スマートフォン解析

【2017年版】土用とは? 年に4回もある?

鰻丼

「土用(どよう)」という言葉を聞いたら、何を連想するでしょう?

私たち日本人は、丑(うし)の日、うなぎ、夏といったものを思い浮かべるのではないでしょうか。
なかでも、うなぎは № 1だと思います。

しかし、なぜ土用にうなぎを食べるのかとなると、ちょっとあやしくなります。
夏バテを防ぐため? うなぎ以外ではダメ?
………

今回は、土用についてみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

4つの土用

まず、「土用」とは何か?これから確認していきましょう。

土用とは、『立春、立夏、立秋、立冬の前の約 18日間』のことです。

ちょうど季節の変わり目の時期で、四季に合わせて4回あります。ですから、暦ではときどき「土用」の文字を目にすることになります。

4つの土用のそれぞれは、春土用、夏土用、秋土用、冬土用とも呼ばれ、大体の目安としては次のようになります。

  • 冬土用:1月後半~2月初め
  • 春土用:4月後半~5月初め
  • 夏土用:7月後半~8月初め
  • 秋土用:10月後半~11月初め

なお、立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)を四立(しりゅう)といいます。

【関連項目】

⇒ 立春はいつ?

⇒ 立夏とは? 意味は?

⇒ 立秋とは? いつからが秋?

⇒ 立冬とは?

スポンサーリンク

しかし一般的には、土用といった場合、立秋前の約 18日間の夏土用を指します。

夏土用の期間は、暑中(しょちゅう)ともいわれます。つまり、暑中見舞いを出す時期ですね。

夏の日射し

 

 

2017年の土用

それでは、2017年(平成29年)の土用の日付などをまとめておきましょう。

  土用入り 土用明け 丑の日 日数
冬土用 1/17 2/ 3 1/26 18
春土用 4/ 17 5/ 4 4/20
5/2
18
夏土用 7/19 8/ 6 7/25
8/6
19
秋土用 10/20 11/ 6 10/29 18
  • 土用の始まりの日を「土用入り」、終わりの日を「土用明け」といいます。暦によっては、「土用入り」を「土用」としているものも多くみられます。
  • 土用の期間中の「丑(うし)」にあたる日が『土用の丑の日』となり、「土用の丑」とも呼ばれています。
  • それぞれの土用の期間中に丑の日が2回ある場合、二番目の日を「土用の二の丑、二の丑」といいます。今年でいえば、5/2 と 8/6 が土用の二の丑です。

 

【カレンダーの記載】
上にありますように、暦やカレンダーによっては「土用入り」を「土用」と記載しているものもあります。
以外に勘違いしやすいのは、「土用」の文字を見て「土用の丑の日」と思い込んでしまうことです。
ですから、カレンダーの「土用」が必ずしも土用の丑の日ではないことに注意が必要です。
「土用の丑」と記載されていれば問題ないのですが…

スポンサーリンク

 

「丑」は十二支(じゅうにし)のうちの一つですね。十二支については、こちらをご覧になってください。

⇒ えと の順番

「土用の丑の日」の筆文字

 

美味しそうなうな重ですね。

 

土用の由来

それでは、土用の由来についてみていきましょう。

土用は、中国の五行思想(ごぎょうしそう)に由来しています。五行思想とは、万物は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立っているとするもので、五行説(ごぎょうせつ)ともいわれます。

そして、五行のそれぞれは次のように考えられています。

  • 木 … の象徴
  • 火 … の象徴
  • 土 … 「季節の変わり目」の象徴
  • 金 … の象徴
  • 水 … の象徴

このことから、先に述べた土用の期間が定められていて、「土旺用事(どおうようじ)」、「土用」といいます。

土用の期間中は、動土(どうど)や土木工事などは慎んだほうがよいとされています。これは、土用は土公神(どこうしん、どくしん)という土の神様が支配する期間と考えられているからです。

ただし、土用であっても間日(まび)であれば支障はないとされます。この間日は季節ごとの土用によって、それぞれ次のように十二支の日で決められています。

  • 春土用 - 巳・午・酉の日
  • 夏土用 - 卯・辰・申の日
  • 秋土用 - 未・酉・亥の日
  • 冬土用 - 寅・卯・巳の日

簾と団扇

 

 

土用殺とは?

土用に関連して、土用殺(どようさつ)というものがあります。

これは、(きょう)」とされる方位(ほうい=方角とほぼ同義)のことです。

下表のように 4つの土用それぞれについて決まっていて、毎年同じ方位となります。

土用 土用殺
冬土用 北東
春土用 南東
夏土用 南西
秋土用 北西

 

 

「土用の丑の日」と「うなぎ」

では、なぜ土用の丑の日に うなぎ を食べるのでしょうか。
これは、江戸時代の学者、発明家など多くの肩書を持つ平賀源内(ひらがげんない)によるといわれています。

うなぎの旬は、本来は冬です。

そして、夏場に売り上げが伸びないことに困っていたうなぎ屋さんのために、源内が『本日 土用丑の日』というコピーをつくりました。

これを店先に貼り出したところ、大当たりしたのです。

もともと、『丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならない』という言い伝えがありました。例えば、「り」「めぼし」「どん」などです。

暑くて食欲がすすまない時期には、栄養のある物を食べて乗り切るという先人の知恵ですね。

これと相まって、土用の丑の日に うなぎ を食べる風習が広まり、今日まで続いているわけです。

それにしても、二百数十年後まで影響を与えるコピーを作った源内には、ただただ感心してしまいますね。

鰻のイラスト

 

まとめ

  • 土用には、冬土用、春土用、夏土用、秋土用の4つがあります。
  • 一般的には、土用というと「夏土用」を指します。
  • (夏)土用の丑の日に うなぎ を食べるようになったのは、平賀源内が考えた『本日 土用丑の日』という宣伝広告によるといわれています。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ