秋分の俳句  -しゅうぶん-

彼岸花の赤い花

9月の下旬の「秋分の日」を迎えると、いよいよ秋らしさを本格的に感じるようになります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉のとおりに、暑い日もめっきり少なくなってゆき、秋の風物を存分に味わえる喜びに満ちてきます。

このページには、秋分に関する俳句を集めました。「秋彼岸」とは少し違う「秋分」特有の雰囲気を持った句ばかりですので、じっくりと味わってみてください。

スポンサーリンク

秋分の俳句

金色に輝く薄の穂

「秋中日」「秋分」「秋分の日」が詠み込まれた句を集め、俳句の文字の五十音順に並べました。

なお、これらは俳句において秋の季語として扱われます。

 

 

赤ん坊の 顱頂の雲垢や 秋分来

【作者】田川飛旅子(たがわ ひりょし)

【補足】顱頂(ろちょう)とは、頭のてっぺんのことです。「雲垢」の読み方は「ふけ(=頭垢)」です。

 

秋中日 鮎食ふ人を 集めけり

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

【補足】中日(ちゅうにち)とは、彼岸(ひがん)の七日間の真ん中の日のことで、「秋分の日」と同じ日です。

【関連】 秋分の日とは?

 

秋分の 牛生といふ町 潮ぐもり

【作者】 阿部みどり女(あべ みどりじょ) 

【補足】牛生町(ぎゅうちょう)は、宮城県塩竈市(しおがまし)にあります。潮ぐもりとは、海の潮の水気で空が曇ることをいいます。

 

秋分の 酒杯の微塵 親し恋し

【作者】原子公平(はらこ こうへい)

【補足】「微塵」の読み方は「みじん」です。

 

秋分の 正午の日ざし 真向にす

【作者】菅 裸馬(すが らば)

【補足】「真向」の読み方は「まむき(=正面の意)」です。

スポンサーリンク

 

秋分の ときどき雨や 荏のしづく

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

【補足】(え)は紫蘇(しそ)に似た植物で、食用または油を採るために栽培されます。

 

秋分の 灯すと暗く なっていし

【作者】池田澄子(いけだ すみこ)

 

秋分の 日の御仏と 枯れ給ふ

【作者】皆川白陀(みながわ はくだ)

【補足】御仏(みほとけ)とは、仏を敬っていう言葉です。

 

秋分の 木造駅舎の 日章旗

【作者】高澤良一(たかざわ よしかず)

【補足】日章旗(にっしょうき)とは、日本の国旗のことです。

 

秋分の 湯殿の岩を 踏みにけり

【作者】佐藤鬼房(さとう おにふさ)

【補足】湯殿(ゆどの)とは、風呂場・浴室のことです。また、山形の湯殿山(ゆどのさん)は出羽三山(でわさんざん)のうちの一つです。

 

秋分や 葉をみつみつの 翌檜

【作者】岸田稚魚(きしだ ちぎょ)

【補足】「葉をみつみつ」とは、葉が密集していることを表現していると解します。翌檜(あすなろ、あすなろう)は、ヒノキ科の常緑高木です。

日光が射し込む林

 

嶺聳ちて 秋分の闇に入る

【作者】飯田龍太(いいだ りゅうた)

【補足】「嶺 聳ちて」の読み方は「みね そばだちて」です。

 

山かがし 秋分の日の 草に浮く

【作者】松村蒼石(まつむら そうせき)

【補足】山かがし(ヤマカガシ)は、有毒の蛇の名前です。

 

陵守の 父に秋分の 餉がとどく

【作者】松村蒼石

【補足】陵守(りょうもり)とは、皇族などの墓の守衛をする人のことです。(かて、かれい)は、食事や弁当などを意味します。

古墳

 

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ お彼岸の俳句

⇒ 9月の俳句 20選

⇒ 9月の季語【一覧】

⇒ 秋の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ