「秋の雲」の俳句 30選 -秋雲-

黄葉と秋空の雲

空に浮かぶ雲は、それぞれの季節によって違った様子を見せてくれます。

暑い夏の雲からは力強さを感じますが、いつも見慣れたものとは違う儚げな雲を目にすると、秋の訪れが近いかのような思いがすることもあります。

このページには、「秋の雲」「秋雲」が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。秋の雲を見かけたときの心持ちが伝わってくる作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

「秋の雲」の俳句 30選

「」が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

これらは、俳句において秋の季語とされます。

 

青空に 引く秋雲を 旅として

【作者】阿部みどり女(あべ みどりじょ)

 

秋雲起り 病む日輪を 覆はんと

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

【補足】日輪(にちりん)とは、太陽のことです。なお、月は「月輪(がちりん、げつりん)」と呼ばれます。

 

秋雲の かくすも富岳 一景に

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

【補足】富岳(ふがく)とは、富士山(ふじさん)のことです。

 

秋雲の 地球の円に 従へり

【作者】阿部みどり女

 

秋雲の 晴間かがやく おもひごと

【作者】飯田龍太(いいだ りゅうた)

秋空の雲間に輝く太陽

 

秋雲は 老の心に さも似たり

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】「さも」は「いかにも、確かに」という意味です。

 

秋雲を 仰ぎ~て 家に入る

【作者】高野素十(たかの すじゅう)

 

秋雲を ころがる音や 小いかづち

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

【補足】「いかづち」は雷のことです。

 

秋の雲 雨ならむとして 海の上

【作者】永井荷風(ながい かふう)

 

秋の雲 いよいよ高く 登りけり

【作者】正岡子規(まさおか しき)

スポンサーリンク

 

秋の雲 湖水の空を 渡りけり

【作者】正岡子規

 

秋の雲 しろじろとして 夜に入りし

【作者】飯田蛇笏

 

秋の雲 天のたむろに 寄りあへる

【作者】山口誓子(やまぐち せいし)

【補足】「たむろ(屯)」とは、人などが集まる場所のことをいいます。この句の「天」は「そら」と読みたいところです。

 

秋の雲 太虚の風に 乗りにけり

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

【補足】太虚(たいきょ)は、大空のことをいいます。

 

秋の雲 大仏の上に 結び解け

【作者】高浜虚子

秋の雲と大仏

 

秋の雲 ただむらむらと 別れかな

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

 

秋の雲 ちぎれ~て なくなりぬ

【作者】内藤鳴雪(ないとう めいせつ)

 

秋の雲 照る日のかたに ゆきてきゆ

【作者】山口誓子

 

秋の雲 歳月はやく ながれけり

【作者】飯田蛇笏

【補足】「歳月」の読み方は「としつき」です。

 

秋の雲 眺めて無為や 俳諧師

【作者】 山口青邨

【補足】俳諧師(はいかいし)とは、いわゆる俳人のことです。

秋の夕暮れ時の雲

 

秋の雲 みづひきぐさに とほきかな

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

【補足】みづひきぐさ(水引草=ミズヒキ)は、タデ科の植物です。

 

海女浮けば 秋雲すでに 流れ去り

【作者】鈴木真砂女(すずき まさごじょ)

【補足】海女(あま)は、海にもぐって貝や海藻(かいそう)を取る女性のことです。

 

あら海や 波をはなれて 秋の雲

【作者】加藤暁台(かとう きょうたい)

 

いく山の かなたといへど 秋の雲

【作者】飯田龍太

 

石に踞し 仰で秋の 雲を見る

【作者】寺田寅彦(てらだ とらひこ)

【補足】「踞(きょ)する」とは、腰を掛けることを意味します。

鱗雲と薄の穂

 

徒らに 古塔ぞ聳ゆ 秋の雲

【作者】臼田亜浪(うすだ あろう)

【補足】「徒らに」「聳ゆ」の読み方は、それぞれ「いたずらに」「そびゆ」です。

 

王陵に 牛を放つや 秋の雲

【作者】三好達治(みよし たつじ)

【補足】王陵(おうりょう)とは、権力があった支配者などを埋葬した墓のことです。

 

かなしめば とて秋雲の とどまらず

【作者】三橋鷹女(みつはし たかじょ)

 

この時刻 けふもかしこに 秋の雲

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

【補足】「けふ」は「きょう(今日)」です。

 

すい~と 流れて早し 秋の雲

【作者】幸田露伴(こうだ ろはん)

秋の青空を流れてゆく雲

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 「秋めく」の俳句 20選

⇒ 初秋の俳句 20選

⇒ 秋の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ