たんぽぽの俳句 30選 -蒲公英-

たんぽぽの黄色い花

たんぽぽは、春を代表する花の一つです。「たんぽぽ」という言葉の響きや、きれいな黄色の花からは可愛らしさが強く感じられます。

また、幼い頃にたんぽぽの綿毛を吹いて飛ばした経験は、多くの人が持っているのではないでしょうか。

このページには、たんぽぽが詠まれた俳句の中から 30句を選びました。たんぽぽと共に春らしい風物・光景が目に浮かぶような作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

蒲公英の俳句 30選

「たんぽぽ」「蒲公英」などが詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

なお、これらは俳句において春の季語として扱われます。

たんぽぽの花の変化のタイムラプス動画です

 

あすが来て ゐるたんぽぽの 花びらに

【作者】三橋鷹女(みつはし たかじょ)

 

山門に うなゐら遊ぶ たんぽぽもち

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

【補足】山門(さんもん)とは、寺院の正門のことをいいます。「うなゐ」は、幼い子供を意味します。

 

しあはせに 短かたんぽぽ 晝になる

【作者】細見綾子(ほそみ あやこ)

【補足】「晝」は「昼」の旧字体です。

 

畳干す その下くらく たんぽぽ黄

【作者】山口青邨

 

たんぽゝと 小声で言ひて みて一人

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

野原に咲くたんぽぽ

 

蒲公英に 春光蒸すが 如きかな

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】「如き」の読み方は「ごとき」です。

 

たんぽゝに 城出て遊ぶ 女達

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

 

たんぽぽの 大きな花や 薄曇

【作者】松本たかし(まつもと たかし)

【補足】薄曇(うすぐもり)とは、薄い雲が空一面にかかった天気のことです。

 

蒲公英の かたさや海の 日も一輪

【作者】中村草田男(なかむら くさたお)

 

たんぽゝの 黄が目に残り 障子に黄

【作者】高浜虚子

【補足】「障子」の読み方は「しょうじ」です。

スポンサーリンク

 

たんぽぽの 北にこぞりて 枯れゐたり

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

【補足】「こぞりて」は「すべて集まりそろって」という意味です。

 

蒲公英の 黄のかくも濃し 人學す

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

【補足】「學」は「学」の旧字体です。

 

蒲公英の 毛花吹くほどの 風に立つ

【作者】臼田亞浪(うすだ あろう)

 

蒲公英の 座を焦してむ 飾焚く

【作者】山口青邨

【補足】「焦(こが)してむ」は「きっと焦がしてしまうだろう」という意味です。

 

たんぽぽの 白の孤高に 黄を配す

【作者】稲畑汀子(いなはた ていこ)

白い花の中で咲いている黄色いたんぽぽ

 

蒲公英の にはかなる黄の わきにけり

【作者】久保田万太郎

 

たんぽぽの 花には花の 風生れ

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

 

蒲公英の ほとりから沙 無限かな

【作者】加藤楸邨(かとう しゅうそん)

【補足】「沙」の読み方は「すな」です。

 

たんぽぽの 皆上向きて 正午なり

【作者】星野立子

 

たんぽゝの やたらに球や 春の行く

【作者】野村喜舟(のむら きしゅう)

たんぽぽの綿毛

 

たんぽぽの 絮となる頃や 旅を恋ふ

【作者】鈴木真砂女(すずき まさごじょ) 

【補足】「絮」には、「しょ」「じょ」「わた」などの読み方があります。この句では「しょ」か「じょ」、次の楸邨の句では「わた」と読めばリズムが良いです。

 

 たんぽぽの 絮の微塵や しやぼん玉

【作者】加藤楸邨

【補足】「微塵」の読み方は「みじん」です。

 

たんぽぽは 良寛のため 毬と成る

【作者】阿波野青畝(あわの せいほ)

【補足】良寛(りょうかん:江戸時代の僧侶・歌人)は、手毬をついたりして子供達とよく遊んだといわれています。

 

たんぽゝも ここに賑はひ をりし色

【作者】稲畑汀子

【補足】「賑はひ」の読み方は「にぎわい」です。

 

蒲公英や 姉より老けて よき妹

【作者】久米正雄(くめ まさお)

【補足】「老けて」の読み方は「ふけて」です。

たんぽぽの二つの頭花

 

蒲公英や 一座々々の 花盛

【作者】西山泊雲(にしやま はくうん)

 

蒲公英や 音なし川の へり塘

【作者】松岡青蘿(まつおか せいら)

【補足】(つつみ)は、土手や堤防のことです。

 

たんほゝや これもなのある 花の内

【作者】正岡子規(まさおか しき)

 

たんぽぽや 千切らるるたび 乳を吐く

【作者】阿波野青畝

【補足】たんぽぽには、茎に乳液が含まれている品種があります。

 

蒲公英や 日はいつまでも 大空に

【作者】中村汀女

青空に向かって飛んで行くたんぽぽの綿毛

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 花の季語の【一覧】と例句

⇒ 「春めく」の俳句 25選

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ