朧月の俳句 30選 -朧月夜-

朧月と桜の花

春の夜に霞んで見えるような月のことを「朧月(おぼろづき)」という呼び方をすることがあります。

この朧月は、とても風情があるもので、春の風物詩の一つにも数えられます。

このページには、朧月が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。朧月が出ている春の夜の情景が目に浮かぶような作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

朧月の俳句 30選

「朧月」「朧月夜」「月朧」が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

これらは、俳句において春の季語とされます。

 

いたむ歯は 皆抜きすてて 朧月

【作者】会津八一(あいづ やいち)

 

言ひさして 見直す人や 朧月

【作者】加賀千代女(かがのちよじょ)

【補足】「言ひさして」は「(途中まで)言いかけて」という意味です。

 

浮世絵の 絹地ぬけくる 朧月

【作者】泉 鏡花(いずみ きょうか)

 

梅散りて 古郷寒し おぼろ月

【作者】松岡青蘿(まつおか せいら)

【補足】「古郷」の読み方は「ふるさと」です。

 

大はらや 蝶のでて舞ふ 朧月

【作者】内藤丈草(ないとう じょうそう)

【補足】大はら(大原)は、京都の地名です。

雲間に見える月

 

おぼろ月 影なき人の まじりけり

【作者】佐藤春夫(さとう はるお)

 

朧月 暈のうちなる 軒の蜘蛛

【作者】阿部みどり女(あべ みどりじょ)

【補足】「暈」「蜘蛛」の読み方は、それぞれ「かさ」「くも」です。

 

朧月 一足づゝも わかれかな

【作者】向井去来(むかい きょらい)

 

かたむきて なほ朧月 なりしかな

【作者】稲畑汀子(いなはた ていこ)

 

蚊屋の内に 朧月夜の 内侍かな

【作者】与謝蕪村(よさ ぶそん)

【補足】蚊屋(かや=蚊帳)は、寝るときに蚊を防ぐために吊るものです。内侍(ないし)とは、昔に内侍司(ないしのつかさ=律令管制の役所の一つ)に勤めた女官のことです。

スポンサーリンク

 

川下に 網うつ吾や 朧月

【作者】炭 太祇(たん たいぎ)

【補足】「吾」の読み方は「われ」です。

 

伽羅さめし 伏籠の衣や 朧月

【作者】会津八一

【補足】伽羅(きゃら)とは、香木(こうぼく)の名前です。

 

樹を抱けば 妙なる冷えや 朧月

【作者】渡辺水巴(わたなべ すいは)

 

くもりたる 古鏡の如し 朧月

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

恋をせば 滋賀のあたりや 朧月

【作者】松岡青蘿

湖の上の朧月

 

さしぬきを 足でぬぐ夜や 朧月

【作者】与謝蕪村

【補足】さしぬき(指貫)は袴(はかま)の一種で、裾を紐でくくるようになっているものです。

 

浄瑠璃の 阿波の鳴門の 朧月

【作者】富安風生(とみやす ふうせい)

【補足】「傾城阿波の鳴門(けいせい あわのなると)」は、近松半二(ちかまつ はんじ)らの合作による浄瑠璃(じょうるり)の題名です。

 

大名の しのびありきや 朧月

【作者】正岡子規(まさおか しき)

 

誰が糸に つなぎとめたぞ 朧月

【作者】立花北枝(たちばな ほくし)

 

たのしさよ 闇のあげくの 朧月

【作者】向井去来

春の朧月

 

だんだらの かつぎに縫ひぬ 朧月

【作者】正岡子規

 

月朧 おぼろに仰ぐ 別れかな

【作者】稲畑汀子

 

手枕に 身を愛す也 おぼろ月

【作者】与謝蕪村

 

閨の戸の 細目にあきて 朧月

【作者】尾崎紅葉(おざき こうよう)

【補足】(ねや)は寝室のことです。

 

花の顔に 晴れうてしてや 朧月

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

【補足】「晴うてして」とは「気後れして」の意味です。

朧月と一輪の花

 

花を盗む 朧月夜の 検事かな

【作者】尾崎紅葉

 

春ならば 朧月とも 詠(なが)めうに

【作者】上島鬼貫(うえじま おにつら)

【補足】「詠む(ながむ)」とは、詩歌を作ることを意味します。

 

三毛よ今 帰つたぞ門の 月朧

【作者】寺田寅彦(てらだ とらひこ)

 

よき風の 松から来るや 朧月

【作者】井上井月(いのうえ せいげつ)

 

世の花を 丸うつつむや 朧月

【作者】加賀千代女

朧月と夜桜

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 春の月の俳句 50選

⇒ 朧の俳句 30選

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ