた ていこ)

 

春眠の 中をふはりと 出てゆきぬ

【作者】平井照敏(ひらい しょうびん)

 

春眠の 名残りて重き 瞼かな

【作者】日野草城

【補足】「瞼」の読み方は「まぶた」です。

 

春暁の 眠れる子等を 二階にし

【作者】中村汀女

 

春眠の 母の寝過ごし 許されず

【作者】稲畑汀子

スポンサーリンク

 

春眠の 一ゑまひして 美しき

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】「ゑまひ(笑まひ)」とは、「笑い、笑うこと」を意味します。

 

春眠の ふためき覚めて 何かある

【作者】三橋鷹女(みつはし たかじょ)

【補足】「ふためく」とは、騒ぎ立てることをいいます。

 

春眠の 枕さぐりて うつつなき

【作者】日野草城

【補足】「うつつ」は「現実、目が覚めていること」を意味します。

 

春眠の 睫毛曙光を 感じつゝ

【作者】西島麦南(にしじま ばくなん)

【補足】「睫毛」の読み方は「まつげ」です。曙光(しょこう)とは、夜明けに射しはじめてくる太陽の光のことです。

 

春眠や 靉靆として 白きもの

【作者】高浜虚子

【補足】靉靆(あいたい)とは、霞(かすみ)などがたなびいている様子を表現する言葉です。

霞の中の桜の木

 

春眠や 鍵穴つぶす 鍵さして

【作者】日野草城

 

春眠や 金の柩に 四肢氷らせ

【作者】三橋鷹女

【補足】「柩」の読み方は「ひつぎ」です。

 

春眠や 慈母の懐に あるごとく

【作者】佐藤春夫(さとう はるお)

 

春眠や 抽斗一つ 櫛ばかり

【作者】波多野爽波(はたの そうは)

【補足】「抽斗」「櫛」の読み方は、それぞれ「ひきだし」「くし」です。

 

春眠や 枕とともに 土佐日記

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

【補足】土佐日記(とさにっき)は、平安時代の歌人・紀貫之(きのつらゆき)が著わした日記文学です。

卓の上の二冊の本

 

春眠や 枕ほとりの 落し櫛

【作者】高橋淡路女

 

春眠を うつ春霰 春あらし

【作者】前田普羅(まえだ ふら)

【補足】「霰」の読み方は「あられ」です。

 

春眠を むさぼりて悔 なかりけり

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

 

春眠を 貪る若さ 羨まし

【作者】山口誓子(やまぐち せいし)

【補足】「貪る」の読み方は「むさぼる」です。

 

旅に出て 春眠足りし 思ひかな

【作者】高浜年尾(たかはま としお)

春の山と湖

 

とぢまけて 春眠の眼の 疲れけり

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

 

芭蕉像に 侍し春眠の 虜かな

【作者】阿部みどり女(あべ みどりじょ)

【補足】「虜」の読み方は「とりこ」です。

 

古井戸の 水湧くまでを 春眠す

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

 

水を汲み 火を焚く母に 春眠す

【作者】百合山羽公(ゆりやま うこう)

 

明星に 春眠の戸を 明けはなつ

【作者】西島麦南

夜明けの空に輝く星

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒「春めく」の俳句 25選

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ