善光寺の俳句 25選  -ぜんこうじ-

善光寺の山門の夜景

善光寺の俳句といえば、小林一茶の「春風や 牛に引かれて 善光寺」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。

江戸時代の終わり頃には、「一生に一度は善光寺詣り」とも言われるようになったほどで、人々にとって善光寺はあこがれの地でもあったわけです。

このページには、善光寺が詠み込まれた俳句の中から 25句を選びました。善光寺に対する思いが込められた俳句作品を、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

善光寺の俳句 25選

善光寺の六地蔵

俳句の中に「善光寺」が含まれているものを集め、句の文字の五十音順に並べました。

小林一茶の俳句を中心に集めていて、【作者】の記載がないものは一茶の作品です。

 

暑き夜を 唄で参るや 善光寺

【季語 / 季節】暑き夜 / 夏

 

暑き夜を かけて善光寺詣り哉

【季語 / 季節】暑き夜 / 夏

 

暑き夜を とう~善光寺詣り哉

【季語 / 季節】暑き夜 / 夏

 

暑き夜を どろ ~ 善光寺詣り哉

【季語 / 季節】暑き夜 / 夏

 

浴るとも あなたの煤ぞ 善光寺

【季語 / 季節】煤(すす) / 冬

スポンサーリンク

 

陽炎や 手に下駄はいて 善光寺

【季語 / 季節】陽炎(かげろう) / 春

 

此方が 善光寺とや 蝶のとぶ 

【季語 / 季節】蝶 / 春

【補足】「此方」の読み方は「このほう、このかた」です。

 

西方は 善光寺道の ひがん哉

【季語 / 季節】ひがん(彼岸) / 春

【補足】「西方」の読み方は「さいほう、さいかた」です。また、俳句において単に「彼岸」とした場合は春の季語となり、秋の彼岸を詠むときは「秋」を付けます。

 

雀らも おや子連にて 善光寺

【季語 / 季節】雀 / 春

 

千年の 秋の山裾 善光寺

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【季語 / 季節】秋の山 / 秋

【補足】「山裾」の読み方は「やますそ(=山のふもとの意)」です。

善光寺と山

 

善光寺へ 行て来た顔や 雀の子

【季語 / 季節】雀の子 / 春

 

善光寺も 直ぐ通りして 帰る雁

【季語 / 季節】帰る雁 / 春

【補足】直ぐ通り(すぐどおり)とは、立ち寄らずにそのまま通り過ぎること(=素通り:すどおり)をいいます。

 

善光寺や かけ念仏で 明の春

【季語 / 季節】明の春(あけのはる) / 冬(新年)

【補足】かけ念仏(掛け念仏:かけねんぶつ)とは、講(こう:同じ信仰を持つ者の集まり)などで、大勢が掛け声を出してとなえる念仏のことです。

 

そば時や 月のしなのの 善光寺

【季語 / 季節】そば / 秋

 

夏旅や 俄か鐘きく 善光寺

【作者】飯田蛇笏(いいだ だこつ)

【季語 / 季節】夏旅 / 夏

【補足】「俄か」の読み方は「にわか」です。

善光寺の回廊と庭

 

なの花に 曇る善光寺平哉

【季語 / 季節】なの花(菜の花) / 春

【補足】善光寺平(ぜんこうじだいら)とは、現在でいう長野盆地(ながのぼんち)のことです。

 

菜の花や 西へむかへば 善光寺

【季語 / 季節】菜の花 / 春

 

菜の花や 西へ向たる 善光寺

【季語 / 季節】菜の花 / 春

 

針売も 善光寺みちの 小春かな

【作者】飯田蛇笏

【季語 / 季節】小春 / 冬

【補足】小春(こはる)とは、旧暦 10月の異名です。

 

春風や 蝶に引かれて 善光寺

【季語 / 季節】春風 / 春 、蝶 / 春

善光寺と桜の花

 

一入に 新善光寺ぞ 梅の花

【季語 / 季節】梅 / 春

【補足】「一入」の読み方は「ひとしお」です。

 

べつたりと 蝶の善光寺平哉

【季語 / 季節】蝶 / 春

 

真直に かすみ給ふや 善光寺

【季語 / 季節】かすみ(霞) / 春

【補足】「真直」の読み方は「まっすぐ」です。

 

山焼や あなたの先が 善光寺

【季語 / 季節】山焼(やまやき) / 春

【補足】山焼(やまやき)とは、春の初めに山の枯れ木や枯草などを焼くことをいいます。

 

夕月や 御煤の過し 善光寺

【季語 / 季節】御煤(おすす) / 冬

善光寺の提灯

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 小林一茶の俳句 100選

⇒ 小林一茶の代表作

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ