菫の俳句 30選 -すみれ-

薄紫色の菫の花

菫の花は野や山だけでなく、町中でも見つけることができます。

しかし、それほど丈が高くないので、ややもすれば見過ごしてしまうようなところがあります。

このページには、菫が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。菫の花の可憐な姿が目に浮かぶような作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

菫の俳句 30選

菫が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

菫は、俳句において春の季語とされます。

 

浅茅生や 土手の菫の 覚束な

【作者】尾崎紅葉(おざき こうよう)

【補足】浅茅生(あさじう)とは、浅茅(=丈の低いチガヤ)の生えているところのことです。

 

石段に 茎長く咲く 菫かな

【作者】原 月舟(はら げっしゅう)

 

いつの世の 石器うもれて 菫かな

【作者】石井露月(いしい ろげつ)

 

大いなる 花の菫に 夜明け来し

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

 

かぎろひの 丘に指入れ 菫掘る

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

【補足】「かぎろひ」は「かげろう(陽炎)」です。

まばらに咲いている菫

 

かたまつて 薄き光の 菫かな

【作者】渡辺水巴(わたなべ すいは)

 

かたまりて 菫さきけり 草の中

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

壁土に 丸め込まるゝ 菫哉

【作者】小林一茶

 

黒土に まぎるるばかり 菫濃し

【作者】山口誓子(やまぐち せいし)

 

サホ姫の ばりやこぼして さく菫

【作者】小林一茶

【補足】サホ姫(さほひめ:佐保姫)は、春霞の衣をまとった春の女神です。

スポンサーリンク

 

白菫 黄昏は物の あはれなり

【作者】河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)

【補足】黄昏(たそがれ)とは、夕方・夕暮れのことです。

 

すみれ咲く 風にむせびて 針葉樹

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

 

菫咲 川をとび越ス 美人哉

【作者】小林一茶

 

すみれ摘む さみしき性を 知られけり

【作者】三橋鷹女(みつはし たかじょ)

【補足】「性」の読み方は「さが」です。

 

菫匂う 詩人が唱う 一と卓に

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

【補足】「唱う」の読み方は「うたう」です。

二つの菫の花

 

卵置く 三色菫の 花の中

【作者】高野素十(たかの すじゅう)

【補足】三色菫(さんしきすみれ)は、パンジーの原種の一つです。

 

父と母の 記憶のほかの 壺すみれ

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

【補足】壺すみれ(ツボスミレ)は、スミレ科の多年草です。

 

つちくれの 小さき日陰に 菫かな

【作者】高浜虚子

【補足】つちくれ(土塊)とは、土のかたまりのことをいいます。

 

つみ入れし 菫むしりて ねる子哉

【作者】松瀬青々(まつせ せいせい)

 

摘みくれし 菫を旅の 書にはさむ

【作者】上村占魚(うえむら せんぎょ)

岩の間に咲く菫の花

 

手にありし 菫の花の いつか失し

【作者】松本たかし(まつもと たかし)

 

何とはなしに 何やらゆかし 菫草

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

 

人形の 髪にさしたる 菫哉

【作者】寺田寅彦(てらだ とらひこ)

 

花菫 たばね色増す 伊豆近し

【作者】大野林火(おおの りんか)

 

花すみれ 春やむかしの 野のくぼみ

【作者】幸田露伴(こうだ ろはん)

野に咲く青い菫の花

 

ひとたまりなき霜必死にて菫

【作者】篠田悌二郎(しのだ ていじろう)

 

吹かるゝや 塚の上なる つぼ菫

【作者】芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)

 

また春や 免れがたく 菫咲き

【作者】柿本多映(かきもと たえ)

【補足】「免れがたく」の読み方は「まぬかれがたく」です。

 

みちびかれ 水は菫の 野へつづく

【作者】桂 信子(かつら のぶこ)

 

見付けたる 菫の花や 夕明り

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

夕日を受ける菫の花

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 花の季語と例句

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ